短期集中:パーソナル指導+高品質フィードバック

英語で感じる恥ずかしさ:”That’s embarrassing”使用ガイドと類似表現

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。「That’s embarrassing」というフレーズには誰もが共感できる力があります。この表現は、私たちが日常で遭遇するさまざまな恥ずかしい瞬間を捉えています。このブログでは、「embarrassing」と「embarrassed」の微妙な違いから、恥ずかしさを乗り越える方法までを探ります。

 

 

意味

「That’s embarrassing.」は、「それは恥ずかしいです。」または「それは気まずいです。」という意味で、自分自身や他人が何らかの理由で不快感や恥ずかしさを感じる状況を表現する際に用いられます。このフレーズは、不都合な事態、思いがけない失敗、または社会的な不手際など、恥ずかしさを引き起こす様々な状況に対して使われます。自分が直接関わる状況だけでなく、他人の行動や発言に対しても使うことができ、その状況が引き起こす心理的な discomfort を表すのに適しています。

友人との会話で…

リョウ
On my way home earlier, I fell off my bicycle and everyone around started laughing.
さっき帰宅途中に自転車から転んで、周りの人に笑われたんだ。
アイヴァン
Oh, that’s embarrassing. Did you get hurt?
うわー、それ恥ずかしいねー。ケガしたの?

 

 

 

例文

“That’s embarrassing.” は、自分や他人の行動が恥ずかしい、または不快な状況にあることを表現する際に使用されるフレーズです。以下に、この表現を使った例文を紹介します。

自分の失敗を認める時

“I just tripped in front of everyone at the meeting. That’s embarrassing.”

和訳: 会議中にみんなの前でつまずいちゃった。恥ずかしいな。

他人の失敗を優しく指摘する時

“He accidentally called our teacher ‘Mom.’ That’s embarrassing, isn’t it?”

和訳: 彼、うっかり先生のことを「お母さん」と呼んじゃったよ。恥ずかしいよね?

不快な状況を共有する時

“My microphone was on the whole time during the webinar, and I didn’t realize it. That’s embarrassing.”

和訳: ウェビナー中ずっとマイクがオンになっていて、気づかなかったんだ。恥ずかしいよ。

人前での失態を振り返る時

“I called out the wrong name during the award ceremony. That’s embarrassing.”

和訳: 表彰式で間違った名前を呼んじゃった。本当に恥ずかしい。

 

 

“embarrassing”と”embarrassed”の違い

「Embarrassing」と「Embarrassed」は、恥ずかしさや当惑を表す英語の単語ですが、その用法には違いがあります。

Embarrassing

  • 意味: 何かが他人を恥ずかしくさせる性質や状況を指します。つまり、恥ずかしさを引き起こす原因や状況に焦点を当てています。
  • 例文: “Tripping in front of everyone was really embarrassing.”
  • (みんなの前でつまずくのは本当に恥ずかしいことだった。)

Embarrassed

  • 意味: 個人が感じる感情の状態を表します。この場合、人が恥ずかしさや当惑を感じていることを指しています。
  • 例文: “I felt so embarrassed when I forgot my lines on stage.”
  • (舞台上でセリフを忘れたとき、とても恥ずかしかったです。)

要約すると、「embarrassing」は恥ずかしさを引き起こす状況や物事に関連しており、「embarrassed」はその状況に対して個人が感じる感情を指します。

 

 

shyとの違い

Shy

  • 意味: 人が新しい人々や状況に対して緊張したり、不安を感じたりする性質や状態を指します。これは内面的な特性であり、社交的な場面での不安や自己意識の高さを表します。
  • 使用例: “She’s very shy and tends to avoid large gatherings.”
  • 和訳: 彼女はとても内気で、大勢が集まる場を避けがちです。

違いの要点:

  • Embarrassingは、特定の出来事や状況が引き起こす外部からの感情的反応を指します。これは一時的なもので、特定の恥ずかしい出来事に直接関連しています。
  • Shyは、人の内面的な特性や性格を指し、新しい社会的状況や人々に対する一般的な反応や感情を表します。これは一時的ではなく、個人の性格の一部として長期間にわたって存在します。

「Embarrassing」は状況や出来事が原因で生じる感情を、「Shy」は人の内向的な性格や傾向を表すため、両者は異なる文脈で使用されます。

 

 

“That’s ~.”は感想を伝えるのに便利

そんな話を人から聞いたときに軽くあいづちを打ちたいときに使えるのが”That’s 〜.”です。ちなみに”that”は相手の話の内容をさしています。他にもいくつかご紹介すると、

ナオミ
That’s great.
すごいね。

 

 

ナオミ
That’s too bad.
残念だね。

 

 

ナオミ
That’s cool.
かっこいいね。

 

 

このように”That’s 〜.”で感想を軽く伝えることができます。

 

 

似た英語表現

1. How awkward!

  • 例文: “He asked her about the party she wasn’t invited to. How awkward!”
  • 和訳: 彼は彼女に、彼女が招待されていないパーティーのことを尋ねた。なんて気まずいんだ!
  • 解説: 「How awkward!」は、状況が不快または社会的にぎこちない場合に使われます。この表現は、「That’s embarrassing.」よりも、場の雰囲気が不自然または不快であることを強調します。

2. I’m mortified.

  • 例文: “I accidentally called my teacher ‘Mom’. I’m mortified.”
  • 和訳: 誤って先生を「お母さん」と呼んでしまった。とても恥ずかしい。
  • 解説: 「I’m mortified.」は、極度の恥ずかしさや屈辱を感じる場合に使います。この表現は、「That’s embarrassing.」よりも、感情の強さをより強調する傾向があります。

3. This is so humiliating.

  • 例文: “Falling into the pool at the party was so humiliating.”
  • 和訳: パーティーでプールに落ちたのは、とても屈辱的だった。
  • 解説: 「This is so humiliating.」は、個人が社会的な恥や屈辱を強く感じる状況を指します。このフレーズは、「That’s embarrassing.」と似ていますが、恥ずかしさが公に露呈されることによる屈辱感を特に強調します。

これらの表現は、恥ずかしい状況や感情を伝える際に有用です。選択する表現によって、感じている恥ずかしさや屈辱の度合いを相手に伝えることができます。

 

 

関連語彙

「Embarrassing」に関連する語彙は、不快感、恥ずかしさ、または社会的なぎこちなさを表現するのに役立ちます。以下に、そのような状況や感情を表す英単語を紹介します。

  1. Awkward
    • 気まずい、ぎこちない
    • “The conversation turned awkward after a controversial topic was brought up.”
  2. Humiliating
    • 屈辱的な
    • “Losing the game by such a large margin was humiliating for the team.”
  3. Discomfiting
    • 不安を感じさせる、動揺させる
    • “The pointed questions from the audience were discomfiting for the speaker.”
  4. Mortifying
    • 恥ずかしさで死にそうな、非常に恥ずかしい
    • “Forgetting my lines on stage was absolutely mortifying.”
  5. Uncomfortable
    • 心地よくない、不快な
    • “The room fell into an uncomfortable silence after the announcement.”
  6. Blushing
    • 顔を赤らめる
    • “I couldn’t help blushing when my crush talked to me.”
  7. Self-conscious
    • 自意識過剰の
    • “I felt very self-conscious wearing such a bright dress.”
  8. Flustered
    • 動揺して、慌てふためく
    • “She was flustered when she realized she had sent the email to the wrong person.”

これらの単語は、「Embarrassing」の感情や状況をさらに詳しく、または異なる角度から説明するのに役立ちます。それぞれが微妙に異なるニュアンスを持っており、特定の状況や感情の強度を表現する際に選択できます。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

恥ずかしいに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”That’s embarrassing”の意味とその使い方についてでした。機会があれば是非使ってみましょう!それでは、See you again!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

人気NO.1
スピーキング短期集中プラン

無料トライアル実施中

こんな方へ
・なかなか英語が伸びず焦っている
・TOEICは高得点でも話せない
・緊急で英語力を上げないとヤバい
・課題と目標が全く見えず放浪してる
・なんとなくの英語学習から抜け出したい

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・確実に伸びるレッスンフロー
・信頼の専属講師とコンサルタント
・今のレベルに合ったカリキュラム設計
・課題が明確になるスピーキングテスト
・目標レベルまで伴走するコーチング

到達可能なレベルにコミットして最も効率的に成長をフルサポートします。今ならダブル保障制度付!まずはお気軽にどうぞご相談ください。

確認メッセージはメールでお送りいたします。メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックいただくことで、配信を開始できます。もしメッセージが受信トレイに届かない場合、迷惑メールフォルダに入っている可能性があるため、そちらもご確認ください。また、配信停止はいつでも可能ですので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
短期集中コース