今なら無料コンサルテーションも実施中

表現力アップ!feel 〜.とfeel like 〜.の意味と4つの使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は相手に自分の感情や気分、体調、そして意見を簡単に伝えたいときに使える便利な動詞”feel”の使い方を紹介します。この記事を読めば、自分の気持ちをさらにスムーズに伝えることができるようになります。それでは、まいりましょう。

 

 

動画チュートリアル

 

 

1: 感情や体調を伝える I feel + 形容詞.「~に感じる」

まずは、動詞”feel”の後に形容詞を置いた形です。早速ですが例文を見てみましょう。日常的に使える文がこんなにもあります。

例文
  • I feel great.       「気分は最高だよ。」
  • I feel sick.    「気分が悪いんだ。」
  • I feel chilly.    「寒気がするよ。」
  • I feel feverish.  「目まいがするんだ。」
  • I feel nauseous.  「吐き気がするんだ。」
  • I feel happy.     「幸せだよ。」
  • I feel calm.        「落ち着いているよ。」
  • I feel disappointed. 「へこむな。」
  • I feel shy.           「恥ずかしいな。」
  • I feel mad.         「怒ってるんだ。」
  • I feel jealous.      「うらやましいな。」

 

まだまだありますが、このように”feel”の後ろに形容詞を置くだけでこれだけの感情表現が可能なのです。本当に便利ですよね。日常会話では、日常茶飯事のように出てくるフレーズなので押さえておきましょう。

 

 

2: 気分を伝える I feel like -ing.「~したい気分です」

二つ目は、そのときの気分を相手に伝えることができる“I feel like -ing.”「~したい気分です。/~したいです。」です。この”like”は動詞の「~が好む」という意味ではなく前置詞の”like”「~のような」なのです。そしてこの”-ing”は動名詞です。それではよく使われる例文を見てみましょう。

例文
  • I feel like eating Japanese food.「日本食を食べたい気分だわ。」
  • I feel like going out today.           「今日は出かけたい気分です。」
  • I feel like crying.                             「泣きたい気分です。」
  • I feel like singing.                           「歌いたい気分です。」
  • I feel like having a girlfriend.     「彼女がほしいな。」
  • I feel like watching a movie tonight.「今夜は映画を見たい気分だな。」

 

 

3: 感覚を伝える I feel like + 文.「~のような気がする」

実は”like”を接続詞として使うパターンもあります。“I feel like + 文.”で「~のような気がする」という意味になります。このパターンは詳しく自分の感覚を伝えるときにとても役に立ちます。ではよく使われる例文を見てみましょう。

例文
  • I feel like it’s a long day.                     「今日一日が長く感じる。」
  • I feel like I’m going to have a fever.「風邪が引きそうです。」
  • I feel like I gained some weight.      「体重が増えたような気がする。」
  • I feel like I’ve been here before.      「一度ここへ来た気がします。」

 

 

4: 控えめに考えを伝える I feel + 文. 「~だと思う。」

“feel”はあくまでも「感じる」という意味ですが、意見を言うときにも使うので意訳して「~と思う。」としています。そして当然動詞”think”「考える、思う」と比べると主張の度合が控えめになります。ではよく使われる例文を見てみましょう。

例文
  • I feel that it’s going to rain tomorrow.「明日は雨が降ると思います。」
  • I feel that he is interested in her.    「彼は彼女を気に入っていると思うわ。」
  • I feel that what she says is right.          「彼女の言っていることは正しいと思います。」
  • I feel that I know him.                             「彼を知っていると思うな。」

 

というような感じで、どちらかというと理性よりも感覚的な意見と言えます。

 

 

まとめ

feelとfeel likeを使いこなせるようになるだけで、会話での表現が大幅にアップします。まずはインプットして、そのあとはレッスンや実践の場でアウトプットしていきましょう。

 

 

効率的にアウトプットトレーニングする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

 feelに関連する記事

それではfeelに関連する記事をご紹介します。今後の英語学習にお役立てください。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。自分の感情としっかりと向き合い、気分、感覚も大事にして相手にもっと自分を知ってもらうきっかけずくりになればうれしいです。それでは、また会いましょう!

アウトプット専門スクールNo.1
無料体験実施中!

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・教材の読み合わせに飽きてしまった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界ぶっちぎりのアウトプット
・2倍速進化!発言内容の見える化x添削
・課題と目標が見える実践コース
・選びに選び抜いた講師陣
・目標まで伴走するコーチング

99%の人が知らない「成功法則」で通常の2〜3倍効率的に英語力を伸ばすことが可能です。今なら体験レッスンと合わせて無料コンサルテーションも(フィードバックメール付き)実施中!まずはお気軽にご相談ください!

スピーキング短期集中プラン

無料トライアル実施中

こんな方へ
・なかなか英語を話せるようにならない
・TOEICは高得点でもうまく話せない
・緊急で英語力を上げないとヤバい
・課題と目標が全く見えず放浪してる
・なんとなくの英語学習から抜け出したい

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・2倍速進化!発言内容の見える化 X 添削
・安心の専属の講師とコンサルタント
・今のレベルに合ったカリキュラム設計
・課題と目標がわかるスピーキングテスト
・伴走する定期的なコンサルテーション

到達可能なレベルにフルコミットして最短50日〜最長6ヶ月で最も効率的に成長をフルサポートします!

確認メッセージがメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックして初めて配信可能となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出