英語日記に必要な英語力ってどのくらい?

こんにちは、リョウです。

今日は、英語日記に必要な英語力についてお話します。

この記事を読めば、英語日記を始めるにあたり必要な英語力がわかります。

それでは、まいりましょう。

 

 

中学英語レベルで十分

英語日記を書くにあたりどのぐらいの英語力が必要かというと、ぶっちゃけ中学英語のレベルで十分です。

なぜかというと、日常英会話の内容はほとんど中学英語のレベルでできているからです。

もう少し説得力を高めると、日常生活に特化した海外ドラマ(フレンズとか)で使われている単語は中学で学んだ単語の80%ほどが使われていると言われます

経験からもお伝えすると、僕は英語を話し初めてから12年ほど経ちますが、込み入った会話やビジネス英語は別として、本当に中学英語のレベルで会話がほとんど成り立っています。

詳しく知りたい方は、下記の書籍を参考にしてみてください。

 

中学で学ぶ単語の数は約1200単語程度です。結構な数ですよね。

文法に関しても同様で後ほどお伝えしますが、日記で書くにはもう十分な学習をしてきているんです。

とはいっていも、中学英語をほとんど忘れちゃいましたって方がほとんどだと思います。

僕もほぼゼロの状態から英語を習得しました。

そのときまず始めたのが中学英語の復習からです。

もしこれから日記を始めたいという方は中学英語の復習をしましょう。

オススメの書籍をいくつか紹介しておきますので参考にしてください。

 

 

難しい文法は使う必要なし

1つ目でも少し触れましたが、文法に関しても中学レベルで十分です。

理由は先ほどお伝えしたのでここでは割愛しますが、基本的に中学英文法を実践レベルで使いこなせれば、問題なく英語日記はかけます。

高校でやったような分詞構文は、もちろん使えればいいですが後回しでいいです。

ある程度流暢に英語を話せるようになりたい方は、難しい内容をインプットするより最優先としてまずは中学英文法を実践レベルでライティングでもスピーキングでも使えるレベルを目指しましょう。

 

 

 

コツは決まり文句を使いこなすこと

中学英語をしっかりと復習することと、もう一つオススメなのが決まり文句、フレーズを覚えること。

そして、それを日記でどんどんアウトプットすることです。

別記事で実際に僕がやって効果のあった英語日記のやり方でも語っていますが、フレーズを覚えることで文法を意識せずに表現の引き出しを増やすことができるので、これを使わない手はないです。

試して効果大!会話力を上げる英語日記の書き方

2019.01.18

上記カードでオススメのフレーズ本も紹介しているのでよかったらご覧ください。

 

 

スピーキング力もアップするよ

英語日記を習慣化して、4、5文程度スラスラとかけるようになったら何が起こるかというと、スピーキングレベルも上がります。

なぜなら、書くことも話すこともやっていることは一緒で、「考えたことをアウトプット」してるんです。

ただ効果が倍増する方っていうのは、オンライン英会話などですでに「話す抵抗感」を払拭している方です。

日記がスラスラ書けても話すトレーニングをしていない方は、瞬発力がまだ養われていないのであまり効果をすぐに感じられないかもしれません。

ベストは両方話すことも書くことも意識してやるがいいですね。

僕もブログでフレーズ記事を書いたり、毎日英語を話している(妻が外国人)からどんどんうまくなっていると思います。

 

 

まとめ

では、最後に軽く話した内容をまとめておきます。

お伝えした内容を振り返っていただく時間にしてもらえると嬉しいです。

  • 中学英語レベルで十分
  • 難しい文法は使う必要なし
  • コツは決まり文句を使いこなすこと
  • スピーキング力もアップするよ

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、英語日記に必要な英語力についてでした。

それでは、See you around!

 

 

【初級〜中級対象】おすすめしたい無料で使える英語学習アプリ3選

2018.07.31

実際に読み込んで役に立った英会話のためのおすすめ文法本4選!

2018.02.06

【初心者必見】英会話がグンと上達する5つの勉強方法

2017.12.04

「いいね!」で
最新情報を受け取る

他の人に教えてあげる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中