3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

聞くだけで上達!英語リスニング力を劇的に伸ばす8つの秘密

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. レッスン内で発言内容の見える化&添削
3. 課題を分析して目標レベルまで伴走
4. 英語コーチング業界最安値、高品質

はじめに

英語を学ぶ上で、リスニング力は非常に重要な要素です。なぜなら、リスニングはコミュニケーションの基本であり、相手の話す内容を正確に理解することが求められるからです。リスニング力が向上すると、以下のようなメリットがあります:

  • コミュニケーション能力の向上:会話のキャッチボールがスムーズに行えるようになります。
  • 発音やアクセントの改善:ネイティブスピーカーの発音やイントネーションを真似ることで、自分の発音も自然になります。
  • 情報収集の効率化:英語のニュースや映画、ポッドキャストなどを理解できるようになり、情報の幅が広がります。
  • 学習モチベーションの向上:リスニング力が上がると、英語の学習が楽しくなり、継続しやすくなります。

英語を使うシチュエーションは様々ですが、どの場面においてもリスニング力が重要であることは間違いありません。

本記事の概要

本記事では、英語リスニング力を効果的に向上させるための勉強法と8つのコツを詳しく紹介します。具体的な学習方法や日常生活で取り入れやすいテクニックを交えながら、リスニング力を伸ばすための実践的なアドバイスをお届けします。

以下の内容を通じて、自分に合ったリスニング学習法を見つけ、楽しく効率的に英語力を向上させましょう。筆者自身も同じ方法でリスニング力や発音方法を改善したので、信憑性があると思っています。

本記事の主なポイントは次の通りです:

  1. 自分のレベルに合った教材を選ぶ
  2. 短い時間で毎日続ける
  3. 集中して聞く時間を作る
  4. 繰り返し聞いて耳を慣らす
  5. 単語やフレーズをメモする
  6. 映画やドラマで学ぶ
  7. ネイティブの発音を真似る
  8. 実際に英語を使う機会を作る

それでは、これらのポイントを一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

 

無料トライアル実施中

自分のレベルに合った教材を選ぶ

リスニング教材の選び方

英語リスニング力を向上させるためには、自分のレベルに合った教材を選ぶことが重要です。以下のポイントを参考にして、自分に最適なリスニング教材を見つけましょう:

  1. 自分の英語レベルを把握する
    • まず、自分の英語力を客観的に評価しましょう。英語の試験(TOEIC、IELTSなど)を受けるか、オンラインのレベルチェックテストを活用すると良いでしょう。
  2. 興味のある内容を選ぶ
    • 興味があるトピックの教材を選ぶと、学習のモチベーションが上がります。映画、ドラマ、ポッドキャスト、ニュースなど、興味に合わせた教材を選びましょう。
  3. レベルに応じた教材を選ぶ
    • 初心者、中級者、上級者それぞれに適した教材があります。自分のレベルに合ったものを選ぶことで、適切な難易度で学習できます。
  4. 音声の質を確認する
    • 音声がクリアで聞き取りやすいか確認しましょう。ノイズが少なく、発音がはっきりしている教材が理想的です。
  5. 練習問題が含まれているか
    • リスニング教材には、理解度を確認するための練習問題が含まれているものがおすすめです。問題を解くことで、自分の弱点を把握しやすくなります。

初心者向けから上級者向けまでのおすすめ教材

初心者向け

  • ELLLO(English Listening Lesson Library Online): 無料で利用できるサイトで、レベル別に多くのリスニング素材が揃っています。短い会話やインタビューが中心で、スクリプトも提供されています。
  • BBC Learning English: 初心者向けの簡単なニュースや日常会話の教材が豊富です。動画と音声の両方があり、スクリプトも閲覧可能です。

中級者向け

  • TED Talks: 多様なテーマの講演があり、興味に合わせて選ぶことができます。字幕やスクリプトが利用でき、理解度を高めるのに役立ちます。
  • Voice of America (VOA) Learning English: アメリカ英語のニュースや話題を、わかりやすい英語で提供しています。スクリプト付きで、中級者に適した内容です。

上級者向け

  • NPR (National Public Radio): アメリカの公共ラジオで、ニュース、インタビュー、ドキュメンタリーなど、リアルな英語が聞けます。リスニング力を鍛えるのに最適です。
  • The New York Times – The Daily: ニューヨークタイムズのポッドキャストで、深い内容のニュースや特集が毎日更新されます。上級者向けの内容で、スクリプトはありませんが、リスニング力を試すのに最適です。

これらの教材を活用して、自分のリスニング力を段階的に向上させていきましょう。適切な教材選びが、効果的な学習の第一歩です。

 

 

短い時間で毎日続ける

日常生活に取り入れる方法

英語のリスニング力を向上させるためには、毎日の継続が鍵となります。しかし、忙しい日常生活の中で学習時間を確保するのは難しいかもしれません。以下の方法を参考に、日常生活にリスニング学習を取り入れてみましょう。

  1. 通勤・通学時間の活用
    • 通勤や通学中にポッドキャストやオーディオブックを聞くことで、移動時間を有効活用できます。スマートフォンや携帯音楽プレーヤーにお気に入りのリスニング素材をダウンロードしておきましょう。
  2. 家事をしながら聞く
    • 料理や掃除、洗濯などの家事をしている間にリスニング教材を聞くことで、無駄な時間を減らしながら学習できます。バックグラウンドで流しておくだけでも、耳が英語に慣れます。
  3. 休憩時間を活用する
    • 仕事や勉強の合間に短い休憩を取る際、数分間リスニング教材を聞くことでリフレッシュしながら学習できます。短いニュースやトークショーのエピソードがおすすめです。
  4. 寝る前のリラックスタイム
    • 寝る前にリラックスしながら英語のオーディオブックやリスニング教材を聞くことで、自然に耳が英語に慣れていきます。寝る前の習慣として取り入れてみましょう。

効果的な学習時間の管理

リスニング学習を効果的に続けるためには、学習時間の管理も重要です。以下の方法で、自分の学習時間を上手に管理しましょう。

  1. 短時間でも毎日続ける
    • 一度に長時間学習するよりも、毎日短時間でも続ける方が効果的です。1日15分から30分のリスニング時間を確保することを目標にしましょう。
  2. スケジュールに組み込む
    • 自分のスケジュールにリスニング学習の時間を組み込みましょう。毎日決まった時間にリスニングをする習慣をつけることで、自然と続けやすくなります。
  3. 学習の進捗を記録する
    • 学習の進捗を記録することで、自分の成長を実感しやすくなります。リスニング時間や聞いた教材の内容をノートやアプリに記録しておきましょう。
  4. 目標を設定する
    • 明確な目標を設定することで、モチベーションを維持しやすくなります。例えば、「1ヶ月で20時間のリスニングを達成する」や「毎日1エピソードのポッドキャストを聞く」など、具体的な目標を立てましょう。
  5. バリエーションを持たせる
    • 同じ教材ばかりでは飽きてしまうことがあります。様々な種類のリスニング素材を活用し、学習にバリエーションを持たせましょう。ニュース、映画、ドラマ、インタビューなど、多様な内容を取り入れることで、飽きずに続けられます。

これらの方法を実践することで、忙しい日常生活の中でも効果的に英語リスニング力を向上させることができます。短い時間でも毎日続けることで、大きな成果が期待できます。

 

 

集中して聞く時間を作る

集中力を高める環境作り

英語のリスニング力を向上させるためには、集中して聞く時間を確保することが重要です。以下のポイントを参考に、集中力を高める環境を整えましょう。

  1. 静かな場所を選ぶ
    • ノイズの少ない静かな場所で学習することで、音声に集中しやすくなります。自宅の静かな部屋や図書館などが適しています。
  2. デジタルデトックス
    • 学習中はスマートフォンやパソコンの通知をオフにして、デジタルデバイスからの干渉を避けましょう。これにより、集中力を維持しやすくなります。
  3. 快適な座席を用意する
    • リラックスして集中できるよう、快適な椅子やクッションを用意しましょう。正しい姿勢を保つことで、長時間の学習でも疲れにくくなります。
  4. 時間を決める
    • 集中して聞く時間をスケジュールに組み込みましょう。毎日決まった時間にリスニング学習を行うことで、習慣化しやすくなります
  5. イヤホンやヘッドホンを使う
    • 高品質なイヤホンやヘッドホンを使うことで、音声をクリアに聞き取ることができます。周囲のノイズを遮断し、音声に集中しやすくなります。

集中して聞くことのメリット

集中してリスニング学習を行うことには多くのメリットがあります。以下にその主要なメリットを挙げてみましょう。

  1. 理解度の向上
    • 集中して聞くことで、細かいニュアンスや発音の違いをより正確に聞き取れるようになります。これにより、全体の理解度が向上します。
  2. 効率的な学習
    • 短時間でも集中して学習することで、効率的にリスニング力を向上させることができます。ダラダラと長時間学習するよりも、集中して短時間で成果を上げる方が効果的です。
  3. 記憶力の強化
    • 集中して聞くことで、聞いた内容が記憶に残りやすくなります。反復して集中して聞くことで、単語やフレーズを効果的に覚えることができます。
  4. 発音の改善
    • 集中して聞くことで、ネイティブスピーカーの発音やイントネーションを正確に捉えられるようになります。これにより、自分の発音も自然に近づけることができます。
  5. リスニング力の総合的な向上
    • 集中して聞くことで、リスニング力全体がバランスよく向上します。聞き取る力が強化されることで、英語でのコミュニケーションがスムーズになります。

集中して聞く時間を作り、質の高いリスニング学習を続けることで、英語のリスニング力は確実に向上します。自分に合った環境を整え、効率的に学習を進めましょう。

 

 

繰り返し聞いて耳を慣らす

シャドーイングの方法

シャドーイングとは、聞こえた音声をほぼ同時に真似して繰り返すトレーニング方法です。リスニング力を飛躍的に向上させる効果的な手法として、多くの英語学習者に採用されています。以下に、シャドーイングの具体的な方法を紹介します。

  1. 素材を選ぶ
    • 自分のレベルに合った教材を選びましょう。初めは短いニュース記事やスピーチ、ポッドキャストがおすすめです。
  2. 内容を理解する
    • シャドーイングを始める前に、まずは教材の内容をしっかり理解しましょう。スクリプトがある場合は、一度読んで内容を把握しておきます。
  3. 音声を何度も聞く
    • 音声を繰り返し聞き、リズムやイントネーションを掴みます。この段階ではまだ音声に合わせて話す必要はありません。
  4. 音声に合わせて話す
    • 音声を再生し、少し遅れて追いかけるように話します。始めは難しく感じるかもしれませんが、練習を重ねるうちに慣れてきます。
  5. 自分の声を録音する
    • 自分のシャドーイングを録音し、元の音声と比較してみましょう。違いを確認し、改善点を見つけることが大切です。
  6. スピードを上げる
    • 慣れてきたら、少しずつ音声のスピードを上げてみましょう。高速の会話にも対応できるようになります。
  7. 繰り返し練習する
    • シャドーイングは継続が鍵です。毎日少しずつ練習を重ねることで、確実にリスニング力が向上します。

繰り返し学習の効果

繰り返し学習には多くのメリットがあります。以下にその効果を具体的に説明します。

  1. 耳が英語に慣れる
    • 繰り返し聞くことで、英語の音やリズムに自然と慣れていきます。聞き取る力が飛躍的に向上し、自然に英語が理解できるようになります。
  2. 記憶の定着
    • 繰り返し聞くことで、単語やフレーズが記憶に定着しやすくなります。一度聞いただけでは覚えにくい内容も、何度も繰り返すことでしっかりと記憶に残ります。
  3. 発音の改善
    • 繰り返し聞いて真似することで、ネイティブスピーカーの発音やイントネーションを自然に取り入れることができます。発音が改善されると、自分の話す英語もより自然になります。
  4. 理解力の向上
    • 同じ内容を何度も聞くことで、細かいニュアンスや言い回しを深く理解できるようになります。最初は難しく感じた内容も、繰り返し聞くことで理解が深まります。
  5. 自信の向上
    • 繰り返し練習を重ねることで、リスニングに対する自信がつきます。自信を持って英語を聞き取れるようになると、英会話もスムーズに行えるようになります。

繰り返し学習は、リスニング力を着実に向上させるための効果的な方法です。毎日の学習に取り入れ、継続して練習することで、大きな成果を得られるでしょう。

 

 

単語やフレーズをメモする

聞き取れない単語やフレーズの対処法

リスニングをしていると、聞き取れない単語やフレーズに出会うことがあります。そんな時の対処法を以下に紹介します。

  1. 再生を繰り返す
    • 一度で聞き取れない場合は、何度も繰り返し再生しましょう。同じ部分をリピートすることで、徐々に聞き取れるようになります。
  2. 文脈を考える
    • 聞き取れない単語やフレーズが文脈の中でどう使われているかを考えましょう。前後の言葉や状況から意味を推測することができます。
  3. スクリプトを確認する
    • リスニング教材にスクリプトがある場合は、それを確認しましょう。聞き取れなかった部分を文字で確認することで、理解が深まります。
  4. 辞書を使う
    • 聞き取れない単語やフレーズを辞書で調べましょう。意味を確認し、発音も辞書でチェックすることで、次回からは聞き取れるようになります。
  5. ノートに記録する
    • 聞き取れなかった単語やフレーズをノートに書き留めておきましょう。後で見返すことで復習がしやすくなります。

効果的なメモの取り方

リスニング中にメモを取ることは、単語やフレーズの記憶を定着させるために非常に有効です。効果的なメモの取り方を以下に紹介します。

  1. キーワードをメモする
    • 全ての内容を詳細に書く必要はありません。重要な単語やフレーズ、キーワードをメモすることで、効率よく情報を記録できます。
  2. 例文を記録する
    • 聞き取った単語やフレーズを使った例文も一緒にメモしましょう。文脈の中での使い方を理解するのに役立ちます。
  3. 発音を確認する
    • メモを取る際に、単語の発音も一緒に確認しましょう。発音記号や自分なりの発音メモを追加することで、正しい発音を覚えやすくなります。
  4. カテゴリー分けする
    • メモを取る際に、テーマごとにカテゴリー分けをしておくと整理しやすくなります。例えば、「日常会話」「ビジネス英語」「旅行英語」などのカテゴリを作っておくと便利です。
  5. 復習のタイミングを設定する
    • メモした内容を定期的に見返す習慣をつけましょう。復習のタイミングを設定しておくことで、記憶の定着が促進されます。
  6. デジタルツールを活用する
    • スマートフォンやタブレットのメモアプリを活用するのも効果的です。写真や音声を追加できるアプリを使えば、より多くの情報を効率的に記録できます。

メモを取ることで、リスニング中に気付いたことや新しい単語をしっかりと覚えることができます。自分に合った方法でメモを取り、効率的な学習を進めましょう。

 

 

映画やドラマで学ぶ

リスニング力向上に役立つ映像作品

映画やドラマは、楽しみながらリスニング力を向上させる絶好の教材です。以下に、リスニング学習に役立つおすすめの映像作品を紹介します。

初心者向け

  • 『Friends(フレンズ)』: 日常会話が中心のシチュエーション・コメディで、登場人物の話し方も比較的ゆっくりで聞き取りやすいです。スクリプトも多くのサイトで入手可能です。
created by Rinker
¥1,369 (2024/07/13 19:03:36時点 楽天市場調べ-詳細)
  • 『The Big Bang Theory(ビッグバン★セオリー)』: 科学と日常生活の話題が交錯するコメディで、初心者にとっても楽しみながら学べます。
created by Rinker
¥2,191 (2024/07/13 19:03:36時点 楽天市場調べ-詳細)

中級者向け

  • 『Sherlock(シャーロック)』: 高速で展開する推理ドラマで、様々なアクセントや語彙に触れることができます。中級者にはちょうど良い挑戦となります。
created by Rinker
¥25,447 (2024/07/13 19:03:36時点 楽天市場調べ-詳細)
  • 『Breaking Bad(ブレイキング・バッド)』: ストーリーが緊張感に満ちており、日常会話と専門用語のバランスが取れています。キャラクターの多様な発音にも慣れることができます。

上級者向け

  • 『The West Wing(ザ・ホワイトハウス)』: 政治や法律に関する難しい用語が多いですが、上級者には非常にためになる内容です。
created by Rinker
¥6,480 (2024/07/13 19:51:24時点 楽天市場調べ-詳細)
  • 『Game of Thrones(ゲーム・オブ・スローンズ)』: 様々なアクセントや独特の表現が使われており、リスニング力を鍛えるのに最適です。

映画やドラマの活用方法

映画やドラマを効果的に活用する方法を以下に紹介します。

  1. 字幕を活用する
    • 最初は日本語字幕で内容を理解し、その後英語字幕に切り替えて再度視聴しましょう。最終的には字幕なしで視聴できることを目指します。
  2. 短いセクションに分ける
    • 映画やドラマを短いセクションに分けて、何度も繰り返し視聴します。5分から10分の短い部分を選び、集中して聞き取ります。
  3. シャドーイングを行う
    • 先に紹介したシャドーイングの方法を映画やドラマでも実践しましょう。登場人物のセリフをそのまま真似して繰り返すことで、リスニング力と発音が向上します。
  4. スクリプトを確認する
    • スクリプトがある場合は、視聴前に一度読み、重要な単語やフレーズを確認します。視聴後にスクリプトを見返すことで、理解度が深まります。
  5. リピートして聞く
    • 特に聞き取りにくい部分や重要な会話は、リピートして何度も聞きましょう。リスニング力を鍛えるためには、繰り返しが重要です。
  6. ノートにメモする
    • 聞き取った単語やフレーズ、気になる表現をノートに書き留めます。後で見返して復習することで、記憶に定着させます。
  7. クイズ形式で学ぶ
    • 映画やドラマの内容をクイズ形式で自分や友達と確認し合うことで、楽しみながら復習できます。

映画やドラマを活用することで、リスニング力だけでなく、語彙や表現の幅も広がります。楽しみながら学習を続けることで、自然と英語力が向上していきます。

 

 

ネイティブの発音を真似る

発音練習の重要性

英語のリスニング力を向上させるためには、発音練習が非常に重要です。正しい発音を学ぶことで、ネイティブスピーカーの英語をより正確に聞き取れるようになります。発音練習の重要性を以下に説明します。

  1. 理解度の向上
    • 正しい発音を学ぶことで、ネイティブスピーカーが話す英語をより理解しやすくなります。特に音の連結や省略、強弱のパターンを理解することが重要です。
  2. 自信を持てる
    • 正しい発音ができるようになると、自分の英語に自信が持てます。自信を持つことで、英会話がスムーズになり、コミュニケーションが楽しくなります。
  3. リスニング力の向上
    • 発音練習を通じて、耳が英語の音に慣れるため、リスニング力も自然に向上します。特に、聞き取れなかった音が聞き取れるようになることで、大きな成長が期待できます。
  4. 効果的な学習法の基礎
    • 発音練習は、シャドーイングやリピート練習など、他のリスニング練習法の基礎となります。正しい発音を身につけることで、これらの練習も効果的に行えるようになります。

ネイティブの発音を聞き取るコツ

ネイティブの発音を聞き取るためには、いくつかのコツがあります。以下に、効果的な聞き取りのコツを紹介します。

  1. フォニックスを学ぶ
    • フォニックス(音素の読み方)のルールを学ぶことで、英語の発音パターンが理解しやすくなります。これにより、聞き取れなかった音が明確に聞こえるようになります。
  2. 音の連結に注意する
    • 英語のネイティブスピーカーは、単語と単語を連結して話すことが多いです。例えば、「want to」が「wanna」になるように、音の連結を意識して聞くことで、スムーズに理解できます。
  3. 強弱のパターンを理解する
    • 英語には強弱のリズムがあります。強く発音される部分と弱く発音される部分を理解することで、全体の流れがつかみやすくなります。リスニングの際には、どの部分が強調されているかを意識して聞きましょう。
  4. アクセントに慣れる
    • イギリス英語やアメリカ英語、オーストラリア英語など、様々なアクセントに慣れることも重要です。異なるアクセントを聞くことで、耳が柔軟になり、どんな発音にも対応できるようになります。
  5. 実際に真似する
    • ネイティブスピーカーの発音を真似して繰り返すことが最も効果的です。シャドーイングやリピート練習を通じて、発音を自分のものにしましょう。
  6. 音声変化に注意する
    • 英語の発音には、縮約(例えば「didn’t」が「didn’t」になる)や音声変化(例えば「t」が「d」に変わる)が多くあります。これらの変化に注意して聞くことで、理解が深まります。
  7. リスニング素材を活用する
    • ネイティブスピーカーの発音を多く含むリスニング素材(映画、ドラマ、ポッドキャストなど)を活用し、実際の会話を聞くことで、発音の自然な流れを掴むことができます。

ネイティブの発音を真似ることで、リスニング力と発音力が飛躍的に向上します。継続して練習することで、自然な英語の聞き取りができるようになります。

 

 

実際に英語を使う機会を作る

英語を使う場面を増やす方法

英語リスニング力を向上させるためには、実際に英語を使う場面を増やすことが重要です。以下に、日常生活で英語を使う機会を増やす方法を紹介します。

  1. 英会話クラブやサークルに参加する
    • 地元の英会話クラブやサークルに参加することで、定期的に英語を話す機会を得ることができます。新しい友達を作りながら楽しく英語を学べます。
  2. オンライン英会話レッスンを受ける
    • オンライン英会話プラットフォームを利用して、ネイティブスピーカーと会話する練習をしましょう。自分のスケジュールに合わせて学習できるのが利点です。
  3. 外国人観光客と交流する
    • 観光地や国際イベントに参加して、外国人観光客と積極的に交流しましょう。実際の会話を通じて、生きた英語を学ぶことができます。
  4. 言語交換パートナーを見つける
    • 言語交換サイトやアプリを利用して、英語を学びたい日本語話者と英語話者のパートナーを見つけましょう。お互いの言語を教え合うことで、リスニング力と会話力が向上します。
  5. 英語で趣味を楽しむ
    • 自分の趣味に関連する英語のコミュニティやオンラインフォーラムに参加しましょう。例えば、料理が好きなら英語の料理教室やレシピ交換サイトに参加するのも良い方法です。
  6. 英語の映画やドラマを友達と観る
    • 英語の映画やドラマを友達と一緒に観て、感想を英語で話し合いましょう。自然な会話ができるようになります。

実践的なリスニング力の向上法

実際に英語を使う機会を増やすことで、実践的なリスニング力が向上します。以下に、その具体的な方法を紹介します。

  1. リアルタイムでのリスニング練習
    • 実際の会話では、話し手が一度に何を言っているのかをリアルタイムで聞き取る必要があります。ライブの英語イベントやオンラインセミナーに参加して、リアルタイムでリスニングの練習をしましょう。
  2. ディクテーションを行う
    • 短い音声や動画を再生し、その内容を聞き取りながら書き取る練習を行います。これにより、リスニング力と同時にスペリングのスキルも向上します。
  3. ノートを活用する
    • 会話中に聞き取れなかった単語やフレーズをメモに取り、後で調べて復習する習慣をつけましょう。これにより、次回からはスムーズに聞き取れるようになります。
  4. シャドーイングを続ける
    • シャドーイングの練習を続けることで、発音とリスニング力が同時に向上します。実際の会話に近いスピードでシャドーイングを行うと、リアルなリスニング力が鍛えられます。
  5. 話すことと聞くことを連動させる
    • 英語で話すことと聞くことは相互に関連しています。自分で話す練習をすることで、聞く力も自然に向上します。録音して自分の話す英語を聞き返し、改善点を見つけるのも効果的です。
  6. リスニングの多様性を持たせる
    • 様々なアクセントやスピード、テーマの英語を聞くことで、リスニング力が全体的に向上します。ニュース、ポッドキャスト、映画、インタビューなど、多様な音声素材を活用しましょう。
  7. 積極的に質問する
    • 英語での会話中にわからないことがあれば、遠慮せずに質問しましょう。質問をすることで、相手の言っていることをより深く理解でき、会話が活発になります。

実際に英語を使う機会を増やし、実践的なリスニング力を磨くことで、英語でのコミュニケーションがよりスムーズになり、自信を持って英語を使えるようになります。

 

 

まとめ

リスニング学習のポイント総まとめ

英語リスニング力を向上させるための具体的な方法を、以下に総まとめします。

  1. 自分のレベルに合った教材を選ぶ
    • 自分の英語力に合ったリスニング教材を選び、興味のある内容を取り入れることで、学習のモチベーションを高めます。
  2. 短い時間で毎日続ける
    • 毎日短時間でも継続して学習することが大切です。通勤時間や家事の合間など、日常生活にリスニングを取り入れましょう。
  3. 集中して聞く時間を作る
    • 静かな場所で集中してリスニングに取り組む時間を確保しましょう。デジタルデトックスやイヤホンの活用も効果的です。
  4. 繰り返し聞いて耳を慣らす
    • シャドーイングやリピート練習を通じて、繰り返し聞くことで耳を英語に慣らしましょう。繰り返すことで理解度が深まります。
  5. 単語やフレーズをメモする
    • 聞き取れなかった単語やフレーズをメモし、後で復習しましょう。例文や発音も一緒に記録すると効果的です。
  6. 映画やドラマで学ぶ
    • 映画やドラマを楽しみながらリスニング力を向上させましょう。字幕を活用し、短いセクションに分けて繰り返し視聴します。
  7. ネイティブの発音を真似る
    • ネイティブスピーカーの発音を真似して練習し、発音とリスニング力を同時に向上させます。シャドーイングやフォニックスを活用しましょう。
  8. 実際に英語を使う機会を作る
    • 英会話クラブやオンラインレッスン、言語交換パートナーとの交流など、実際に英語を使う場面を増やしましょう。

継続するためのモチベーション管理

リスニング学習を継続するためには、モチベーションの管理が重要です。以下の方法でモチベーションを維持しましょう。

  1. 目標を設定する
    • 明確な目標を設定し、達成感を感じられるようにしましょう。例えば、「1ヶ月で30時間のリスニングを達成する」や「毎日10分のシャドーイングを続ける」といった具体的な目標を立てます。
  2. 進捗を記録する
    • 学習の進捗を記録し、達成度を確認しましょう。ノートやアプリを使って、毎日のリスニング時間や学んだ単語を記録すると良いでしょう。
  3. ご褒美を設定する
    • 一定の目標を達成したら、自分にご褒美をあげることで、モチベーションを維持します。例えば、好きな映画を観る日を設けたり、美味しい食事を楽しんだりするのも良い方法です。
  4. 仲間と一緒に学習する
    • 学習仲間を見つけて一緒に勉強することで、互いに励まし合いながら継続しやすくなります。オンラインコミュニティや学習グループに参加するのも良いでしょう。
  5. 楽しい学習方法を見つける
    • 自分が楽しいと感じる学習方法を見つけましょう。好きな映画や音楽、ポッドキャストを使って学習することで、楽しくリスニング力を向上させることができます。
  6. ポジティブな思考を持つ
    • 自分の進歩を認識し、ポジティブな思考を持ち続けることが大切です。リスニング力が向上している実感を持ち、自分を励ましながら学習を続けましょう。

これらの方法を活用して、英語のリスニング学習を継続し、確実にリスニング力を向上させていきましょう。継続は力なりです。焦らず、楽しみながら学習を続けることが大切です。

 

 

よくある質問(FAQ)

ここでは、読者からよく寄せられるリスニング学習に関する質問にお答えします。疑問や不安を解消し、効果的なリスニング学習をサポートします。

Q1: リスニング学習にどのくらいの時間をかけるべきですか?

A1: リスニング学習の時間は個人のスケジュールや学習目標によりますが、毎日15分から30分を目安に始めると良いでしょう。重要なのは、短時間でも毎日続けることです。徐々に時間を増やしていくと、より効果的です。

Q2: どうしても聞き取れない部分があります。どうすればいいですか?

A2: 聞き取れない部分がある場合は、以下の方法を試してみてください。

  • 何度も繰り返し再生する。
  • スクリプトを確認し、意味を理解する。
  • 辞書を使って単語の発音を確認する。
  • ノートにメモして後で復習する。
  • ゆっくりした音声や初心者向けの教材から始めて、徐々にレベルを上げる。

Q3: 日本語字幕を使ってもいいですか?

A3: はい、日本語字幕を使っても構いません。特に初めのうちは、内容を理解するために日本語字幕を活用し、その後英語字幕に切り替えると良いでしょう。最終的には字幕なしで理解できることを目指します。

Q4: 効果的な発音練習方法を教えてください。

A4: 効果的な発音練習方法は以下の通りです。

  • シャドーイング:ネイティブスピーカーの発音を真似して繰り返す。
  • フォニックスの学習:音素の読み方を学ぶ。
  • 録音して自分の発音を聞き返す。
  • 発音練習アプリを利用する。
  • ネイティブスピーカーの動画を見て口の動きを観察する。

Q5: 映画やドラマでのリスニング学習が難しいと感じます。どうすればいいですか?

A5: 映画やドラマでのリスニング学習が難しいと感じる場合は、以下の方法を試してみましょう。

  • 初心者向けの作品から始める。
  • 短いセクションに分けて何度も繰り返し視聴する。
  • 日本語字幕を使い、その後英語字幕に切り替える。
  • スクリプトを確認し、内容を理解してから視聴する。
  • 同じ作品を何度も見ることで、理解度を深める。

リスニング学習に関する疑問解決

Q6: リスニング力を上げるためにはどの教材が一番良いですか?

A6: リスニング力を上げるためには、自分のレベルや興味に合った教材を選ぶことが重要です。初心者には『Friends(フレンズ)』や『BBC Learning English』、中級者には『TED Talks』や『Voice of America (VOA) Learning English』、上級者には『The West Wing(ザ・ホワイトハウス)』や『NPR (National Public Radio)』などが適しています。

Q7: 英語のニュースが早すぎて聞き取れません。どうすればいいですか?

A7: 英語のニュースが早すぎて聞き取れない場合は、以下の方法を試してみましょう。

  • 初めはゆっくり話すニュースチャンネル(VOA Learning Englishなど)を利用する。
  • 動画の再生速度を遅くする機能を使う。
  • ニュースのスクリプトを事前に読んでおく。
  • 短いニュースセグメントを繰り返し聞く。
  • 語彙を増やし、ニュースに出てくる単語に慣れる。

Q8: リスニング力がなかなか向上しません。どうすればいいですか?

A8: リスニング力がなかなか向上しない場合は、以下のポイントを見直してみましょう。

  • 毎日の学習時間を増やす。
  • 新しい教材や異なるアクセントの英語を試してみる。
  • 自分の進捗を記録し、改善点を見つける。
  • シャドーイングやディクテーションなど、異なる学習方法を取り入れる。
  • フィードバックをもらい、自分の弱点を把握する。

リスニング学習に関する質問や疑問にお答えしました。これらの回答が、皆さんのリスニング力向上に役立つことを願っています。引き続き、楽しみながら学習を続けていきましょう。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

スピーキングに伸び悩みを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム