3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

簡単に連絡!「get in touch」の意味と使い方完全ガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. レッスン内で発言内容の見える化&添削
3. 課題を分析して目標レベルまで伴走
4. 英語コーチング業界最安値、高品質

はじめに

こんにちは!今日は、日常英会話やビジネス英語でよく使われるフレーズ「get in touch」についてお話しします。初めて聞く方も、何度か聞いたことがある方も、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

「get in touch」とは?

「get in touch」は、日本語で言うと「連絡を取る」や「接触する」という意味です。友達や同僚、ビジネスパートナーと連絡を取りたいときに使う表現です。例えば、「あとで連絡するね」と言いたいときには「I’ll get in touch with you later.」と言います。

このフレーズの重要性

なぜ「get in touch」が重要なのかと言うと、コミュニケーションを円滑にするための基本的なフレーズだからです。この表現を使うことで、相手に対して丁寧で親しみやすい印象を与えることができます。また、ビジネスシーンでも「get in touch」は頻繁に使われるため、覚えておくと非常に役立ちます。

例えば、仕事で初めて会う人に「後で連絡しますね」と伝えるとき、「I’ll get in touch with you later.」と言うと、フォーマルかつフレンドリーな印象を与えることができます。このように、「get in touch」は日常会話からビジネスまで幅広く使える便利なフレーズなのです。

 

 

無料トライアル実施中

「get in touch」の基本的な意味

簡単な説明

「get in touch」は、「連絡を取る」や「接触する」という意味です。これは、誰かとコミュニケーションを取りたいときに使う表現です。たとえば、友達と久しぶりに連絡を取りたいときや、ビジネスで新しい取引先に連絡を取りたいときなど、様々なシチュエーションで使えます。

例文を使った解説

ここでは、「get in touch」を使った具体的な例文をご紹介します。

  1. 友達に連絡を取りたいとき
  2. ビジネスでの連絡
  3. 新しい人と連絡を始めるとき
  4. SNSやメールでの連絡

 

 

「get in touch」の使い方

ビジネスシーンでの使い方

ビジネスシーンでは、「get in touch」は非常に便利でよく使われる表現です。特に、連絡を取る必要がある場合や、フォローアップをするときに使います。以下にいくつかの例を挙げます。

  1. 取引先に連絡を取りたいとき
    • “I will get in touch with you regarding the contract details tomorrow.”
      • (契約の詳細について、明日連絡いたします。)
  2. 会議のフォローアップ
    • “Thank you for the meeting today. I’ll get in touch with you next week to discuss the next steps.”
      • (本日の会議ありがとうございました。来週、次のステップについて連絡いたします。)
  3. 情報提供をお願いするとき
    • “Please get in touch with our support team if you encounter any issues.”
      • (何か問題が発生した場合は、サポートチームに連絡してください。)

日常会話での使い方

日常会話でも「get in touch」はよく使われます。友達や家族、知人と連絡を取る際に使うと自然です。

  1. 友達に連絡を取りたいとき
    • “Let’s get in touch soon and catch up.”
      • (近いうちに連絡を取って、近況を報告し合いましょう。)
  2. 家族に連絡を取りたいとき
    • “I need to get in touch with my brother about the family gathering.”
      • (家族の集まりについて、兄に連絡しないといけない。)
  3. 知人との連絡
    • “If you’re ever in town, get in touch with me. I’d love to see you.”
      • (もし町に来ることがあれば、連絡してね。会いたいです。)

SNSやメールでの使い方

SNSやメールでのコミュニケーションでも「get in touch」は非常に便利です。簡単に連絡を取り合うことができます。

  1. SNSでの連絡
    • “Feel free to get in touch with me on Facebook.”
      • (Facebookで気軽に連絡してね。)
  2. メールでの連絡
    • “You can get in touch with me via email at any time.”
      • (いつでもメールで連絡してもらえれば大丈夫です。)
  3. ビジネスメールでの連絡
    • “If you have any further questions, please get in touch with our customer service team.”
      • (さらにご質問がある場合は、カスタマーサービスチームにご連絡ください。)

 

 

「get in touch」と関連するフレーズ

「get in touch」に似た表現として、「keep in touch」、「stay in touch」、「reach out」があります。これらのフレーズも連絡やコミュニケーションに関するものなので、一緒に覚えておくと便利です。

「keep in touch」

「keep in touch」は、「連絡を取り続ける」や「連絡を保つ」という意味です。離れた場所にいても、定期的に連絡を取り合いたいときに使います。

  1. 友達との連絡
    • “Even after you move to another city, let’s keep in touch.”
      • (別の都市に引っ越しても、連絡を取り続けましょう。)
  2. 卒業後の同級生との連絡
    • “It was great studying with you. Let’s keep in touch after graduation.”
      • (一緒に勉強できてよかったです。卒業後も連絡を取り合いましょう。)

「stay in touch」

「stay in touch」も「連絡を保つ」という意味で、「keep in touch」とほぼ同じように使います。違いはほとんどなく、どちらもカジュアルな表現です。

  1. 仕事を辞める同僚へのメッセージ
    • “Good luck with your new job. Stay in touch!”
      • (新しい仕事、頑張ってね。連絡を取り合いましょう!)
  2. 長期間会えない友達に
    • “I’ll be traveling for a while, but let’s stay in touch.”
      • (しばらく旅行に出るけど、連絡を取り続けましょう。)

「reach out」

「reach out」は、「連絡を取る」や「相談する」という意味で、特に助けや情報を求めるときに使います。「get in touch」よりも少しフォーマルなニュアンスがあります。

  1. 問題があるときの相談
    • “If you need any help, please don’t hesitate to reach out.”
      • (助けが必要なときは、遠慮せずに連絡してください。)
  2. 初めての連絡
    • “I wanted to reach out to discuss a potential collaboration.”
      • (コラボレーションの可能性について話し合いたくて連絡しました。)
  3. 顧客対応
    • “Our support team is here to help. Feel free to reach out anytime.”
      • (サポートチームがいつでもお手伝いしますので、いつでも連絡してください。)

 

 

よくある誤用と注意点

「get in touch」を正しく使うためには、よくある誤用を知り、正しい使い方のコツを覚えておくことが大切です。ここでは、具体的な間違い例とその解決方法をご紹介します。

よくある間違い

  1. 動詞の形を間違える
    • 間違い:”I will getting in touch with you tomorrow.”
    • 解説:未来形の「will」と進行形の「getting」を一緒に使うのは誤りです。
    • 正しい使い方:”I will get in touch with you tomorrow.”
      • (明日連絡します。)
  2. 前置詞の使い方を間違える
    • 間違い:”I got in touch to him yesterday.”
    • 解説:「get in touch with」が正しい表現です。「to」を使うのは誤りです。
    • 正しい使い方:”I got in touch with him yesterday.”
      • (昨日彼に連絡しました。)
  3. 「touch」を単独で使う
    • 間違い:”I will touch you later.”
    • 解説:「touch」だけでは「触れる」という意味になってしまいます。「get in touch」を使うことで「連絡を取る」という意味になります。
    • 正しい使い方:”I will get in touch with you later.”
      • (後で連絡します。)

正しい使い方のコツ

  1. 適切な時制を使う
    • 未来の予定について話す場合は、「will」を使いましょう。
      • 例:”I will get in touch with you next week.”
        • (来週連絡します。)
    • 過去の出来事について話す場合は、過去形の「got」を使いましょう。
      • 例:”I got in touch with her yesterday.”
        • (昨日彼女に連絡しました。)
  2. 正しい前置詞を使う
    • 「with」を忘れずに使いましょう。
      • 例:”Please get in touch with me if you have any questions.”
        • (質問があれば連絡してください。)
  3. 目的語を明確にする
    • 誰に連絡するのかを明確にするために、目的語を必ず入れましょう。
      • 例:”I will get in touch with the manager.”
        • (マネージャーに連絡します。)
  4. 文脈に応じた適切な表現を選ぶ
    • カジュアルなシーンでは「get in touch」、フォーマルなシーンでは「reach out」などを使い分けると良いです。
      • 例:”Feel free to reach out if you need further assistance.”
        • (さらにサポートが必要な場合は、遠慮なく連絡してください。)

 

 

まとめ

振り返り

今日は、「get in touch」の意味と使い方について詳しくご紹介しました。まず、「get in touch」が「連絡を取る」や「接触する」という意味であることを学びましたね。そして、ビジネスシーンや日常会話、SNSやメールでの具体的な使い方についても解説しました。さらに、「keep in touch」、「stay in touch」、「reach out」といった関連するフレーズも紹介し、よくある誤用とその対策も確認しました。

これらの表現を正しく使うことで、コミュニケーションがよりスムーズになり、相手に良い印象を与えることができます。どんなシチュエーションでも適切に使いこなせるように、ぜひ日常生活や仕事で練習してみてください。

読者への感謝

最後に、このブログを読んでいただき、本当にありがとうございます。英語の表現や使い方について学ぶことは、時に難しいと感じることもありますが、少しずつ習得していくことで、確実に自信がついてきます。この記事が、皆さんの英語学習に少しでも役立てば幸いです。

今後も、実用的で役立つ英語表現についてどんどん紹介していきますので、ぜひ引き続きお楽しみください。質問やコメントがありましたら、いつでもお気軽にご連絡くださいね。

これからも、一緒に英語学習を楽しんでいきましょう!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

スピーキングに伸び悩みを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム