洋画でよく聞く”got to do 〜”の意味と使い方【have got to doとの違いもわかる】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は洋画でよく聞く”got to do 〜”の意味と使い方【have got to doとの違いもわかる】についてお話します。この記事を読めば今日よりさらに英語力がアップしていくかと思います。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

洋画でよく聞く”got to do 〜”の意味と使い方

偶然会った友人と立ち話をしていて…

ウィル
Sorry, I got to go now.
ごめん、もう行かなきゃ。

 

旦那が…

スタローン
I got to get up early tomorrow.
明日は早くおきないとダメなんだ。

 

同僚が…

ナオミ
I got to see my client tomorrow again.
明日またお客さんと会わないといけないんだ。

 

いかがでしたでしょうか。すでにお分かりかと思いますがgot to do 〜は「〜しなければならない」という意味で、義務を相手に伝えるときに使えるカジュアルな英語表現です。しかし変な感じがしませんか?「got to doって過去形なのに未来のことを話すの?」と思いませんでしたか。アメリカ英語になりますが、実はhave go to do 〜(現在完了形)が元々の形で、会話では文法的には正しくありませんがhaveを省略して使われることが多いのです。なのでgot to do 〜という形になっています。

このgot to do 〜を他の表現で置き換えると皆さんが知っているhave to 〜ですね。have toの使い方についてさらに知りたい方は学校では絶対教えてくれない”have to 〜”の意味とその6つの使い方よりご覧ください。フォーマルな順から言うとhave to do→have got to do→got to doになります。

 

 

ネイティブは「ガラ」と発音する

さらにネイティブは短くしたがりなのか、got to doをgottaとして「ガラ」と発音します。

アイヴァン
I gotta leave the office now.
もう事務所を出ないと。

 

gottaの詳しい内容について以下カードでまとめているのでよかったらご覧ください。

”I gotta 〜”の意味とその使い方【have toとの違いもわかる】

ネイティブがよく使う”gotta”「ガラ」の発音方法とその意味

 

 

get to do 〜と混同しないこと

少し似た形になりますが、get to do 〜には「〜する機会がある」という意味もあります。こちら過去形でも使えるので、例えば”I got to meet new people in Osaka.”「大阪で新しい人と会うことができた」という風に別の意味として表現することもできます。どちらの意味になるかは文脈で判断することになります。get to do 〜のさらに詳しい内容についてはネイティブが使いまくる”get to do 〜”の意味とその使い方【チャンス】よりご覧ください。

 

 

got to doに関連する記事

”You’ve got to be kidding me”の意味とその使い方【受け入れられないときに】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が洋画でよく聞く”got to do 〜”の意味と使い方【have got to doとの違いもわかる】でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出