3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

英語の”Must”、それは「Got to Do」:日常で使う英語表現ガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。日常英会話でよく耳にする「got to do」。このフレーズは、実は「have got to do」の省略形で、英語では頻繁に使用される表現の一つです。今回は、この「got to do」がどのように使われるか、その意味や使い方についてわかりやすく解説していきましょう。

 

 

使う場面

「got to do」は、「~しなければならない」という義務や必要性を表すフレーズです。特に以下のような場面でよく使われます。

  1. 緊急性を感じるとき:何かをすぐにでもしなければならない状況。
  2. 強い義務感を表すとき:個人的な責任感や社会的な義務を感じる場合。
  3. 強い推奨や助言:他人に対して何かを強く勧めたいとき。

 

 

無料トライアル実施中

例文

偶然会った友人と立ち話をしていて…

ウィル
Sorry, I got to go now.
ごめん、もう行かなきゃ。

 

 

旦那が…

スタローン
I got to get up early tomorrow.
明日は早くおきないとダメなんだ。

 

 

同僚が…

ナオミ
I got to see my client tomorrow again.
明日またお客さんと会わないといけないんだ。

 

 

その他例文

  1. Got to finish this report by tomorrow.
    (明日までにこのレポートを完成させなきゃ。)
  2. Got to see this movie, it’s amazing!
    (この映画を見なきゃ、本当に素晴らしいよ!)
  3. Got to help them, it’s the right thing to do.
    (彼らを助けなきゃ、それが正しいことだから。)

意味

このように「got to do」は、日常会話において「~しなければならない」という意味を表現する際に、簡潔でカジュアルな方法としてよく使われます。会話の流れの中で自然に使える便利なフレーズです。

 

 

Have got to doとの違い

「Have got to do」と「got to do」は基本的に同じ意味を持ちますが、その使用法には若干の違いがあります。

形式とスタイル

  • Have got to do:ややフォーマルな感じがあり、文章の中で完全な構造として使われることが多いです。特にイギリス英語でよく見られます。
  • Got to do:よりカジュアルで、話し言葉に適しています。しばしば「have」が省略され、特にアメリカ英語の日常会話でよく使われます。

文脈の適用性

  • Have got to do:公式な文書やビジネス文書など、ややフォーマルな状況で使用されることがあります。
  • Got to do:非公式な会話やカジュアルな文脈で頻繁に使用されます。友人との会話やソーシャルメディアなどでよく見られます。

発音と流暢さ

  • Have got to do:完全なフレーズとして発音されることが多く、発話の流暢さを保つために使用されます。
  • Got to do:話し言葉においては、省略形の方が自然に聞こえ、迅速なコミュニケーションを促進します。

どちらの表現も「~しなければならない」という義務や必要性を表しますが、使われる文脈やスタイルによって使い分けられます。

「ガラ」の発音

さらにネイティブは短くしたがりなのか、got to doをgottaとして「ガラ」と発音します。

アイヴァン
I gotta leave the office now.
もう事務所を出ないと。

 

 

gottaの詳しい内容について以下カードでまとめているのでよかったらご覧ください。

 

 

get to doと混同しない

少し似た形になりますが、get to do 〜には「〜する機会がある」という意味もあります。こちら過去形でも使えるので、例えば”I got to meet new people in Osaka.”「大阪で新しい人と会うことができた」という風に別の意味として表現することもできます。

どちらの意味になるかは文脈で判断することになります。get to do 〜のさらに詳しい内容についてはネイティブが使いまくる”get to do 〜”の意味とその使い方【チャンス】よりご覧ください。

 

 

似たような表現

これらの表現は、日常会話での「義務」や「推奨」を表す際に有用です。それぞれの文脈やニュアンスに応じて適切に使い分けることが大切です。

Have to

  • 意味:「~しなければならない」という意味で、よりフォーマルな表現。
  • 例文:I have to attend a meeting at 3 PM.(午後3時に会議に出席しなければならない。)

Must

  • 意味:「~しなければならない」という強い義務や必要性を示す。法的、規則的な義務に使われることもある。
  • 例文:You must wear a helmet while riding a motorcycle.(バイクに乗るときはヘルメットを着用しなければならない。)

Should

  • 意味:「~すべきだ」という意見やアドバイスを示す。義務感よりは推奨の意味合いが強い。
  • 例文:You should try to eat healthier food.(もっと健康的な食事を摂るべきだ。)

 

 

関連する語彙

Obligation

  • 意味:義務

例文:I feel an obligation to help my family.(家族を助ける義務を感じる。)

Necessity

(必要)

Drinking water is a necessity for health.(水を飲むことは健康に必要だ。)

Recommendation

(推薦)

I have a recommendation for a good book.(いい本の推薦がある。)

 

 

押さえておきたいポイント

「got to do」は非常に日常的な表現であり、緊急性や強い義務感を伝える際に役立ちます。ただし、よりフォーマルな状況では「have to」や「must」を使用する方が適切です。日常会話でのニュアンスを理解し、場面に応じて使い分けることが重要です。

 

 

 

 

got to doに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上、日常英会話で頻繁に使われる「got to do」の意味と使い方を解説しました。この表現を使いこなせるようになると、英語の表現力がより豊かになります。ぜひ、実際の会話で活用してみてください。それではSee you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム