3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

実は簡単?「deduct」の意味とビジネスでの使い方を完全解説

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. レッスン内で発言内容の見える化&添削
3. 課題を分析して目標レベルまで伴走
4. 英語コーチング業界最安値、高品質

はじめに

ビジネスで使える英単語「deduct」の意味を理解しよう!

みなさん、こんにちは!今日はビジネス英語でよく使われる単語「deduct」についてお話しします。この単語は、ビジネスシーンで頻繁に登場するので、ぜひ覚えておきたいですね。

「deduct」は、計算や経理、給与などの場面で使われることが多いです。英語を使う仕事をしている方や、これから英語でのコミュニケーションを増やしたいと思っている方にとって、とても役立つ単語です。

これから「deduct」の基本的な意味や使い方、関連する単語について、わかりやすく説明していきます。一緒に楽しく学びましょう!

 

 

無料トライアル実施中

「deduct」の基本的な意味

「deduct」の意味をシンプルに解説します。

「deduct」は、日本語で「控除する」や「差し引く」という意味です。具体的には、何かの合計金額から特定の金額を引くことを指します。例えば、経費や税金を計算する際に使われることが多いです。

簡単な例を挙げると、あなたが給料をもらうときに、税金や保険料が引かれて手取り額が決まりますよね。この「引く」という行為が「deduct」になります。

もう少しわかりやすくするために、以下のような例を考えてみましょう。

このように、何かの合計から特定の金額を引くというシンプルな動作を表すのが「deduct」です。

次のセクションでは、この「deduct」を実際にどう使うのか、具体的な例文を交えて紹介しますね。

 

 

「deduct」の使い方

実際の会話や文章で「deduct」をどう使うのか、例文で確認しましょう。

「deduct」は、ビジネスシーンでさまざまな場面で使われます。ここでは、具体的な例文を通して「deduct」の使い方を確認してみましょう。

給与に関連する場合

  1. 例文: The company will deduct taxes from your salary.
    • : 会社は給料から税金を差し引きます。
  2. 例文: Your health insurance premium will be deducted from your monthly paycheck.
    • : 健康保険料は毎月の給料から控除されます。

経費に関連する場合

  1. 例文: We can deduct business expenses from our taxable income.
    • : 私たちは事業経費を課税所得から控除することができます。
  2. 例文: Make sure to keep your receipts so you can deduct those costs later.
    • : 後でその費用を控除できるように、レシートを保管してください。

その他の場面

  1. 例文: The airline will deduct a cancellation fee from your refund.
    • : 航空会社は返金額からキャンセル料を差し引きます。
  2. 例文: If you return the product, we will deduct a restocking fee from your refund.
    • : 商品を返品した場合、返金額から再入庫手数料を差し引きます。

これらの例文を見てわかるように、「deduct」は主にお金や費用に関連する場面で使われます。使い方を覚えるために、ぜひ自分でも例文を作ってみてくださいね。

次のセクションでは、「deduct」に関連する他のビジネス英単語を紹介します。さらに英語の語彙を増やしていきましょう。

 

 

関連する英単語

「deduct」に関連する他のビジネス英単語も一緒に覚えましょう。

ビジネス英語では、「deduct」と同じように使われる関連単語がいくつかあります。これらの単語を一緒に覚えることで、より豊かな表現ができるようになりますよ。

1. Subtract(差し引く)

意味: 数値を引くこと。「deduct」と似た意味で使われますが、より広い範囲で使われることが多いです。

例文: If you subtract the expenses from the total revenue, you get the net profit.

  • : 収入から経費を差し引くと、純利益が出ます。

2. Withhold(差し引く・控除する)

意味: 支払いや報酬から特定の金額を引くこと。「deduct」よりも公式な感じがします。

例文: The company will withhold taxes from your paycheck.

  • : 会社は給料から税金を控除します。

3. Rebate(払い戻し・還付)

意味: 支払ったお金の一部を返金すること。「deduct」とは逆の行為です。

例文: You can get a rebate on your purchase if you submit the receipt.

  • : レシートを提出すれば、購入金額の一部が払い戻されます。

4. Exempt(免除する)

意味: 特定の費用や義務を免除すること。

例文: Certain goods are exempt from sales tax.

  • : 特定の品物は消費税が免除されています。

5. Deduction(控除・差し引き)

意味: 「deduct」の名詞形で、控除や差し引きのことを指します。

例文: You can claim a deduction for charitable donations on your tax return.

  • : 税金の申告で寄付金の控除を申請できます。

これらの単語を覚えることで、ビジネスシーンでの英語表現がより豊かになります。次のセクションでは、「deduct」を使う際のよくある間違いについて見てみましょう。正しく使うためのポイントを学びましょう。

 

 

よくある間違い

「deduct」を使う際の注意点や、よくある間違いを紹介します。

「deduct」は便利な単語ですが、使う際にはいくつか注意点があります。ここでは、よくある間違いとその対策を紹介しますので、正しく使えるようにしましょう。

1. 「deduct」と「reduce」の混同

間違い例: We need to deduct the prices of our products to attract more customers.
和訳: 私たちは、もっと多くの顧客を引きつけるために製品の価格を差し引く必要があります。

正しい例: We need to reduce the prices of our products to attract more customers.
和訳: 私たちは、もっと多くの顧客を引きつけるために製品の価格を下げる必要があります。

説明: 「deduct」は「差し引く」という意味で、「価格を下げる」という意味では使いません。価格を下げる場合は「reduce」を使います。

2. 「deduct」と「subtract」の違い

間違い例: Please deduct 10 from 50.
和訳: 50から10を差し引いてください。

正しい例: Please subtract 10 from 50.
和訳: 50から10を引いてください。

説明: 「subtract」は一般的な計算で使われ、「deduct」は主にお金や費用に関する場面で使います。数字の引き算をする場合は「subtract」を使いましょう。

3. 「deduct」の前置詞の使い方

間違い例: The fee will be deducted off your account.
和訳: 料金はあなたのアカウントから差し引かれます。

正しい例: The fee will be deducted from your account.
和訳: 料金はあなたのアカウントから差し引かれます。

説明: 「deduct」の後に来る前置詞は「from」が正しいです。「off」ではなく「from」を使いましょう。

4. 名詞形「deduction」の使い方

間違い例: You can claim a deduct for your expenses.
和訳: 経費の控除を申請できます。

正しい例: You can claim a deduction for your expenses.
和訳: 経費の控除を申請できます。

説明: 名詞形は「deduction」です。「deduct」と混同しないように注意しましょう。

5. 文脈に合わない使い方

間違い例: They decided to deduct the number of meetings to improve efficiency.
和訳: 彼らは効率を上げるために会議の数を差し引くことに決めました。

正しい例: They decided to reduce the number of meetings to improve efficiency.
和訳: 彼らは効率を上げるために会議の数を減らすことに決めました。

説明: 「deduct」はお金や費用に関連する場合に使い、会議の数を減らすという意味では使いません。この場合は「reduce」を使います。

これらのポイントを押さえることで、「deduct」を正しく使えるようになります。次のセクションでは、今日学んだことをまとめてみましょう。

 

 

まとめ

ふりかえり

今日は、ビジネス英語で頻繁に使われる「deduct」という単語について学びました。「deduct」は「控除する」や「差し引く」という意味で、主にお金や費用に関する場面で使われます。実際の会話や文章での使い方を例文で確認し、「deduct」に関連する他の英単語も一緒に覚えることで、表現の幅が広がりました。また、よくある間違いを避けるためのポイントも確認しましたね。

読者への感謝

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!この記事が、ビジネス英語のスキル向上に少しでも役立てば嬉しいです。英語の単語や表現を学ぶことは大変かもしれませんが、少しずつ積み重ねていけば、必ず力になります。これからも一緒に楽しく学びましょう!

次回もお楽しみに!何か質問や感想がありましたら、ぜひコメント欄で教えてくださいね。あなたのフィードバックが、私たちの励みになります。では、またお会いしましょう!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

スピーキングに伸び悩みを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム