実は和製英語?「ラフな〜」の英語と関連表現

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

 

こんにちは、リョウです。

今日は、「ラフな〜」の英語と関連表現についてお話します。

この記事を読めば、さらに英語感覚がアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

「ラフな〜」は英語でなんていう?

リョウ
Your dress is casual and fashionable.
あなたのドレスはラフな感じでオシャレだね。
ナオミ
I like this casual atmosphere.
このラフな雰囲気が気に入ったわ。
マイク
You can come to work in a casual wear.
ラフな格好で仕事場に来ていいですよ。

 

「ラフな〜」を英語でいうと、”casual”が一番ピッタリです。

日本語でも「カジュアルな」と言い方をしますが、それと同じですね。

冒頭の会話の3つ目では、「ラフな格好」を”casual wear”と表現していますが、こちら他にも言い方があって“casual outfit”や”casual clothes”、そして”everyday clothes”のように表現することもできます。

また、服装だけでなく、2つ目の会話のように雰囲気に対しても使われます。

 

 

ラフは和製英語?

すでにおわかりかと思いますが、「ラフ」という言葉は和製英語です。

ラフは英語だと”rough”で、意味が「ざらざらした」や「荒れた」などの意味になります。

様々な場面で使われ意味もたくさんあるのでここでは割愛しますが、コアイメージとしては「雑」です。

そうやって考えてみると「ラフな格好」の場合、「雑な服装」というところからきているのでしょう。

 

 

「ラフな〜」の反対語は?

ナオミ
I couldn’t stand that strict atmosphere.
あの堅苦しい雰囲気に耐えられなかったよ。
アイヴァン
Please come to the office in formal attire.
フォーマルな格好でオフィスに来てください。

 

雰囲気だと、堅苦しいは”strict”、または”tie”が使われます。

一方で服装になると”formal”で、フォーマルな服装を指す”attire”「服装」が使われやすいです。

 

 

合わせて覚えておきたい、”casual business”

ナオミ
I hear that more than a half of the companies in the US allow their employees to wear casual business attires.
アメリカでは半分以上の会社が従業員にセミカジュアルな服装を認めてるんだって。

 

“casual business”は、「セミカジュアル」という意味です。

ジャケットを着用したり、襟つきのシャツ、そしてネクタイは必要に応じてつけるといった感じ。

女性であれば、ワンピースや襟つきシャツにジーンズなどですかね。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、「ラフな〜」の英語と関連表現についてでした。

それでは、See you around!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。