確実な成果を出すならRYO英会話ジム

初対面でも安心!「なんと呼んだらいいですか?」の英語表現9選とその使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。初対面の場面で相手にどのように呼んでほしいかを尋ねる瞬間は、ビジネスや社交の場で重要です。そこで、今回は「なんと呼んだらいいですか?」というシチュエーションに焦点を当て、英語での表現とその使い方を解説します。それではまいりましょう。

 

 

英語表現

What should I call you?

新しい社員が入り…

リョウ
I’m Ryo Yokota. Nice to meet you.
ヨコタリョウです。よろしく。
マイク
Nice to meet you, too. What should I call you?
こちらこそよろしく。なんて呼べばいいですか?

 

 

「〜した方がいいですか?」は、「should I 〜?」という形で質問する際に、アドバイスや提案を求める意図で使われます。この表現に疑問詞「何」を加えることで、「あなたをどのように呼ぶのが適切ですか?」という問いに変わります。続いて、「call」について説明します。

「call」は、多くの方が知っている「電話をかける」という意味だけでなく、「〜と呼ぶ」という意味でも使われます。ここでは、「call 人 ニックネーム」の構造を用いて、「ある人をあるニックネームで呼ぶ」という意味になります。重要なのは、「ニックネーム」が疑問文で先頭に来る形式に変化している点です。

What can I call you?

パーティーで…

マイク
What can I call you?
何て呼んだらいい?

 

 

「What can I call you?」は、「あなたを何と呼んだらいいですか?」という意味です。この質問は、相手の好ましい呼び名や、相手がどのような呼称を好むかを尋ねる際に使われます。対話の中で礼儀正しく相手にその人が好む呼び方を尋ねたいときに便利なフレーズです。

Can I call you 〜?

マイク
Can I call you 〜?
〜と呼んでいい?

 

 

「Can I call you 〜?」は、「あなたを〜と呼んでもいいですか?」という意味です。このフレーズは、相手に特定の名前やニックネームで呼ぶ許可を求める際に使用されます。これは、相手に敬意を示し、その人がその名前やニックネームで呼ばれることに同意しているかを確認する礼儀正しい方法です。

What name do you go by?

マイク
What name do you go by?
何ていう名前で通ってるの?

 

 

「What name do you go by?」は、「あなたは何という名前で通っていますか?」や「どの名前を使っていますか?」という意味になります。この質問は、相手が普段使っている名前や、自分を呼んでもらいたい名前が何であるかを尋ねる際に用いられます。特に、公式な名前と異なるニックネームや好まれる名前を持つ人に対して使われることが多いです。

 

What would you like to be called?

マイク
What would you like to be called?
何とお呼びしたらよろしいですか?

 

 

「What would you like to be called?」は、「あなたは何と呼ばれたいですか?」という意味です。この質問は、相手の好みや希望に基づいて、どの名前や称号で呼ぶべきかを尋ねる際に使用されます。これは特に、相手に対する敬意を表し、彼らの個人的な選択や好みを尊重する意志を示す場合に役立ちます。

Is it okay if I call you 〜?

マイク
Is it okay if I call you 〜?
〜と呼んでもよろしいですか?

 

 

「Is it okay if I call you 〜?」は、「〜と呼んでも大丈夫ですか?」という意味です。このフレーズは、特定の名前やニックネームで相手を呼ぶことについて許可を求めたり、相手がそれに快適かどうかを確認したりする際に使われます。対話中にこのように尋ねることは、相手に敬意を払い、彼らの好みや意向を尊重する姿勢を示します。

How may I address you?

お客さんへ…

マイク
How may I address you?
どのようにお呼びすればよいですか?

 

 

「How may I address you?」は、「どのようにお呼びすればよろしいですか?」という意味です。この質問は、相手に対して非常に丁寧に、どの名前や敬称で呼ぶべきかを尋ねる際に用います。公式の場や、相手に対する敬意を特に示したい場合に適した表現です。これにより、相手の好みや期待に合わせた呼び方をすることができ、コミュニケーションをスムーズに進めることができます。

How would you like to be addressed?

ウィル
How would you like to be addressed?
どのようにお呼びすればよろしいでしょうか?

 

 

「How would you like to be addressed?」は、「どのように呼ばれたいですか?」という意味です。この質問は、相手が自分を呼ぶ際にどの名前や敬称を好むかを尋ねるために使用されます。特に、相手の好みや希望を尊重し、敬意を表したいときに役立つ表現です。これにより、相手が快適に感じる呼び名や敬称を確認でき、より良いコミュニケーションを図ることができます。

Is there a preferred way I should address you?

ナオミ
Is there a preferred way I should address you?
お呼びする際、ご希望がありますでしょうか?

 

 

「Is there a preferred way I should address you?」は、「お呼びする際に、何か好ましい方法はありますか?」という意味です。この質問は、相手が自分をどのように呼ばれることを好むか、あるいは特定の名前や敬称があるかを尋ねる際に用います。これは、相手の好みや希望に敬意を払い、その人が最も快適に感じる呼び方を選択するためのものです。

 

 

無料トライアル実施中

返答に使える言い回し

返答に使える表現をリストアップしますね。これらは、上述したような「どのように呼ぶか」に関する質問に対する答え方の例です。

正式な名前や敬称を希望する場合

  • 「Please, call me [Mr./Ms./Dr.] [Last Name].」
    • 「[氏/女性/博士] [苗字]とお呼びください。」
  • 「I prefer to be addressed as [Mr./Ms./Dr.] [Last Name].」
    • 「[氏/女性/博士] [苗字]と呼んでいただく方が好みです。」

ファーストネームでの呼びかけを好む場合

  • 「You can call me [First Name].」
    • 「[名前]で呼んでください。」
  • 「I’m comfortable with [First Name].」
    • 「[名前]で呼ばれることに慣れています。」

ニックネームを好む場合

  • 「Please, call me [Nickname].」
    • 「[ニックネーム]で呼んでください。」
  • 「I go by [Nickname].」
    • 「[ニックネーム]という名前で通っています。」

非常にカジュアルな呼びかけを好む場合

  • 「Oh, just [Nickname or First Name] is fine.」
    • 「ああ、[ニックネームまたは名前]で大丈夫です。」
  • 「[Nickname or First Name], please!」
    • 「[ニックネームまたは名前]、お願いします!」

特定の条件下でのみ特定の呼び方を好む場合

  • 「In professional settings, [Mr./Ms./Dr.] [Last Name], but otherwise, [First Name] is great.」
    • 「職場などの公式の場では[氏/女性/博士] [苗字]、それ以外の場では[名前]が良いです。」
  • 「At work, I prefer [Mr./Ms./Dr.] [Last Name], but outside of work, please feel free to call me [First Name/Nickname].」
    • 「仕事中は[氏/女性/博士] [苗字]と呼んでいただきたいのですが、仕事外では[名前/ニックネーム]で気軽に呼んでください。」

選択を相手に任せる場合

  • 「Whatever you’re comfortable with is fine by me.」
    • 「あなたが快適に感じる呼び方であれば、どれでも私は構いません。」
  • 「I don’t have a strong preference, so please use whatever works best for you.」
    • 「特に強い好みはありませんので、あなたにとって最適な呼び方を使ってください。」

 

 

名前のやり取りの後に使えるフレーズ

  1. Nice to meet you, [Name]. Where are you from?
    • 「[名前]さん、お会いできて嬉しいです。どちらの出身ですか?」
  2. What brings you here today, [Name]?
    • 「[名前]さん、今日は何のご用でいらっしゃいましたか?」
  3. How long have you been in [Location], [Name]?
    • 「[名前]さん、[場所]にはどのくらいの間いらっしゃいますか?」
  4. What do you do, [Name]?
    • 「[名前]さん、お仕事は何をされていますか?」
  5. It’s a pleasure to meet you, [Name]. How has your day been?
    • 「[名前]さん、お会いできて光栄です。今日はいかがお過ごしですか?」
  6. [Name], do you have any hobbies or interests?
    • 「[名前]さん、趣味や特技はありますか?」
  7. I’ve always wanted to learn more about [Topic]. What can you tell me about it, [Name]?
    • 「私はずっと[トピック]についてもっと学びたいと思っていました。[名前]さん、それについて何か教えていただけますか?」
  8. [Name], have you been to any interesting places recently?
    • 「[名前]さん、最近面白い場所に行かれましたか?」
  9. What’s your favorite thing about [City/Country], [Name]?
    • 「[名前]さん、[都市/国]のお気に入りの点は何ですか?」
  10. Do you have any recommendations on [Books/Movies/Restaurants], [Name]?
    • 「[名前]さん、[書籍/映画/レストラン]に関するおすすめはありますか?」

これらのフレーズは、新しい人との会話を始め、関心事や共通点を見つけるのに役立ちます。自然な流れで会話を続けることができ、より深いコネクションを築くきっかけになります。

 

 

日常会話のロールプレイ

Alex: Hi, I’m Alex. I just moved to the area and am looking to meet new people. What should I call you?

Jordan: Nice to meet you, Alex. I’m Jordan. Welcome to the neighborhood! How do you like it here so far?

Alex: Thanks, Jordan! It’s been great. Everyone seems really friendly. What do you do around here for fun?

Jordan: There’s a lot to do. We have some nice parks, cafes, and a community center with events. I’ll be happy to show you around sometime.

Alex: That sounds fantastic. I’d really appreciate that. Do you have any cafe recommendations?

Jordan: Absolutely. There’s one just around the corner called “The Cozy Cup.” It’s my go-to spot. Maybe we can grab a coffee there sometime?

Alex: I’d like that. It’s nice to have made a new friend already. Thanks, Jordan!

Jordan: My pleasure, Alex. Looking forward to it. Let’s exchange numbers.

和訳の自己紹介とロールプレイ

アレックス: こんにちは、私はアレックスです。この地域に引っ越してきたばかりで、新しい人々に会いたいと思っています。あなたの名前を何と呼べばいいですか?

ジョーダン: アレックス、はじめまして。私はジョーダンです。近所へようこそ!ここは今のところどうですか?

アレックス: ありがとう、ジョーダン!とてもいいですね。皆、本当に親切にしてくれます。こちらでは何をして楽しんでいますか?

ジョーダン: 楽しめることはたくさんありますよ。素敵な公園やカフェがあるし、イベントが開催されるコミュニティセンターもあります。いつかご案内しますね。

アレックス: それは素晴らしいですね。本当にありがたいです。カフェについて何かおすすめはありますか?

ジョーダン: もちろんです。角を曲がったところに「The Cozy Cup」というカフェがあります。私のお気に入りの場所です。いつか一緒にコーヒーを飲みに行きませんか?

アレックス: いいですね。もう新しい友達ができたみたいで嬉しいです。ありがとう、ジョーダン!

ジョーダン: いえいえ、アレックス。楽しみにしています。連絡先を交換しましょう。

音声

 

 

ビジネス会話のロールプレイ

Morgan: Good morning, I’m Morgan Smith, the new project manager. I’m looking forward to working with everyone here. What would you like to be called?

Taylor: Morning, Morgan! I’m Taylor Johnson, one of the software engineers. Please, just Taylor is fine. How was your first day going?

Morgan: It’s been going well, thank you. There’s a lot to learn, but I’m excited about the challenges ahead. How long have you been with the company, Taylor?

Taylor: I’ve been here for about three years now. It’s a great place to work, and I’m sure you’ll fit right in. If you have any questions about the software or the team, feel free to ask.

Morgan: Thank you, Taylor. I appreciate the warm welcome. I’m sure I’ll have plenty of questions once I get more settled in.

Taylor: No problem at all. We’re all here to support each other. Welcome aboard, Morgan!

和訳

モーガン: おはようございます、私は新しいプロジェクトマネージャーのモーガン・スミスです。こちらの皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。あなたのお名前は何とお呼びしたらよろしいですか?

テイラー: おはよう、モーガン!私はソフトウェアエンジニアの一人、テイラー・ジョンソンです。テイラーで大丈夫です。最初の日はどうでしたか?

モーガン: ありがとうございます、とても良いスタートを切ることができました。学ぶべきことがたくさんありますが、これからの課題にわくわくしています。テイラーは会社にどのくらいいらっしゃいますか?

テイラー: もう3年ほどになります。ここは働きやすい場所ですし、モーガンもすぐに馴染めると思いますよ。ソフトウェアやチームに関して何か質問があれば、遠慮なく聞いてくださいね。

モーガン: ありがとうございます、テイラー。暖かい歓迎の言葉をいただき、感謝しています。もう少し落ち着いたら、たくさん質問が出てくると思います。

テイラー: 全然問題ありません。私たちは互いを支え合っていますから。モーガン、ようこそ !

音声

 

 

関連する語彙

Address (呼び名)

  • May I know your preferred address?
  • 「お好きな呼び名はありますか?」

Title (肩書き)

  • Could you share your professional title?
  • 「プロフェッショナルな肩書きを教えていただけますか?」

Nominate (指名)

  • Would you like to nominate a name you’re comfortable with?
  • 「お好きなお名前を指名していただけますか?」

Moniker (通り名、渾名)

  • Is there a moniker you prefer?
  • 「お好きな通り名はありますか?」

 

これらの表現も利用することで、相手に対して丁寧かつ適切な質問ができます。適した表現を選ぶことで、初対面の印象を良くすることができます。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップのアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。なぜなら生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して添削することで、何が不自然で間違えているのかが一目瞭然となります。さらにその後、講師からフィードバックをもらうことで今後の改善へと繋げることが可能です。だから実践でも堂々と自信を持って話せるようになります。

プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることで効果が倍増します。特に相手になかなか上手く伝わらない方、実際に話すとなるとうまく表現できない方、そしてある程度話せるようにはなったけどそれ以上成長感が感じられない方にオススメです。

 

 

関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。初対面の瞬間でも相手に安心感を与え、適切な呼び名で接することは重要です。これらの表現を活用して、ビジネスや社交の場で円滑なコミュニケーションを築きましょう。以上が「何と呼べばいいですか?」を英語言った場合の表現でした。それではSee you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム