3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

ビジネス英語で「収益」をマスターしよう!日常で使える具体例とコツ

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. レッスン内で発言内容の見える化&添削
3. 課題を分析して目標レベルまで伴走
4. 英語コーチング業界最安値、高品質

はじめに

こんにちは!今回のブログ記事では、「収益」という言葉のビジネス英語表現とその使い方について学んでいきましょう。

本記事の目的と概要

この記事の目的は、ビジネスシーンでよく使われる「収益」に関する英語表現を理解し、実際の会話や文章で使えるようになることです。ビジネスで英語を使う機会が増えている今、正確な表現を身につけることは非常に重要です。

収益に関する基本的な説明

まず、収益とは何でしょうか?簡単に言うと、収益は「ビジネス活動から得られる全ての収入」のことを指します。例えば、製品を販売したり、サービスを提供したりして得たお金が収益にあたります。収益は、企業の経営状態を把握する上で非常に重要な指標となります。

次に、収益に関連する英語表現をいくつか紹介します。

  • Revenue(レベニュー): 収益全般を指します。
  • Income(インカム): 個人や企業が得る収入を指します。
  • Profit(プロフィット): 収益から費用を引いた「利益」を指します。

これらの表現を使いこなせるようになると、ビジネス英語のコミュニケーションがぐっとスムーズになります。この記事では、これらの表現の具体的な使い方や例文も紹介していきますので、ぜひ最後までお読みください。

 

 

無料トライアル実施中

収益の英語表現とは?

こんにちは!今回は、「収益」という言葉を英語でどのように表現するか、そしてよく使われる英語表現を見ていきましょう。

「収益」を英語でどう表現するか

「収益」を英語で表現する際に最も一般的に使われる言葉は、「Revenue(レベニュー)」です。この言葉は、企業やビジネスが得る全ての収入を指します。

例文:

  • Our company’s revenue has increased this quarter.
    (当社の収益は今四半期で増加しました。)

また、収益に関連する他の英語表現もいくつかあります。それぞれの意味と使い方を理解することで、より正確にコミュニケーションが取れるようになります。

よく使われる表現の一覧

  1. Revenue(レベニュー)
  2. Income(インカム)
  3. Profit(プロフィット)
  4. Earnings(アーニングス)
  5. Turnover(ターンオーバー)

これらの表現を使い分けることで、ビジネスの状況や文脈に応じた適切な表現ができるようになります。次のセクションでは、これらの表現を具体的にどう使うかについて詳しく見ていきましょう。

 

 

具体的な使い方

こんにちは!今回は、「収益」に関する英語表現を日常のビジネスシーンでどう使うか、具体的な例文を交えて解説していきます。

日常のビジネスシーンでの使い方

ビジネスの現場では、収益に関する会話やプレゼンテーションが頻繁に行われます。ここでは、いくつかの典型的なシチュエーションでの使い方を紹介します。

例文を交えてわかりやすく解説

1. 会議での報告

会議では、会社の収益状況について報告することがよくあります。

例文:

  • “Our revenue for the last quarter was $2 million, which is a 10% increase from the previous quarter.”
    (先の四半期の収益は200万ドルで、前の四半期から10%増加しました。)

この文では、「Revenue」を使って収益の額と成長率を報告しています。

2. プレゼンテーションでの説明

プレゼンテーションでは、収益に関するデータや分析を共有することが重要です。

例文:

  • “The company’s profit margin improved due to cost-cutting measures.”
    (コスト削減策により、会社の利益率が改善しました。)

この文では、「Profit margin」を使って、収益から費用を引いた後の利益率について説明しています。

3. 投資家との会話

投資家と話す際には、収益の成長見込みや将来の計画について説明します。

例文:

  • “We expect our earnings to grow by 15% next year due to the new product launch.”
    (新製品の発売により、来年の収益は15%増加する見込みです。)

この文では、「Earnings」を使って、将来の収益予測について話しています。

4. 予算の策定

予算策定の場面では、収益予測に基づいた計画を立てます。

例文:

  • “Our projected turnover for the next fiscal year is $10 million.”
    (次の会計年度の予測売上高は1000万ドルです。)

この文では、「Turnover」を使って、売上高の予測を述べています。

5. コミュニケーションでの利用

同僚との日常会話でも、収益に関する話題はよく出てきます。

例文:

  • “I’m happy to report that our income from online sales has doubled this month.”
    (オンライン販売からの収入が今月は倍増したことを報告できて嬉しいです。)

この文では、「Income」を使って、収入の増加を伝えています。

 

 

収益に関連する英語フレーズ

こんにちは!今回は、「収益」に関連する英語フレーズについて、「利益」や「収入」などの関連用語の解説と、それぞれの使い方とニュアンスの違いを見ていきましょう。

「利益」や「収入」などの関連用語の解説

収益に関連する英語フレーズにはさまざまなものがありますが、ここでは代表的なものをいくつか紹介します。

  1. Revenue(レベニュー)
    • 意味: 企業やビジネスの全収入。
    • 使い方: 主に企業の総収入を指します。
    • 例文: “Our company’s revenue for the year was impressive.”
      (我が社の年間収益は素晴らしいものでした。)
  2. Profit(プロフィット)
    • 意味: 収益から費用を引いた純利益。
    • 使い方: 企業の収益性を示す際に使います。
    • 例文: “The company’s profit increased due to higher sales.”
      (売上増加により会社の利益が増えました。)
  3. Income(インカム)
    • 意味: 個人や企業が得る収入。
    • 使い方: 個人の収入や企業の総収入を指します。
    • 例文: “Her monthly income allows her to live comfortably.”
      (彼女の月収は快適な生活を送るのに十分です。)
  4. Earnings(アーニングス)
    • 意味: 主に企業の収益や利益。
    • 使い方: 企業の収益報告などで使われます。
    • 例文: “The company’s quarterly earnings were above expectations.”
      (会社の四半期収益は予想を上回りました。)
  5. Turnover(ターンオーバー)
    • 意味: 主に英国英語で使われる「売上高」。
    • 使い方: 売上全体を指します。
    • 例文: “The company’s annual turnover is quite high.”
      (会社の年間売上高は非常に高いです。)

それぞれの使い方とニュアンスの違い

これらの用語は、似た意味を持つものもありますが、使う場面やニュアンスに違いがあります。以下でそれぞれの違いを見ていきましょう。

  1. Revenue vs. Profit
    • Revenueは総収入を指し、費用を引く前の金額です。一方、Profitは費用を引いた後の純利益です。
    • 例文: “Our revenue increased, but our profit decreased due to higher expenses.”
      (収益は増加しましたが、費用増加のため利益は減少しました。)
  2. Income vs. Earnings
    • Incomeは個人や企業が得る全ての収入を指します。Earningsは特に企業の収益や利益を指します。
    • 例文: “Her income comes from multiple sources, including her salary and freelance work.”
      (彼女の収入は給与やフリーランスの仕事など、複数の源から得られます。)
  3. Turnover vs. Revenue
    • Turnoverは英国英語で「売上高」を指し、Revenueとほぼ同じ意味ですが、地域によって使われる頻度が異なります。
    • 例文: “The company’s turnover in the UK market is steadily increasing.”
      (その会社の英国市場での売上高は着実に増加しています。)

 

 

よくある間違いとその対策

こんにちは!今回は、「収益」に関する英語表現で日本人がよく間違えるポイントと、その対策について解説します。正しい使い方のコツを押さえることで、ビジネス英語をより効果的に使えるようになります。

日本人がよく間違えるポイント

  1. RevenueとProfitの混同
    • 間違い: 「Revenue」を「利益」として使う。
    • : “Our revenue this month was very high because we cut costs.”
      (費用を削減したため、今月の収益が非常に高かったです。)
    • 説明: 「Revenue」は総収入を指し、「Profit」は費用を引いた後の利益を指します。この例では、「Revenue」ではなく「Profit」を使うべきです。
    • 正しい使い方: “Our profit this month was very high because we cut costs.”
      (費用を削減したため、今月の利益が非常に高かったです。)
  2. IncomeとEarningsの誤用
    • 間違い: 「Income」と「Earnings」を同じ意味で使う。
    • : “The company’s income report shows a significant increase.”
      (その会社の収入報告は大幅な増加を示しています。)
    • 説明: 「Income」は個人や企業が得る収入全体を指しますが、「Earnings」は特に企業の収益や利益を指します。この例では、「Earnings」を使うべきです。
    • 正しい使い方: “The company’s earnings report shows a significant increase.”
      (その会社の収益報告は大幅な増加を示しています。)
  3. TurnoverとRevenueの誤解
    • 間違い: 「Turnover」を「人事異動」として理解する。
    • : “The turnover of our staff is high this year.”
      (今年のスタッフの売上高が高いです。)
    • 説明: 「Turnover」は英国英語で「売上高」を意味しますが、米国英語では「人事異動」や「離職率」を意味します。この文脈では、混乱が生じます。
    • 正しい使い方: “The revenue of our company is high this year.”
      (今年の我が社の収益は高いです。)

正しい使い方のコツ

  1. 用語の意味を明確にする
    • 各用語の定義と使い方を理解し、文脈に応じて適切に使うようにしましょう。
    • : “Revenue”は総収入、”Profit”は純利益、”Income”は収入全体、”Earnings”は企業の収益や利益、”Turnover”は売上高。
  2. 例文を参考にする
    • 正しい例文を多く読むことで、自然な使い方を身につけることができます。
    • : “Our company’s revenue has increased this year.”
      (今年の我が社の収益は増加しました。)
  3. 実際に使ってみる
    • 学んだ表現を実際のビジネスシーンで使ってみることで、定着させることができます。
    • : プレゼンテーションや会議で「Revenue」や「Profit」を使った報告を行う。
  4. フィードバックを受ける
    • 英語を話す同僚や友人に、自分の表現を確認してもらい、フィードバックを受けることも効果的です。

 

 

まとめ

本記事の要点まとめ

これまでの記事で、「収益」に関する英語表現とその使い方について学んできました。ここで本記事の要点をまとめます。

  1. 収益の英語表現
    • Revenue(レベニュー): 企業やビジネスの全収入
    • Profit(プロフィット): 収益から費用を引いた純利益
    • Income(インカム): 個人や企業が得る収入全体
    • Earnings(アーニングス): 主に企業の収益や利益
    • Turnover(ターンオーバー): 主に英国英語で使われる「売上高」
  2. 具体的な使い方
  • 会議での報告: “Our revenue for the last quarter was $2 million.”
    「前四半期の収益は200万ドルでした。」
  • プレゼンテーションでの説明: “The company’s profit margin improved due to cost-cutting measures.”
    「コスト削減策により、会社の利益率が改善しました。」
  • 投資家との会話: “We expect our earnings to grow by 15% next year.”
    「来年は収益が15%増加する見込みです。」
  • 予算の策定: “Our projected turnover for the next fiscal year is $10 million.”
    「次の会計年度の売上高予測は1,000万ドルです。」

コミュニケーションでの利用: “I’m happy to report that our income from online sales has doubled this month.”
「今月のオンライン販売による収益が倍増したことを報告できることを嬉しく思います。」

  1. 収益に関連する英語フレーズ
    • Revenue vs. Profit: 総収入と純利益の違い
    • Income vs. Earnings: 個人の収入と企業の収益の違い
    • Turnover vs. Revenue: 売上高の地域差による表現の違い
  2. よくある間違いとその対策
    • RevenueとProfitの混同: 総収入と純利益の区別
    • IncomeとEarningsの誤用: 個人収入と企業収益の違いを理解する
    • TurnoverとRevenueの誤解: 売上高と離職率の区別

応援メッセージ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!ビジネス英語の学習は一歩ずつ積み重ねることが大切です。今回学んだ「収益」に関する英語表現を、ぜひ日常のビジネスシーンで使ってみてください。最初は難しく感じるかもしれませんが、継続することで必ずスキルが向上します。

あなたの努力が実を結び、ビジネス英語のスキルがさらに向上することを心から応援しています。頑張ってくださいね!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

スピーキングに伸び悩みを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム