3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「Wait, what?」ってどういう意味? 驚きの英語フレーズを使いこなそう!

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. レッスン内で発言内容の見える化&添削
3. 課題を分析して目標レベルまで伴走
4. 英語コーチング業界最安値、高品質

“Wait, what?”とは?

このフレーズの基本的な意味

“Wait, what?” は、英語で驚きや混乱を表現するためのとてもカジュアルなフレーズです。このフレーズは、何か予想外のことを聞いたり、理解できないことを聞いたりしたときに使います。例えば、誰かが信じられないようなニュースを伝えたときや、思ってもみなかった事実を聞いたときに使うことが多いです。

“Wait” は「ちょっと待って」という意味で、話の流れを止める役割を果たします。一方で “what?” は「何?」という意味で、相手の言ったことに対する驚きや疑問を表現しています。この二つを組み合わせることで、「え?ちょっと待って、今何て言ったの?」というニュアンスを伝えることができます。

日本語での訳例

“Wait, what?” を日本語に訳すと、以下のような表現になります:

  • 「え、何て言ったの?」
  • 「ちょっと待って、今なんて?」
  • 「え、どういうこと?」

これらの訳例は、全て相手の言ったことに対する驚きや疑問を表現しています。このフレーズは、驚いたり、混乱したりしたときにとても役立つので、ぜひ日常会話で使ってみてください。

 

 

無料トライアル実施中

使う場面は?

驚いた時

驚いたときに “Wait, what?” を使うことで、自分の驚きを相手に伝えることができます。例えば:

例文:

A: “I just won the lottery!”

B: “Wait, what? You won the lottery?”

和訳: A: 「宝くじに当たったよ!」 B: 「え、何て?宝くじに当たったの?」

聞き返したい時

相手の言ったことをもう一度聞きたいときにも、このフレーズは便利です。例えば:

例文:

A: “The meeting is rescheduled to tomorrow.”

B: “Wait, what? The meeting is tomorrow?”

和訳: A: 「会議が明日に変更されたよ。」 B: 「ちょっと待って、何て?会議が明日?」

理解できなかった時

相手の話が理解できなかったときにも、このフレーズを使って再確認できます。例えば:

例文:

A: “We need to reduce our budget by 50%.”

B: “Wait, what? By how much?”

和訳: A: 「予算を50%削減しなければならない。」 B: 「え、何て?どれくらい?」

これらの例文と和訳を参考にして、驚いたときや聞き返したいとき、理解できなかったときに「Wait, what?」を使ってみてください。会話がスムーズに進み、より自然なコミュニケーションが取れるようになります。

 

 

具体的な使い方の例

会話の中での具体的な使用例

「Wait, what?」はカジュアルな会話の中でよく使われます。特に友人や家族との会話で、その場の流れを止めて驚きを表現する際に便利です。以下に具体的な会話の例を挙げます。

例1:

A: “I saw Tom at the mall yesterday, and he said he’s moving to Australia next month.”

B: “Wait, what? Tom is moving to Australia?”

和訳: A: 「昨日、モールでトムに会ったんだけど、彼が来月オーストラリアに引っ越すって言ってたよ。」 B: 「え、何て?トムがオーストラリアに引っ越すの?」

例2:

A: “We have a surprise test tomorrow.”

B: “Wait, what? A surprise test?”

和訳: A: 「明日サプライズテストがあるよ。」 B: 「ちょっと待って、何て?サプライズテスト?」

シチュエーション別の例文

驚いた時

例文:

A: “I just got promoted to manager.”

B: “Wait, what? You got promoted?”

和訳: A: 「私、マネージャーに昇進したよ。」 B: 「え、何て?昇進したの?」

聞き返したい時

例文:

A: “The dinner reservation is at 8 PM, not 7 PM.”

B: “Wait, what? It’s at 8 PM?”

和訳: A: 「夕食の予約は7時じゃなくて8時だよ。」 B: 「ちょっと待って、何て?8時なの?」

理解できなかった時

例文:

A: “We need to finish this project by next Monday.”

B: “Wait, what? By when?”

和訳: A: 「このプロジェクトを来週の月曜日までに終わらせる必要があるよ。」 B: 「え、何て?いつまでに?」

これらのシチュエーション別の例文を参考にして、「Wait, what?」の使い方を練習してみてください。日常会話で使うことで、自然に驚きや疑問を表現できるようになります。

 

 

似た表現との違い

「Wait, what?」と似た表現には「Excuse me?」や「Sorry, what?」がありますが、それぞれ微妙に使い方やニュアンスが異なります。

“Excuse me?” との違い

“Excuse me?”

  • 意味: 「すみません、何て言いましたか?」という意味で、相手の言ったことが聞こえなかったり、理解できなかったりしたときに使います。
  • ニュアンス: 「Excuse me?」は「Wait, what?」よりもフォーマルで、礼儀正しい表現です。特に知らない人やビジネスの場面で使うことが多いです。

例文: A: “The meeting is at 3 PM.” B: “Excuse me? What time did you say?”

和訳: A: 「会議は午後3時です。」 B: 「すみません、何時に言いましたか?」

「Wait, what?」との違い

  • 「Wait, what?」はもっとカジュアルで、驚きを含んでいることが多いです。一方、「Excuse me?」は単に聞き返すための表現です。

“Sorry, what?” との違い

“Sorry, what?”

  • 意味: 「ごめんなさい、何て言いましたか?」という意味で、相手の言ったことが聞こえなかったり、理解できなかったりしたときに使います。
  • ニュアンス: 「Sorry, what?」は「Wait, what?」よりも少しフォーマルで、丁寧な表現です。カジュアルな場面でも使えますが、少し礼儀正しい感じがあります。

例文: A: “We need to submit the report by Friday.” B: “Sorry, what? By when?”

和訳: A: 「報告書を金曜日までに提出する必要があります。」 B: 「ごめんなさい、何て?いつまでに?」

「Wait, what?」との違い

  • 「Wait, what?」は驚きや混乱を表現するのに対し、「Sorry, what?」は単に聞き返すだけの意味合いが強いです。驚きや混乱が含まれていないため、礼儀正しい印象を与えます。

これらの違いを理解することで、場面に応じて適切なフレーズを使い分けることができるようになります。日常会話やビジネスシーンで、それぞれのフレーズを使い分けてみてください。

 

 

まとめ

“Wait, what?”の使い方のポイント

  1. 驚きや混乱を表現する: “Wait, what?”は驚いたり、混乱したりしたときに使うフレーズです。例えば、信じられないニュースを聞いたときなどに使います。
  2. カジュアルな場面で使用: このフレーズはとてもカジュアルなので、友人や家族との会話で使うのが適しています。ビジネスの場面やフォーマルな場面では、より丁寧なフレーズを選びましょう。
  3. 会話の流れを止める: “Wait”で会話の流れを一時的に止め、”what?”で相手の言ったことに対する驚きや疑問を表現します。
  4. 聞き返したいときや理解できなかったときにも有効: 単に驚くだけでなく、相手の言ったことをもう一度確認したいときや、理解できなかったときにも使えます。

読者への応援メッセージ

「Wait, what?」は英語のカジュアルな表現の一つで、驚きや混乱を表現するのにとても便利です。このフレーズを使うことで、友人や家族との会話がもっと楽しく、自然なものになるでしょう。英語の会話に自信がない方も、ぜひ積極的に使ってみてください。小さな一歩が大きな進歩につながります!

皆さんの英語学習を応援しています。新しいフレーズを学ぶことは、言語の魅力を発見する素晴らしい機会です。頑張ってくださいね!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

スピーキングに伸び悩みを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム