3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「easy-peasy」の意味と使い方を徹底解説!

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. レッスン内で発言内容の見える化&添削
3. 課題を分析して目標レベルまで伴走
4. 英語コーチング業界最安値、高品質

「easy-peasy」ってどんな意味?

皆さんは「easy-peasy」という英語表現を聞いたことがありますか?この表現は、特にカジュアルな会話でよく使われる言葉です。今回は「easy-peasy」の意味とその使い方について詳しく解説します。

「easy-peasy」の基本的な意味

「easy-peasy」は、とても簡単なことや楽勝なことを表現する際に使われるフレーズです。直訳すると「とっても簡単」という意味になります。子供向けの言葉としても使われることがあり、その響きからも親しみやすさが感じられます。

「簡単」「楽勝」などの意味を持つ言葉

「easy-peasy」は「簡単」や「楽勝」を意味する言葉です。例えば、日本語で「こんなの朝飯前だよ」というようなニュアンスで使うことができます。以下の例文を見てみましょう。

例文

  1. That math problem was easy-peasy!
  2. Making this recipe is easy-peasy.

「easy-peasy」は、ちょっとした自信や余裕を感じさせる表現です。何かが難しくなく、簡単にできるときに使ってみてください。

このように「easy-peasy」は日常会話で頻繁に使われる便利な表現です。ぜひ皆さんも覚えて、会話に取り入れてみてください!

 

 

無料トライアル実施中

「easy-peasy」の使い方

「easy-peasy」は、日常会話で「とても簡単」「楽勝」といった意味を表現するのに使われるフレーズです。ここでは、その具体的な使い方と例文を紹介します。

日常会話での具体的な使い方

「easy-peasy」は、何かが非常に簡単であることを強調したいときに使います。特に、簡単であることをアピールしたい場面や、自信を持って「これは簡単だよ」と言いたいときに便利です。

例えば、次のようなシチュエーションで使います:

  • 友達にとって簡単な作業や課題について話すとき
  • 料理やDIYプロジェクトなどの手順が簡単なことを説明するとき
  • 子供に何かを説明するとき

例文を使ってわかりやすく説明

例文1: 友達との会話

A: How was your math test today?
(今日の数学のテストどうだった?)

B: It was easy-peasy! I finished it in 20 minutes.
(楽勝だったよ!20分で終わった。)

例文2: 料理の説明

A: Is it difficult to make this cake?
(このケーキ作るの難しい?)

B: Not at all, it’s easy-peasy. You just need a few ingredients and follow the steps.
(全然、楽勝だよ。材料を少し用意して手順に従えばいいだけ。)

例文3: 子供への説明

Parent: Can you tie your shoes by yourself?
(自分で靴のひも結べる?)

Child: Yes, it’s easy-peasy, Mom!
(うん、簡単だよ、ママ!)

このように、「easy-peasy」は、何かがとても簡単であることを伝えるのに最適なフレーズです。カジュアルな場面で使われることが多いため、親しい友人や家族との会話でよく使います。

「easy-peasy」を使うことで、リラックスした雰囲気を作り出し、相手に対して安心感を与えることができます。ぜひ、日常会話に取り入れてみてくださいね。

 

 

「easy-peasy」を使う時のポイント

「easy-peasy」は、「とても簡単」「楽勝」といった意味を表すカジュアルな表現です。使い方に関していくつかのポイントを押さえておくことで、自然に会話に取り入れることができます。ここでは、どんなシチュエーションで使えるかや、注意すべき点について解説します。

どんなシチュエーションで使えるかを解説

「easy-peasy」は、特に次のようなシチュエーションで使われます:

  1. 簡単な作業や課題について話すとき
    • 例えば、学校や職場でのテストやプロジェクトが簡単だったときに使えます。
    • 例: “That math problem was easy-peasy!”
  2. 料理やDIYなどの手順を説明するとき
    • 料理のレシピやDIYプロジェクトが簡単であることを説明する際に使えます。
    • 例: “Making this recipe is easy-peasy.”
  3. 子供に何かを説明するとき
    • 子供に対して簡単な作業やルールを説明する際に使えます。
    • 例: “Tying your shoes is easy-peasy!”
  4. 友人とのカジュアルな会話
    • 親しい友人とのカジュアルな会話で、簡単なことを表現するときに使えます。
    • 例: “Don’t worry about the assignment, it’s easy-peasy.”

注意すべき点(カジュアルな場面での使用が主)

「easy-peasy」を使う際には、次の点に注意しましょう:

  1. フォーマルな場面では避ける
    • 「easy-peasy」は非常にカジュアルな表現であるため、ビジネスミーティングや正式なプレゼンテーションなどのフォーマルな場面では避けた方が良いです。代わりに「very easy」や「simple」などの表現を使いましょう。
  2. 親しい相手に使う
    • 親しい友人や家族との会話で使うのが一般的です。初対面の人や目上の人との会話では、別の表現を選ぶ方が無難です。
  3. 場面に応じた適切な表現を選ぶ
    • シチュエーションによっては、他のカジュアルな表現も考慮しましょう。「piece of cake」や「a walk in the park」なども同じような意味で使えます。

「easy-peasy」を上手に使いこなすことで、英会話における表現の幅が広がります。カジュアルな会話で自然に使えるように、普段から練習してみてください。

 

 

「easy-peasy」と似た表現

英語には「easy-peasy」と同じように、簡単なことを表現するフレーズがいくつかあります。ここでは、「piece of cake」や「a walk in the park」などの類似表現を紹介し、それぞれの使い方やニュアンスの違いについて解説します。

「piece of cake」

意味と使い方

「piece of cake」は、直訳すると「ケーキの一切れ」という意味ですが、比喩的に「とても簡単なこと」を表します。この表現は、「easy-peasy」と同じように、何かが簡単であることを強調したいときに使われます。

例文

  1. That exam was a piece of cake.
    • あの試験はとても簡単だった。
  2. Once you know the basics, programming is a piece of cake.
    • 基本を知ってしまえば、プログラミングはとても簡単だ。

「a walk in the park」

意味と使い方

「a walk in the park」は、直訳すると「公園の散歩」という意味ですが、比喩的に「とても簡単で楽しいこと」を表します。何かが全く難しくなく、リラックスしてできることを強調する際に使われます。

例文

  1. Compared to my previous job, this one is a walk in the park.
    • 前の仕事と比べて、この仕事はとても簡単だ。
  2. Fixing the bike was a walk in the park for him.
    • 彼にとって自転車を修理するのはとても簡単なことだった。

ニュアンスの違い

「easy-peasy」

  • カジュアルで親しみやすい表現:特に子供向けの言葉として使われることも多く、軽い感じのニュアンスがあります。

「piece of cake」

  • 簡単であることを強調:この表現もカジュアルですが、大人の会話でもよく使われます。簡単であることを強調したいときに便利です。

「a walk in the park」

  • リラックスしてできることを強調:この表現は、簡単であるだけでなく、楽しさやリラックスした感覚を伴う場合に使われます。少し余裕を感じさせるニュアンスがあります。

これらの表現を使い分けることで、英語の会話における表現の幅が広がります。それぞれのニュアンスを理解して、シチュエーションに応じて適切に使い分けてみてください。

 

 

まとめ

「easy-peasy」の意味と使い方を再確認

「easy-peasy」は、とても簡単なことや楽勝なことを表現する際に使われるカジュアルな英語表現です。特に、以下のポイントを押さえておきましょう:

  • 意味:非常に簡単、楽勝という意味。
  • 使い方:カジュアルな会話で、簡単なことを強調する際に使う。
  • 例文
    • That math problem was easy-peasy!
      • あの数学の問題は楽勝だったよ!
    • Making this recipe is easy-peasy.
      • このレシピを作るのはとっても簡単だよ。

実際の会話で積極的に使ってみることを推奨

「easy-peasy」を使いこなすためには、日常会話の中で積極的に取り入れてみることが大切です。以下の点を意識して、実際の会話で使ってみましょう:

  1. カジュアルな場面で使う
    • 友達や家族との会話、簡単な作業や課題について話すときに使ってみましょう。
  2. 自信を持って使う
    • 「easy-peasy」を使うことで、自信を持って「これは簡単だ」と伝えることができます。
  3. 他の類似表現も試してみる
    • 「piece of cake」や「a walk in the park」といった類似表現も併せて覚え、シチュエーションに応じて使い分けると、表現の幅が広がります。

例文を使って練習する

実際に「easy-peasy」を使う練習をするために、以下の例文を参考にしてみてください:

  1. That test was easy-peasy!
    • あのテストは楽勝だった!
  2. Learning how to use this app is easy-peasy.
    • このアプリの使い方を覚えるのはとても簡単だよ。
  3. Helping her with her homework was easy-peasy.
    • 彼女の宿題を手伝うのは簡単だった。

これらのフレーズを使いこなして、「easy-peasy」を自然に会話に取り入れてみてください。英語学習がさらに楽しく、身近なものになるはずです。

 

 

読者への感謝

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

「easy-peasy」の意味と使い方について理解を深めていただけたでしょうか?この表現を使うことで、日常英会話がより楽しく、スムーズになることを願っています。ぜひ、実際の会話で積極的に使ってみてくださいね。

皆さんからのフィードバックや質問は大歓迎です。コメント欄やお問い合わせフォームからお気軽にお知らせください。今後も役立つ英語表現や学習方法を紹介していきますので、お楽しみに!

それでは、また次の記事でお会いしましょう!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

スピーキングに伸び悩みを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム