3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「Don’t be shy.」を自然に使いこなそう!英会話フレーズの使い方講座

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. レッスン内で発言内容の見える化&添削
3. 課題を分析して目標レベルまで伴走
4. 英語コーチング業界最安値、高品質

はじめに

こんにちは!今日は英会話の中でよく使われる表現、「Don’t be shy.」についてお話しします。このフレーズを聞いたことがあるかもしれませんが、実際にどのような場面で使うのか、そしてどんな意味があるのかを詳しく説明します。

「Don’t be shy.」は直訳すると「恥ずかしがらないで」という意味です。日常会話の中で、友達や同僚が「もっと積極的に話してほしい」と感じたときに使われることが多いです。英語を勉強している皆さんにとっても、使いやすく覚えやすいフレーズなので、ぜひ活用してみてください。

このブログでは、「Don’t be shy.」の意味や使い方を具体例とともに紹介します。英会話のスキルアップに役立つ情報をお届けしますので、どうぞ最後までお付き合いくださいね。

 

 

無料トライアル実施中

「Don’t be shy.」の基本的な意味

英語の直訳と日本語訳

「Don’t be shy.」を直訳すると「恥ずかしがらないで」という意味です。このフレーズは、相手に対してもっと自信を持って行動するよう促すときに使われます。例えば、友達が何かを質問したり意見を言ったりするのをためらっている場合、「Don’t be shy.」と言って勇気づけることができます。

どんな場面で使われるか

「Don’t be shy.」は、日常生活のさまざまな場面で使われます。友達同士のカジュアルな会話だけでなく、ビジネスシーンや新しい人との出会いの場でも役立ちます。以下に具体的な例文をいくつか紹介します。

例文 1: 友達同士の会話

英語:

Friend 1: “I want to ask the teacher a question, but I’m too nervous.”

Friend 2: “Don’t be shy. Go ahead and ask!”

和訳: 友達1: 「先生に質問したいんだけど、緊張しちゃって。」 友達2: 「恥ずかしがらないで。行って聞いてみなよ!」

例文 2: ビジネスシーン

英語:

Colleague 1: “I have an idea for the project, but I’m not sure if it’s good.”

Colleague 2: “Don’t be shy. Share your idea with the team.”

和訳: 同僚1: 「プロジェクトにアイデアがあるんだけど、いいかどうか分からなくて。」 同僚2: 「恥ずかしがらないで。チームにアイデアを共有してみて。」

例文 3: 新しい人との出会い

英語:

Person 1: “I don’t know anyone at this party.”

Person 2: “Don’t be shy. Let’s go introduce ourselves.”

和訳: 人1: 「このパーティーで誰も知らないんだ。」 人2: 「恥ずかしがらないで。自己紹介しに行こう。」

「Don’t be shy.」を使うことで、相手に自信を持たせ、積極的に行動するよう促すことができます。これからの英会話でぜひ使ってみてください。

 

 

発音とイントネーションのコツ

「Don’t be shy.」をネイティブらしく発音するためのポイントをいくつか紹介します。発音とイントネーションを意識することで、より自然な英語を話せるようになります。

ネイティブらしい発音方法

  1. Don’t
    • 発音: /doʊnt/(ドウント)
    • ポイント: 「ドウ」の部分をしっかりと伸ばし、「ント」の部分を軽く発音します。「t」を強く発音しすぎないように気をつけましょう。
  2. be
    • 発音: /biː/(ビー)
    • ポイント: 「ビー」としっかり発音します。「be」は短くならず、しっかりと「ビー」と言いましょう。
  3. shy
    • 発音: /ʃaɪ/(シャイ)
    • ポイント: 「シャ」の部分をはっきり発音し、「イ」を短くします。「sh」は「シ」と発音せず、やや口をすぼめて「シャ」に近い音を出します。

イントネーションのポイント

「Don’t be shy.」は全体的に優しいトーンで言うことが大切です。次のようなイントネーションを意識しましょう。

  1. イントネーションの流れ
    • 「Don’t」: ここはやや強調して、少し上がり調子で発音します。ネイティブは最初の部分に少し力を入れます。
    • 「be」: 少し中立的なトーンで、強すぎず弱すぎず発音します。
    • 「shy」: 最後に向かって少し下がり調子で発音します。ここで優しく終わる感じを出すと良いです。
  2. 全体のリズム
    • 「Don’t be shy.」は一息で言い切るように発音します。リズムを意識しながら、軽やかに言うと自然に聞こえます。
例: イントネーションの流れ
  • 「Don’t」はやや強めに、「be」は軽く、「shy」は優しく下げて言います。

実際に声に出して練習してみると、だんだんと自然な発音とイントネーションが身についてきます。何度も繰り返し練習して、ネイティブらしい「Don’t be shy.」をマスターしましょう。

 

 

「Don’t be shy.」と似た表現

「Don’t be shy.」と同じような意味を持つ表現はいくつかあります。ここでは、「Don’t hesitate.」や「Feel free.」などの表現と、その使い分けについて説明します。

「Don’t hesitate.」

意味と使い方

「Don’t hesitate.」は「ためらわないで」という意味です。何かをすることに対して躊躇している相手に、自信を持って行動するよう促す時に使います。「Don’t be shy.」よりも少しフォーマルなニュアンスがあります。

例文と和訳

  • 英語: If you have any questions, don’t hesitate to ask.
  • 和訳: 質問があれば、遠慮せずに聞いてください。

「Feel free.」

意味と使い方

「Feel free.」は「自由にどうぞ」という意味で、相手にリラックスして行動するように促す時に使います。カジュアルな場面で使われることが多く、相手に対して何かを遠慮せずに行うように勧める表現です。

例文と和訳

  • 英語: Feel free to take any snacks from the table.
  • 和訳: テーブルの上のお菓子は自由に取ってください。

その他の類似表現とその使い分け

  1. 「Go ahead.」
    • 意味と使い方: 「どうぞ」という意味で、相手に何かをする許可を与える時に使います。カジュアルな表現です。
    • 例文と和訳:
      • 英語: If you want to try it, go ahead.
      • 和訳: 試したいなら、どうぞ。
  2. 「No problem.」
    • 意味と使い方: 「問題ない」という意味で、相手の行動に対して問題ないことを伝える時に使います。カジュアルな場面で使われます。
    • 例文と和訳:
      • 英語: Can I borrow your pen? No problem.
      • 和訳: ペンを借りてもいいですか?もちろん、どうぞ。
  3. 「It’s okay.」
    • 意味と使い方: 「大丈夫」という意味で、相手に安心して行動するように伝える時に使います。カジュアルな表現です。
    • 例文と和訳:
      • 英語: It’s okay to speak up if you have something to say.
      • 和訳: 何か言いたいことがあれば、話しても大丈夫だよ。

これらの表現を使い分けることで、相手に対して適切なタイミングで安心感や自信を与えることができます。シチュエーションに応じて、これらのフレーズを使いこなしてみましょう。

 

 

「Don’t be shy.」を使う際の注意点

「Don’t be shy.」を使うときには、いくつかのポイントに気をつけることで、誤解を避け、適切に使うことができます。

誤解を招かないための注意

  1. 相手の気持ちを考える
    • 「Don’t be shy.」は相手に対して自信を持って行動するよう促すフレーズですが、使い方によっては相手にプレッシャーを与えてしまうことがあります。特にシャイな性格の人に対しては、優しく言うように心がけましょう。
    • 例えば、相手が本当に緊張している場合は、「Take your time, but don’t be shy.」(ゆっくりでいいけど、恥ずかしがらないで)といったように、相手のペースを尊重する表現を加えると良いでしょう。
  2. 場面を選ぶ
    • 「Don’t be shy.」はカジュアルな場面で使われることが多いですが、相手との関係性や状況によっては適さないこともあります。特にフォーマルな場面やビジネスシーンでは、もう少し控えめな表現を選ぶ方が良い場合もあります。

カジュアルとフォーマルの使い分け

「Don’t be shy.」はカジュアルな表現なので、フォーマルな場面では次のような表現を使うとより適切です。

  1. カジュアルな場面での使用
    • 友達や家族との日常会話で、リラックスした雰囲気の中で使います。
    • 例文:
      • 英語: Don’t be shy. Come join us for dinner.
      • 和訳: 恥ずかしがらないで、夕食に参加してよ。
  2. フォーマルな場面での使用
    • ビジネスシーンや目上の人との会話では、もう少し丁寧な表現を使います。
    • 例文:
      • 英語: Please feel free to ask any questions you might have.
      • 和訳: 質問があれば遠慮なくお聞きください。
  3. フォーマルなシチュエーションの例
    • ビジネス会議で
      • 英語: If you have any suggestions, please don’t hesitate to share them.
      • 和訳: 提案があれば、遠慮なく共有してください。
  4. 目上の人への対応
    • 英語: If there’s anything you need, feel free to let us know.
    • 和訳: 何か必要なものがあれば、遠慮なくお知らせください。

これらの表現を使い分けることで、相手に対して適切なトーンでコミュニケーションを取ることができます。シチュエーションに応じた表現を使うことで、より効果的に「Don’t be shy.」の意味を伝えることができるでしょう。

 

 

まとめ

記事の要点整理

  1. 「Don’t be shy.」の基本的な意味
    • 直訳は「恥ずかしがらないで」という意味で、相手に自信を持って行動するよう促す表現です。
  2. 使い方の具体例
    • 日常会話やビジネスシーン、SNSなどさまざまな場面で使用できます。
    • 友達に質問を促す時や、同僚に意見を求める時など、多くのシチュエーションで活用可能です。
  3. 発音とイントネーションのコツ
    • 「Don’t」は少し強めに、「be」は軽く、「shy」は優しく下げて発音します。
    • 一息でリズムよく発音することが大切です。
  4. 類似表現とその使い分け
    • 「Don’t hesitate.」や「Feel free.」など、シチュエーションに応じた類似表現があります。
    • カジュアルとフォーマルな場面で使い分けることが重要です。
  5. 注意点
    • 相手の気持ちを考え、場面に適した表現を選ぶことが大切です。
    • フォーマルな場面では、より丁寧な表現を使うと良いでしょう。

読者への応援メッセージ

英会話を学ぶ皆さん、「Don’t be shy.」というフレーズを使いこなすことで、さらに自信を持って英語を話せるようになります。新しい表現を学ぶことは少し勇気がいるかもしれませんが、恐れずにどんどん使ってみてください。

失敗を恐れずに、積極的に英語を使うことが上達への近道です。皆さんが少しずつ自信を持って英語を話せるようになることを心から応援しています。頑張ってくださいね!

あなたの英会話スキルがさらに向上することを願っています。これからも楽しく英語を学んでいきましょう!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

スピーキングに伸び悩みを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム