「可能性」を表す役に立つ英会話フレーズ8選

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。今日は、「可能性」を表す役に立つ英会話フレーズ8選をご紹介します。この記事を読めば日本語だと同じ表現のものでも英語での可能性の度合いの違いがわかったり表現の幅がさらに広がります。それではまいりましょう。

 

 

1. It’s probably going to 〜.

可能性:

明日の天気について話していて…

ナオミ
It’s probably going to rain tomorrow.
たぶん明日は雨が降るだろうね。

 

“probably”は「おそらく」という意味で、起こる可能性が高い場合に使われる副詞です。それに加えて、ある程度決まった未来の予定を表す”be going to〜”を使っています。

 

 

2. There’s a good chance 〜.

可能性:

人事の部長と新しい応募者について話していて…

リョウ
There is a good chance that he will be hired.
彼が採用される可能性は高いね。

 

“chance”は、「機会」という意味だけで覚えてしまいがちですが、「起こる可能性」という意味でよく使われます。逆に”good”を省いて”just”を入れ下記例文のように表現すると可能性は20%ほどとなります。

リョウ
There is just a chance that he will be hired.
彼が採用される可能性は低いね。

 

 

3. In all probability, 〜

可能性:

新しい上司が部署の改革を宣言したことについて、同僚と話していて…

マイク
In all probability, nothing much will change.
おそらく、そんなに何も変わらないよ。

 

1と2の可能性の度合いよりは少し下がりますが、まだ起こる可能性としては高い場合に使います。”probablility”は「起こりそうなこと」という意味で、起こりうる全て状況に対して考えた場合、確率はこれぐらいだ、と言いたいときに使われます。

 

 

4. The odds are 〜.

可能性:

8時に待ち合わせできるか友人に聞かれて…

スタローン
The odds are I won’t make it before 8 o’clock.
たぶん8時前に間に合うと思うよ。

 

“odd”は、形容詞で「奇妙な」という意味で知られていますが、今回はその意味ではなく名詞で「機会」という意味で使われています。

 

 

5. I wouldn’t be surprised if 〜.

可能性:

やる気のない同僚について話していて…

ロバート
I wouldn’t be surprised if she quit the job
彼女が仕事をやめても全然不思議じゃないね。

 

意味は、「もし〜しても、不思議じゃない」という意味です。仮定法を使った表現で、”would”とif節の中も過去形になります。少しわかりにくいですが、”quit”は過去形も同じ形です。起こる可能性は50%ほどになります。

 

 

6. There’s a fifty-fifty chance 〜.

可能性:

今付き合っている人と結婚するか聞かれて…

ナオミ
There is a fifty-fifty chance that I will get married to him.
彼と結婚する可能性は五分五分ってとこだわ。

 

こちらも可能性としては50%です。すでに同じようなフレーズを紹介しているのでわかりやすいと思いますが、”chance”を「可能性」という意味で使っており、その前に”fifty – fifty”を置いて表現したフレーズです。

 

 

7. It’s quite likely 〜.

可能性:

マイク
It’s quite likely that we will be in Australia this time next year.
来年の今頃はオーストラリアにいるだろうね。

 

“likely”の意味は、「起こりそうな」という形容詞で、また副詞”quite”は”really”と同じ意味と考え、「とても起こりそう」なので、確率としては、70%以上といってよいでしょう。

 

 

8. may / might 〜

可能性:

パーティーの出席者について話していて…

ナオミ
He might come to the party, too.
彼もパーティーにくるかも。

 

こちらのフレーズは有名かと思いますが、可能性に関しては、どちらも30%〜50%ぐらいの間です。使い分けについては、会話では”might”のほうがよく使われ、フォーマルな場面では”may”がよく使われます。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップのアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して添削することで、何が不自然で間違えているのかが一目瞭然となります。さらにその後、講師からフィードバックをもらうことで改善へと繋げることが可能です。だから実践でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることで効果が倍増しますね。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

「可能性」に関連する記事

依頼の万能フレーズ”Can you 〜?”の意味と3つの使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が、「可能性」を表す役に立つ英会話フレーズ8選でした。それでは、See you around!

アウトプット専門オンラインスクール
無料トライアル実施中

99%の人が知らない「英会話の成功法則」で効率的に伸ばせます。お気軽に無料トライアルからお試しください

こんな方へ
・教材の読み合わせ授業に飽きた
・他の英会話スクールでは成長感がない
・なんとなくの英語学習から抜け出したい
・抽象的なことしか言えない
・会議で瞬時に思ったことを言えない
・言いたいことがなかなか伝わらない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界ぶっちぎりのアウトプット
・発言内容の見える化x添削
・寄り添うパーソナルコーチング
・豊富な48種類の実践トレーニング

今なら体験レッスンと合わせて無料コンサルテーションも(フィードバックメール付き)ご提供中!

最短で英語が話せる
スピーキング短期集中プラン

到達可能なレベルにフルコミットして最短50日〜最長6ヶ月で最も効率的に成長をフルサポートします

こんな方へ
・英語の伸び悩みを感じている
・TOEICは高得点でも話せない
・仕事でどうしても使う必要がある
・仕事で思うように英語が使えない
・独学の学習では限界を感じている

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・発言内容の見える化 X 添削
・専属の講師とコンサルタント
・レベルに合わせたカリキュラム作成
・課題と目標がわかるスピーキングテスト
・定期的なコンサルテーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクール
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出

/公式SNS/
 Youtube   Instagram   Twitter