3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「協力」のビジネス英語:成功するための効果的なフレーズ集!

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. レッスン内で発言内容の見える化&添削
3. 課題を分析して目標レベルまで伴走
4. 英語コーチング業界最安値、高品質

はじめに

記事の概要と目的

こんにちは!この記事では、ビジネスでよく使われる「協力」の英語表現とその使い方についてお話しします。ビジネスの現場では、チームメイトや上司、クライアントなど、さまざまな人々と協力することが大切です。そのため、適切な英語表現を知っていると、コミュニケーションがスムーズになります。この記事を読むことで、具体的な場面でどのように「協力」を求めるかが分かり、英語でのやり取りがもっと自信を持ってできるようになるでしょう。

ビジネスでの「協力」の重要性とは?

ビジネスの世界では、一人でできることには限りがあります。プロジェクトを成功させるためには、チーム全体で協力し合うことが必要です。協力することで、お互いの強みを活かし、効率よく仕事を進めることができます。また、協力を依頼する際に適切な言葉を使うと、相手も気持ちよく引き受けてくれるでしょう。

たとえば、新しいプロジェクトを始めるとき、チームメイトの意見を聞いたり、助けを求めたりすることがよくあります。そんなとき、英語で「協力」をお願いするフレーズを知っていると便利です。また、上司に進捗状況を報告する際にも、協力の成果をうまく伝えることで、信頼関係を築くことができます。

これから、具体的な英語表現や実際の会話例を通じて、どのように「協力」を依頼するかを学んでいきましょう。ビジネスシーンで使えるフレーズを身につけて、より良いコミュニケーションを目指しましょう。

 

 

無料トライアル実施中

基本的な「協力」の英語表現

「協力」を表す英単語とその意味

ビジネスシーンで「協力」を表す英単語はいくつかあります。ここでは、代表的な単語とその意味を紹介します。

  1. Cooperate(コオペレート)
  2. Collaborate(コラボレート)
  3. Assist(アシスト)
  4. Support(サポート)

よく使われるフレーズ紹介

具体的なビジネスシーンで使える、協力をお願いするフレーズをいくつか紹介します。

  1. Could you help me with…?
  2. I would appreciate your assistance with…
  3. Can we work together on…?
  4. Let’s team up to…
  5. Would you be able to assist me with…?
  6. Your collaboration on this matter would be greatly appreciated.

これらのフレーズを使うことで、ビジネスの場面で効果的に「協力」をお願いすることができます。自分の状況に合ったフレーズを選んで、ぜひ実際の会話で活用してみてください。

 

 

具体的なシチュエーション別表現

ミーティングでの協力の表現

ミーティング中に協力を依頼する際には、明確かつ丁寧にお願いすることが大切です。以下は、ミーティングで使えるフレーズです。

  1. Let’s work together to achieve our goals.
    • 意味:目標を達成するために一緒に働きましょう。
    • 例文:Let’s work together to achieve our sales targets for this quarter.
      (今四半期の販売目標を達成するために一緒に働きましょう。)
  2. I need everyone’s input on this matter.
    • 意味:この件について皆さんの意見が必要です。
    • 例文:I need everyone’s input on the new project plan.
      (新しいプロジェクト計画について皆さんの意見が必要です。)
  3. Can we collaborate on finding a solution for this issue?
    • 意味:この問題の解決策を見つけるために協力できますか?
    • 例文:Can we collaborate on finding a solution for the customer complaint?
      (顧客の苦情の解決策を見つけるために協力できますか?)
  4. I would appreciate your support in this discussion.
    • 意味:この議論においてご支援いただけるとありがたいです。
    • 例文:I would appreciate your support in this discussion to ensure we cover all important points.
      (重要な点をすべてカバーするために、この議論においてご支援いただけるとありがたいです。)

メールでの協力のお願い

メールで協力をお願いする場合は、相手が理解しやすく、明確に依頼内容を伝えることが重要です。以下は、メールで使えるフレーズです。

  1. Could you please assist me with…?
    • 意味:〜を手伝っていただけますか?
    • 例文:Could you please assist me with preparing the quarterly report?
      (四半期報告書の準備を手伝っていただけますか?)
  2. I would greatly appreciate your help with…
    • 意味:〜についてご協力いただけると非常にありがたいです。
    • 例文:I would greatly appreciate your help with the client presentation.
      (クライアントへのプレゼンテーションについてご協力いただけると非常にありがたいです。)
  3. We are looking for your support on…
    • 意味:〜についてご支援をお願いしています。
    • 例文:We are looking for your support on the upcoming marketing campaign.
      (次のマーケティングキャンペーンについてご支援をお願いしています。)
  4. Your expertise in this area would be invaluable.
    • 意味:この分野でのあなたの専門知識は非常に貴重です。
    • 例文:Your expertise in this area would be invaluable for our new project.
      (この分野でのあなたの専門知識は、私たちの新しいプロジェクトにとって非常に貴重です。)

プレゼンテーションでの協力の依頼

プレゼンテーション中に協力を依頼する場合は、明確にポイントを伝え、具体的な協力内容を説明することが大切です。以下は、プレゼンテーションで使えるフレーズです。

  1. I would like to ask for your collaboration on…
    • 意味:〜についてご協力をお願いしたいと思います。
    • 例文:I would like to ask for your collaboration on developing our new product line.
      (新しい製品ラインの開発についてご協力をお願いしたいと思います。)
  2. Your input will be crucial for the success of this project.
    • 意味:このプロジェクトの成功には、あなたの意見が非常に重要です。
    • 例文:Your input will be crucial for the success of this project, especially in the design phase.
      (特に設計段階で、このプロジェクトの成功にはあなたの意見が非常に重要です。)
  3. Can we count on your support to move forward with this plan?
    • 意味:この計画を進めるためにあなたのサポートを頼りにしてよいですか?
    • 例文:Can we count on your support to move forward with this new marketing strategy?
      (この新しいマーケティング戦略を進めるためにあなたのサポートを頼りにしてよいですか?)
  4. We need your expertise to ensure we cover all aspects.
    • 意味:すべての側面をカバーするためにあなたの専門知識が必要です。
    • 例文:We need your expertise to ensure we cover all aspects of the project, including risk management.
      (リスク管理を含め、プロジェクトのすべての側面をカバーするためにあなたの専門知識が必要です。)

これらのフレーズを参考に、具体的なシチュエーションに合わせて使ってみてください。ビジネスシーンでの協力をスムーズに進めるための役に立つでしょう。

 

 

実際の会話例

同僚に協力をお願いする場合

状況:新しいプロジェクトのために同僚の協力をお願いする。

会話例

あなた:Hi Tom, do you have a moment?
(こんにちは、トム。ちょっと時間ある?)

同僚(Tom):Sure, what’s up?
(もちろん、どうしたの?)

あなた:We have a new project coming up, and I could really use your expertise on the market research part. Could you help me out with that?
(新しいプロジェクトが始まるんだけど、市場調査の部分で君の専門知識が必要なんだ。手伝ってくれる?)

同僚(Tom):Of course, I’d be happy to help. When do you need it by?
(もちろん、喜んで手伝うよ。いつまでに必要?)

あなた:It would be great if we could have it done by the end of next week. Does that work for you?
(来週の終わりまでに終わらせることができれば助かるんだけど、大丈夫かな?)

同僚(Tom):Yes, that works. I’ll start looking into it right away.
(うん、大丈夫だよ。すぐに取り掛かるよ。)

あなた:Thank you so much, Tom. Your help is greatly appreciated.
(ありがとう、トム。とても感謝しているよ。)

上司や部下に協力を依頼する場合

状況:新しい戦略について上司に協力を依頼する。

会話例

あなた:Excuse me, Ms. Smith, do you have a minute?
(すみません、スミスさん。少しお時間よろしいでしょうか?)

上司(Ms. Smith):Sure, what can I do for you?
(もちろん、どうしましたか?)

あなた:I’m working on the new sales strategy, and I would appreciate your guidance and feedback on my plan. Could we schedule a meeting to discuss it?
(新しい販売戦略に取り組んでいるのですが、プランについてアドバイスとフィードバックをいただけるとありがたいです。打ち合わせの時間を取ることはできますか?)

上司(Ms. Smith):I’d be happy to help. How about tomorrow at 10 AM?
(喜んでお手伝いしますよ。明日の午前10時はどうですか?)

あなた:That sounds perfect. Thank you very much.
(それは完璧です。ありがとうございます。)

状況:部下にタスクの協力を依頼する。

会話例

あなた:Hi Sarah, do you have a few minutes?
(こんにちは、サラ。少し時間ある?)

部下(Sarah):Yes, what do you need?
(はい、何が必要ですか?)

あなた:I need some assistance with the client reports. Can you help me compile the data by Friday?
(クライアントレポートの手伝いが必要なんだ。金曜日までにデータをまとめてくれる?)

部下(Sarah):Sure, I can help with that. I’ll get started on it right away.
(もちろん、それ手伝うよ。すぐに取り掛かるね。)

あなた:Great, thank you, Sarah. Your help is really important for meeting our deadline.
(素晴らしい、ありがとう、サラ。君の助けが締め切りを守るために本当に重要だよ。)

クライアントやパートナーに協力を求める場合

状況:新しいマーケティングキャンペーンについてパートナーに協力を求める。

会話例

あなた:Hello Mr. Johnson, do you have a few minutes to talk?
(こんにちは、ジョンソンさん。少しお話しする時間はありますか?)

パートナー(Mr. Johnson):Yes, I do. How can I help you?
(はい、あります。どのようにお手伝いしましょうか?)

あなた:We are launching a new marketing campaign next month, and we would love to collaborate with your team to reach a wider audience. Would you be interested in discussing this further?
(来月新しいマーケティングキャンペーンを開始する予定で、より広いオーディエンスにリーチするために貴社のチームと協力したいと考えています。さらに詳しく話し合うことに興味はありますか?)

パートナー(Mr. Johnson):That sounds like a great opportunity. I’d be happy to discuss the details. When would you like to meet?
(それは素晴らしい機会ですね。詳細を話し合うのは喜んでお受けします。いつお会いしましょうか?)

あなた:How about we set up a meeting early next week?
(来週の初めにミーティングを設定するのはどうでしょうか?)

パートナー(Mr. Johnson):Sure, let’s do that. I’ll have my assistant coordinate with you to finalize the time.
(もちろん、それでいきましょう。アシスタントに時間の調整をさせますね。)

あなた:Thank you, Mr. Johnson. We’re looking forward to working with you on this.
(ありがとうございます、ジョンソンさん。この件で一緒に仕事ができるのを楽しみにしています。)

 

 

効果的な協力の依頼方法

ポジティブな表現を使う

協力を依頼する際には、ポジティブな表現を使うことで、相手に良い印象を与えやすくなります。以下は、ポジティブな表現を使った例です。

  1. Could you help me with this task? It would be a great way to showcase your skills.
    • 意味:このタスクを手伝ってもらえますか?あなたのスキルを披露する良い機会になると思います。
    • 説明:相手の能力を認めつつ、依頼することで、協力のモチベーションを高めます。
  2. Your expertise would make a huge difference in this project. Can you lend a hand?
    • 意味:あなたの専門知識がこのプロジェクトに大きな影響を与えると思います。手伝ってもらえますか?
    • 説明:相手の専門知識が重要であることを強調し、協力をお願いしています。

相手の利点を強調する

協力を依頼する際に、相手にとっての利点を強調すると、依頼を受け入れてもらいやすくなります。以下は、その具体例です。

  1. By collaborating on this project, you’ll have the opportunity to learn more about our new system.
    • 意味:このプロジェクトに協力することで、新しいシステムについてもっと学ぶ機会があります。
    • 説明:協力することで得られる学びやスキルアップの機会を示しています。
  2. Helping with this task will give you exposure to our key clients, which could be beneficial for your career.
    • 意味:このタスクを手伝うことで、重要なクライアントに接する機会が得られ、あなたのキャリアにとって有益になるかもしれません。
    • 説明:協力することでキャリアにプラスになる点を強調しています。

明確で具体的な依頼を行う

協力を依頼する際には、具体的な内容と期限を明確に伝えることが重要です。以下は、その例です。

  1. Can you complete the market analysis by next Wednesday? We need the data for our strategy meeting on Thursday.
    • 意味:次の水曜日までに市場分析を終えてもらえますか?木曜日の戦略会議にそのデータが必要です。
    • 説明:依頼の具体的な内容と期限を明確に示しています。
  2. Please review the attached document and provide your feedback by Friday. Your insights are crucial for finalizing our proposal.
    • 意味:添付のドキュメントを確認し、金曜日までにフィードバックをお願いします。あなたの洞察が提案の最終化に不可欠です。
    • 説明:具体的な作業内容と期限、そして相手のフィードバックの重要性を明確に伝えています。

 

 

文化の違いと注意点

日本と海外の「協力」へのアプローチの違い

日本と海外では、ビジネスにおける「協力」のアプローチが異なることがあります。これを理解することで、国際的なビジネスシーンでのコミュニケーションがスムーズになります。

日本のアプローチ

  • 間接的な依頼:日本では、直接的な要求を避け、間接的に協力を依頼することが一般的です。相手に負担を感じさせないように配慮する文化があります。
  • 謙虚さの強調:自分の要求を控えめに伝え、相手の協力を重んじる表現が好まれます。
  • チームの和を重視:個人の成果よりもチーム全体の調和と協力が重視されます。

海外のアプローチ

  • 直接的な依頼:欧米諸国では、直接的かつ明確に協力を依頼することが一般的です。具体的な要求や期限を明示します。
  • 個人の貢献を評価:個人の専門知識やスキルを評価し、それを強調することで協力を依頼します。
  • 成果重視:チーム全体の成果も重要ですが、個人の貢献や成果も同様に重視されます。

避けるべき表現や誤解を招きやすい言い方

異文化間のコミュニケーションでは、誤解を避けるために慎重な言葉遣いが求められます。以下は、避けるべき表現や誤解を招きやすい言い方の例です。

  1. 過度に曖昧な表現
    • 避けるべき表現:Could you maybe help me with this if you have time?
    • 理由:曖昧な表現は、相手にとって不明確で、依頼の重要性が伝わりにくくなります。
    • 改善例:Could you help me with this report by Friday?(金曜日までにこのレポートを手伝ってもらえますか?)
  2. 否定的な言い方
    • 避けるべき表現:I doubt you have time for this, but…
    • 理由:否定的な表現は、相手に対して失礼に感じられ、協力を依頼する意図が弱まります。
    • 改善例:I know you’re busy, but your help with this would be invaluable.(お忙しいのは承知していますが、これについてご協力いただけると非常に助かります。)
  3. 文化的な誤解を招く表現
    • 避けるべき表現:In Japan, we usually do it this way…
    • 理由:特定の文化を押し付けるような表現は、相手に反発を招くことがあります。
    • 改善例:Based on our previous experience, we found this approach effective. What do you think?(過去の経験に基づくと、この方法が効果的だと分かりました。どう思われますか?)
  4. 命令口調
    • 避けるべき表現:You must do this.
    • 理由:命令口調は、相手に威圧的に感じられ、協力を得るのが難しくなります。
    • 改善例:Could you please take care of this task? Your expertise is crucial for its success.(このタスクを処理していただけますか?あなたの専門知識が成功のために重要です。)

 

 

文化の違いと注意点

日本と海外の「協力」へのアプローチの違い

ビジネスシーンにおける「協力」のアプローチは、文化によって大きく異なります。日本と海外の違いを理解することで、より効果的なコミュニケーションが可能になります。

日本のアプローチ

  1. 間接的な表現
    日本では、協力を依頼する際に直接的な言葉を避け、遠回しに依頼することが一般的です。これは相手に対する配慮や敬意を示すためです。

    • 例:もしよろしければ、こちらを手伝っていただけないでしょうか。
  2. 謙虚さの強調
    自分を控えめに表現し、相手の協力を強調することが多いです。

    • 例:ご多忙のところ恐縮ですが、ぜひご協力いただけると幸いです。
  3. チームワークの重視
    個人の貢献よりも、チーム全体の調和や協力が重視されます。

    • 例:チーム全員で協力して、このプロジェクトを成功させましょう。

海外のアプローチ

  1. 直接的な表現
    欧米諸国では、協力を依頼する際に直接的かつ明確に依頼内容を伝えることが一般的です。具体的な要求や期限を明示します。

    • 例:Can you help me with this task by Friday?
  2. 個人の貢献の強調
    個人の専門知識やスキルを評価し、それを強調することで協力を依頼します。

    • 例:Your expertise in this area is invaluable. Can you assist us with this project?
  3. 成果重視
    チーム全体の成果も重要ですが、個人の貢献や成果も同様に重視されます。

    • 例:Your input will be crucial for the success of this project.

避けるべき表現や誤解を招きやすい言い方

異文化間のコミュニケーションでは、誤解を避けるために慎重な言葉遣いが求められます。以下は、避けるべき表現や誤解を招きやすい言い方の例です。

  1. 過度に曖昧な表現
    • 避けるべき表現:Could you maybe help me with this if you have time?
    • 理由:曖昧な表現は、相手にとって不明確で、依頼の重要性が伝わりにくくなります。
    • 改善例:Could you help me with this report by Friday?
      (金曜日までにこのレポートを手伝ってもらえますか?)
  2. 否定的な言い方
    • 避けるべき表現:I doubt you have time for this, but…
    • 理由:否定的な表現は、相手に対して失礼に感じられ、協力を依頼する意図が弱まります。
    • 改善例:I know you’re busy, but your help with this would be invaluable.
      (お忙しいのは承知していますが、これについてご協力いただけると非常に助かります。)
  3. 文化的な誤解を招く表現
    • 避けるべき表現In Japan, we usually do it this way…
    • 理由:特定の文化を押し付けるような表現は、相手に反発を招くことがあります。
    • 改善例:Based on our previous experience, we found this approach effective. What do you think?
      (過去の経験に基づくと、この方法が効果的だと分かりました。どう思われますか?)
  4. 命令口調
    • 避けるべき表現:You must do this.
    • 理由命令口調は、相手に威圧的に感じられ、協力を得るのが難しくなります。
    • 改善例:Could you please take care of this task? Your expertise is crucial for its success.
      (このタスクを処理していただけますか?あなたの専門知識が成功のために重要です。)

 

 

まとめ

この記事の振り返りと重要ポイント

この記事では、ビジネスシーンで「協力」を依頼する際の英語表現とその使い方について解説しました。以下は、記事の主要なポイントです。

  1. 基本的な「協力」の英語表現
    • 協力を意味する代表的な英単語には、cooperate, collaborate, assist, support などがあります。
    • 協力を依頼する際に使えるフレーズも紹介しました。
  2. 具体的なシチュエーション別表現
    • ミーティングでの協力の表現:例として「Let’s work together to achieve our goals.」
    • メールでの協力のお願い:例として「Could you please assist me with…?」
    • プレゼンテーションでの協力の依頼:例として「I would like to ask for your collaboration on…」
  3. 実際の会話例
    • 同僚、上司、部下、クライアントやパートナーに協力を依頼する具体的な会話例を紹介しました。
  4. 効果的な協力の依頼方法
    • ポジティブな表現を使うこと、相手の利点を強調すること、明確で具体的な依頼を行うことの重要性を解説しました。
  5. 文化の違いと注意点
    • 日本と海外の協力に対するアプローチの違いを理解し、誤解を招きやすい言い方や避けるべき表現について紹介しました。

読者への応援メッセージ

ビジネスシーンでの「協力」を依頼することは、時に難しく感じるかもしれません。しかし、この記事で紹介したフレーズやコツを活用すれば、自信を持って依頼できるようになるでしょう。英語でのコミュニケーションにおいて、相手への配慮を忘れず、丁寧かつ明確に伝えることが成功の鍵です。

皆さんがビジネスでの協力を通じて、より良い結果を出し、素晴らしい関係を築けるよう応援しています。どんなシチュエーションでも、この記事を参考にして、積極的に協力をお願いしてみてください。成功を祈っています!

頑張ってくださいね!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

スピーキングに伸び悩みを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム