ウンザリしたときに使える「またかよ」の英語表現とその使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は「またかよ」の英語表現についてお話ます。この記事を読めば友人や同僚との会話がさらにスムーズになります。それではまいりましょう。

 

 

「またかよ」を英語で言うと?

同じことがまた起こってウンザリしたときに、「またかよ」を英語で言うと、”Not again!”と言います。まずはリョウとマイクの会話を見てみましょう。

クラスメイトへ…

リョウ
Your computer is acting up again.
きみのパソコンまたおかしくなってるよ。
マイク
Not again! I just recently fixed it.
またかよ!つい最近修理したばっかりなのに。

 

 

 

1: なんで「またかよ」って意味になるの?

また起こったことに対して、信じられない気持ちを表すときに使うこのフレーズ”Not again!”。なぜ「またかよ」という意味になるのでしょうか。ちょっと解剖してみましょう。「またない」→「二度と起こらないでほしい」→「またかよ」という感じになっています。

 

 

“oh no”と一緒によく使う

この”not again”は、聞いたことがあると思いますが、間投詞”oh no”と一緒によく使われます。日本語に訳すと「えー、またかよ。」という意味になります。

同僚へ…

マイク
I heard that Luke got a new girlfriend again.
ルークがまた新しい彼女作ったんだって。
リョウ
Oh no, not again.
えー、またかよ。

 

 

 

2: 怒ったときにも使える

文脈によっては、部下や人に怒ったときにも使えます。意味は「いい加減にして。」となります。

電話で…

リョウ
Sorry sir. I will be late again.
すみません。また遅刻してしまいます。
スタローン
Not again. This won’t happen again.
いい加減にしなさい。二度としないように。

 

 

 

ついでに”Never again.”も押さえておこう

“not again”のついでに、”never again”も押さえておきましょう。「もう二度としない。」という意味で使われます。

海外旅行から帰ってきた友人へ…

マイク
How was your trip?
旅行はどうだった?
リョウ
I did a bungee jump. Never again.
バンジージャンプしたんだ。もう二度としないよ。

 

 

 

似たようなフレーズ2選

1. “Come on.”「勘弁して/冗談でしょ」

 

“Come on.”は「こっちに来て。」という意味でよく知られています。しかし実は意味が全部で7つほどあります。また他の記事でじっくりと紹介しますが「勘弁して。」や「冗談でしょ。」という意味でも使うことができます。”not again”「またかよ」と入れ替えて使うことができます。

 

 

2. “Give me a break.”「いい加減にして/勘弁して」

 

こちらもよく使われます。意味は「いい加減にして。」や「勘弁して。」となります。それだけでなく「大目に見る」という意味で使うこともできます。それに関しては下の関連記事で紹介していますので是非見てみてください。脱線しましたが”not again”の二つ目の意味「いい加減にして」と入れ替えて使うことができます。

 

 

「うんざり」に関連する記事

”I’m sick of it”の意味とその使い方【うんざりしたときに】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上がウンザリしたときに使える「またかよ」の英会話フレーズでした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出