短期集中:パーソナル指導+高品質フィードバック

TOEIC800点超えでも英語が話せない?その理由と打破する方法

TOEICスコアと英会話能力の違い

TOEIC(Test of English for International Communication)は、世界的に認知されている英語能力のテストであり、特に職場や国際ビジネスの文脈で英語を使用する能力を測定することを目的としています。このテストは主にリスニング(聞く能力)とリーディング(読む能力)の二つのセクションで構成されており、受験者の英語理解力を評価します。しかし、TOEICのスコアが高いことは、英語を効果的に「使う」能力、特にスピーキング(話す能力)やライティング(書く能力)が高いことを直接的には示しません。

TOEICスコアの限界

  • リスニングとリーディングの偏重:TOEICスコアは、英語の聞き取りや読解能力に重点を置いています。これらのスキルは、英語を使う上で非常に重要ですが、実際のコミュニケーションでは、相手に自分の意見を伝えたり、書面でアイデアを表現したりする能力も同様に必要です。
  • スピーキングとライティングの欠如:日常生活や職場でのコミュニケーションでは、自分の考えを英語で表現する機会が頻繁にあります。TOEICではこれらの能力がテストされないため、スコアが高くても実際に英語を話したり書いたりする場面で苦労することがあります。

 

 

英語が話せない理由:学習方法の問題点

英語学習者が実際に英語を話す能力を身につけることが困難な主な理由は、学習方法に根本的な問題があることに帰結します。特に、学校教育や一般的なテスト対策がリスニング(聞く能力)とリーディング(読む能力)に偏重していることが、この問題を引き起こしています。この節では、英語学習方法の問題点をさらに具体的に掘り下げ、会話能力が育まれにくい状況をどのように改善できるかを探ります。

学習方法の偏重とその影響

  • 学校教育の偏り:多くの学校では、文法や語彙の暗記、長文読解、選択問題によるテストが中心です。これらの活動は、英語の「理解」を深めるのに有効かもしれませんが、実際に英語を「使用する」スキル、特に会話能力の向上には直接的には寄与しません。
  • テスト対策の限界:英語能力を測定するテスト(例えばTOEICやTOEFL)は、リスニングとリーディングのスコアを重視します。これらのテストで高得点を取るための勉強は、実際の会話能力の向上とは必ずしも一致しません。

実際に英語を話す機会の欠如

実践の不足:学校や自宅での学習では、実際に英語を話す、つまり対話形式での練習が不足しがちです。学習者が英語を話す機会が少ないと、理論的な知識はあっても、それを実際の会話に応用する能力が育ちません。

 

 

実践的な英会話能力を身につけるための学習戦略

英会話能力を向上させるためには、実際に英語を「使う」機会を積極的に作り出し、実践的なアプローチを取り入れることが非常に重要です。以下は、具体的な学習戦略をいくつか紹介します。

日常生活での英語の使用

  • 英語での自己紹介の練習:日常的な会話でよく使うフレーズを英語で準備し、実際に使えるようになるまで練習します。自己紹介、趣味、興味があることなど、自分のことを話す練習から始めましょう。
  • 英語での日記作成:毎日の出来事や感じたことを英語で日記に記録します。これにより、思考を英語で表現する練習になります。また、新しい表現や語彙を使う良い機会にもなります。
  • 英語でのToDoリスト:日々のタスクを英語でリストアップすることで、日常的な語彙を増やし、同時に計画的な思考を英語で行う練習になります。

オンライン英会話サービスの活用

  • 定期的なオンライン英会話レッスン:ネイティブスピーカーや経験豊富な英語教師とのレッスンを定期的に受けることで、リアルな会話の中で即座にフィードバックを得られます。会話の流れに乗る練習や、実際の会話でよく使われる表現を学べます。
  • 英語でのフリートーク:興味のあるトピックについて英語で話す練習をします。これは、自分の意見や考えを英語で自然に表現する能力を鍛えるのに役立ちます。

 

 

TOEICスコア向上と同時に英会話力を鍛える方法

TOEICの勉強をしながら英会話能力を向上させることは、効率的な学習方法です。以下は、具体的な戦略を紹介します。

リスニングとスピーキングの組み合わせ

  • リスニング内容の要約:TOEICのリスニング練習後、聞いた内容を英語で要約してみましょう。これは、聞いた情報を自分の言葉で再構築する良い練習になります。
  • リスニング内容に基づくディスカッション:パートナーや学習グループと一緒に、リスニング練習で聞いたトピックについて意見交換を行います。これにより、リアルタイムでのコミュニケーション能力と批判的思考を同時に鍛えることができます。

ライティングとスピーキングの組み合わせ

  • 英語でのエッセイ作成後の発表:特定のトピックについて英語でエッセイを書き、それをビデオや音声で記録して発表します。ライティングスキルを鍛えると同時に、その内容を口頭で説明することでスピーキングスキルも向上します。

これらの戦略は、実際に英語を「使う」経験を増やすことに重点を置いています。TOEICのスコアを上げることと同時に、実際の英会話シーンで自信を持って英語を話せるようになることが目標です。実践を通じて得られる経験は、言語学習において非常に価値があります。

 

 

海外生活ではTOEICスコアだけでは不十分な理由:具体的な説明

海外での生活では、英語がコミュニケーションの主要な手段となります。高いTOEICスコアが英語の一定の理解を証明するものであるにもかかわらず、日々の生活で遭遇する様々なシチュエーションに対応するためには、それだけでは不十分な場合が多いです。

日常会話の複雑さ

  • 非公式な表現とスラングの使用:日常会話では、教科書に載っていない非公式な表現や地域によって異なるスラングが頻繁に使用されます。これらはTOEICの勉強ではカバーされていないため、理解や適切な使用が難しい場合があります。
  • 文化的なニュアンス:言葉にはそれを使用する文化的背景が深く関わっています。冗談、比喩、慣用句など、特定の文化的コンテキストに根ざした表現を理解し、適切に反応するには、実際にその文化に触れる経験が必要です。

緊急時のコミュニケーション

  • 即時性と正確性の要求:医療緊急事態や行政手続きなど、正確かつ迅速なコミュニケーションが求められる状況では、高度な言語能力と状況に応じた適切な表現が必要です。これらの状況はTOEICのスコアでは予測できません。

 

 

英語学習者が陥りがちな心理的障壁とその克服法:具体的なアプローチ

英会話能力の向上において、心理的障壁は大きなハードルとなり得ます。以下は、これらの障壁を克服するための具体的な方法です。

小さな成功の積み重ね

  • 目標設定:現実的で達成可能な短期目標を設定し、達成するたびに自己効力感を高めます。例えば、1日に新しい単語を10個覚える、毎日5分間英語で日記を書くなど、小さな目標から始めます。
  • フィードバックの活用:信頼できる人からの建設的なフィードバックを積極的に求め、自分の英語能力を客観的に理解し、改善点を明確にします。

間違いを学習の一部として受け入れる

  • ポジティブな思考の養成:間違いは学習過程の一部であるという考えを受け入れ、失敗から学ぶ機会として捉えます。間違えた際には、なぜ間違えたのかを分析し、次は同じ間違いを繰り返さないようにします。
  • ロールプレイやシミュレーションの活用:実際の会話シーンを想定した練習を行うことで、実際の会話への不安を減らします。友人とのロールプレイや、英語教室でのシミュレーションなどが有効です。

これらの戦略を通じて、英語学習者は心理的障壁を乗り越え、自信を持って英語を使用する能力を高めることができます。海外生活では、高いTOEICスコアを超えた、実際のシチュエーションに適応する柔軟性とコミュニケーション能力が求められます。

 

 

英語を「話す」ための日常的な習慣:具体的な方法

英語を話す能力を向上させるためには、日常生活において意識的に英語を使用する習慣を作ることが重要です。以下に、実践可能な日常的な習慣をいくつか紹介します。

英語でのコミュニケーション

  • 英語で友人との会話を実践する:英語を母国語としない友人や、英語を学習中の友人と定期的に英語で会話をする時間を設けましょう。例えば、週に一度「英語の日」を設定して、その日は友人とのコミュニケーションを全て英語で行います。
  • 英語のニュースや動画の内容を議論する:英語で放送されるニュース番組やYouTube動画を視聴し、その内容について家族や友人とディスカッションを行います。これにより、時事問題や興味のあるトピックに関する語彙を増やし、意見を英語で表現する練習にもなります。
  • 英語でプレゼンテーションを行う:学校や職場でのプレゼンテーションを英語で行う機会を積極的に作り出します。また、趣味や特技に関する短いプレゼンテーションを家族や友人に向けて英語で行い、フィードバックをもらいましょう。

英語の日常使用を促進するその他の習慣

  • 英語での日記やブログの作成:毎日の出来事や思ったことを英語で日記に書き留める、または英語でブログを運営することで、書く力と同時に思考力も鍛えられます。
  • 英語の音楽を聴きながら歌詞を学ぶ:英語の歌を聴き、歌詞を覚えて一緒に歌うことで、発音練習にもなります。また、歌詞の意味を深く理解することで語彙力も向上します。

 

 

まとめ:TOEIC800点を越える、英語コミュニケーション力への道

TOEIC800点を達成することは、英語学習における重要なマイルストーンですが、実生活でのコミュニケーションには、それを超える実践的なスキルが求められます。上記のような日常的な習慣を通じて、英語を話す機会を積極的に作り出し、実際に使用することで、英会話能力を根本から向上させることができます。最終的には、TOEICのスコアを超えて、真の意味で世界とコミュニケーションを取れる英語力を身につけることが目標です。日々の小さな努力が、英語を話す自信と能力を大きく高めるでしょう。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

関連記事

 

 


 

TOEICの高得点を達成したものの、英語を自由に話せないというのは、多くの英語学習者が直面する共通の課題です。しかし、日常生活で英語を積極的に使う機会を増やし、実践的な学習方法を取り入れることで、このギャップを克服することは十分可能です。TOEIC800点を超える英語コミュニケーション能力を身につけるためには、教室の外で英語を「生きる」言語として捉え、積極的に話す機会を作り出すことが鍵となります。今日からでも、小さな一歩を踏み出し、真の意味で世界と繋がる英語力を身につけましょう。

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

人気NO.1
スピーキング短期集中プラン

無料トライアル実施中

こんな方へ
・なかなか英語が伸びず焦っている
・TOEICは高得点でも話せない
・緊急で英語力を上げないとヤバい
・課題と目標が全く見えず放浪してる
・なんとなくの英語学習から抜け出したい

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・確実に伸びるレッスンフロー
・信頼の専属講師とコンサルタント
・今のレベルに合ったカリキュラム設計
・課題が明確になるスピーキングテスト
・目標レベルまで伴走するコーチング

到達可能なレベルにコミットして最も効率的に成長をフルサポートします。今ならダブル保障制度付!まずはお気軽にどうぞご相談ください。

確認メッセージはメールでお送りいたします。メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックいただくことで、配信を開始できます。もしメッセージが受信トレイに届かない場合、迷惑メールフォルダに入っている可能性があるため、そちらもご確認ください。また、配信停止はいつでも可能ですので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
短期集中コース