確実な成果を出すならRYO英会話ジム

Mess with Someone”ってどういう意味?日常英会話で使うコツを解説!

RYO英会話ジムのリョウです。みなさん、こんにちは!今日は日常英会話でよく耳にするフレーズ「mess with someone」について、その意味と使い方を紹介します。この表現、英語圏でよく使われるんですよ。是非ぜひ覚えて帰ってください。この記事を読めば今日より語彙力がアップするでしょう。それではまいりましょう。

 

 

意味

「mess with someone」という表現は、直訳すると「誰かと遊ぶ」ですが、実際には「誰かを困らせる」、「誰かをいじる」といった意味で使われます。特に、いたずら心からか、挑発的に相手をからかうシーンでよく使われます。例えば、友人間での冗談や、やや挑発的な態度をとる時などです。

 

 

無料トライアル実施中

「mess with someone」はスラング?

はい、「Mess with someone」という表現はスラング的な要素を含んでいます。これは非公式の場や日常会話でよく使われるフレーズで、相手をからかったり、挑発したり、トラブルを起こしたりすることを意味することが多いです。特に若者の間や映画、テレビドラマなどで頻繁に聞くことができます。しかし、その使用は非公式の状況に限られることが多く、ビジネスや公式の文脈では使われることは少ないです。スラングとしての性質を持ちながらも、広く使われるため、多くの英語話者には理解される表現です。

 

 

よく使われる場面

「Mess with someone」というフレーズは、いくつかの異なる文脈で使われることがありますが、一般的には次のような状況で使われます:

  1. いたずらやからかいをする時: このフレーズは、誰かをからかったり、小さないたずらをしたりする場面で使われることが多いです。たとえば、友達が何かを探しているときに、そのものを隠して、「Don’t mess with me!」と言われることがあります。
  2. 挑発や威嚇をする時: より強い意味で使われる場合、「誰かと面倒事になるな」と警告する意味で使われることがあります。たとえば、トラブルを起こしそうな人物に対して「You don’t want to mess with him.」と言うことができます。
  3. 人を操るまたは操作する時: ビジネスや政治の文脈で使われることもあり、「誰かを操る」や「不正に影響を与える」などの意味で使用されます。たとえば、「He’s known for messing with the competition to gain an advantage.」のように使われることがあります。

これらの場面で「mess with someone」は多様な使い方が可能ですが、文脈によって意味が大きく変わるため、使う際には注意が必要です。

 

 

よく使われる言い回し

「Mess with someone」という表現は、いくつかの一般的なフレーズとともに使われます。以下はその例です:

  1. Don’t mess with me.
    • 直訳:私をいじくるな。
    • 使用例:誰かが自分に挑戦したり、嫌がらせをしたりする場合に使います。強い警告や反抗の意味を含みます。
  2. He likes to mess with people.
    • 直訳:彼は人をからかうのが好きだ。
    • 使用例:誰かが他人をいたずらや冗談で困らせることを楽しむ様子を表します。
  3. You don’t want to mess with her; she’s tough.
    • 直訳:彼女と面倒なことになりたくないだろう;彼女は手強い。
    • 使用例:誰かが非常に強い、または危険であるため、避けたほうが良いと警告する際に使います。
  4. They messed with the wrong person.
    • 直訳:彼らは間違った人物をいじくった。
    • 使用例:誰かが予想外の強い反応に遭遇することになった場合に使われます。
  5. Stop messing with the settings on my computer.
    • 直訳:私のコンピューターの設定をいじるのをやめて。
    • 使用例:誰かが不用意に他人の物を操作しているときに、それを止めるように求める場合に使います。

これらのフレーズは日常会話や映画、ドラマなどで頻繁に登場します。文脈によって意味合いが変わることがあるので、使う際には状況をよく考慮することが大切です。

 

 

例文

からかう同僚へ….

アイヴァン
Hey, you’re messing with me, aren’t you?
ねぇ、わたしのこといじってるでしょ?
ウィル
Yeah, it’s so much fun to mess with you.
うん、君をいじるのはすごく楽しいよ。

 

 

繊細な同僚をいじるマイクへ…

ナオミ
He’s sensitive, so you had better not mess with him.
彼は繊細だからからかわないほうがいいよ。

 

 

その他例文

  • 英文: “Don’t mess with me, I’m not in the mood.”
    • 日本語訳:「僕をいじらないで、今はそんな気分じゃないから。」
  • 英文: “He likes to mess with his younger brother, but it’s all in good fun.”
    • 日本語訳:「彼は弟をからかうのが好きだけど、すべては楽しい冗談の範囲内だよ。」
  • 英文: “If you mess with the wrong person, you might get in trouble.”
    • 日本語訳:「間違った人をからかったら、トラブルに巻き込まれるかもしれないよ。」

怒らせる場面

あえて怒らせるようなことばかり言う夫へ…

ナオミ
Stop messing with me.
イライラさせないで。

 

 

全然自分に関心を持ってくれない彼氏をあえて怒らせて…

アイヴァン
I wanted to mess with you because you don’t really care about me.
私のこと気にしてくれないから怒らせたかったの。

 

 

また「(相手を)怒らせる」という意味でも使うことができます。他の英語で言うと、to make someone angryです。つまり必ずしも1つ目に紹介した意味になるのではなく状況によって意味が変わるということです。

 

 

mess with one’s head

最初は付き合おうと言ってきた彼が、今度は友達になろうと言い出して…

ナオミ
You’re totally messing with my head.
本当にわからない。

 

 

「Mess with one’s head」という表現は、誰かの心理的に混乱させる、不安にさせる、または精神的に操るという意味で使われます。このフレーズは、相手の感情や思考に混乱を引き起こすような行動を指して使われることが多く、相手を困惑させたり、不安定にさせたりすることを意味します。たとえば、繰り返し矛盾した情報を提供することや、相手の信念を疑わせるような行動がこれにあたります。

例えば、「He’s always playing mind games to mess with my head.」(彼はいつも心理ゲームをして私の頭を混乱させる)という文では、誰かが意図的に他人を混乱させている様子を表しています。

この表現は感情的な影響を強調しており、時には悪意があるかのように聞こえることもありますが、必ずしもそうとは限りません。状況によっては、ジョークやいたずらの文脈で軽く使われることもあります。ただし、一般的には誰かを精神的に不安定にさせるような行為を指すため、慎重に使用する必要があります。

 

 

似た表現

これらの表現は、いずれも日常会話でよく使われるものです。しかし、文化や状況によって受け取られ方が異なることもあるため、使う際には注意が必要です。

Tease someone

解説:誰かをからかう。軽い冗談やいたずらを含む。

例文: “I was just teasing when I said your cooking was bad.”(料理がまずいって言ったのは、からかってただけだよ。)

Play a prank on someone

解説:誰かにいたずらをする。よりいたずら的な要素が強い。

例文: “They played a prank on their teacher by hiding her chair.”(彼らは先生の椅子を隠していたずらをした。)

Pull someone’s leg

解説:誰かの足を引っ張る。冗談を言って相手をだます。

例文: “Don’t get upset, I was just pulling your leg!”(怒らないで、冗談だったんだから!)

 

 

関連する語彙

これらの表現は、日常会話や仕事の場などで使う機会が多いです。特に、「provoke」や「annoy」は、相手の感情に影響を与える強い言葉なので、使う際には慎重になることが大切です。

Joke around

解説:冗談を言う。楽しむために何かをする。

例文: “We were just joking around at the party last night.”(昨夜のパーティーで、ただ冗談を言い合ってただけだよ。)

Provoke

解説:挑発する。特に、反応を引き出すために。

例文: “He tried to provoke me with his comments, but I stayed calm.”(彼はコメントで私を挑発しようとしたけど、私は冷静を保った。)

Annoy

解説:いらいらさせる。やっかいな行動で相手を苛立たせる。

例文: “It annoys me when people don’t listen to instructions.”(人々が指示を聞かないとき、それは私をいらいらさせる。)

 

 

押さえておきたいポイント

「mess with someone」を使う時は、文脈が重要です。冗談として受け取られる場合もあれば、挑発的で攻撃的と捉えられる場合もあります。相手との関係や状況をよく考慮しましょう。

 

 

 

 

messに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が仲良くなったら使える”mess with 人”の意味とその使い方でした。それではSee you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

2件のコメント

コメントありがとうございます。

ブログ記事をスクロールしていただくと、カテゴリーメニューの下にメルマガ登録ボタンがございますので、そちらをご利用くださいませ。
その他にもご不明な点等ございましたらどうぞお気軽にご相談ください。

どうぞよろしくお願いします。

Admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されています。プライバシーポリシー利用規約が適用されます

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム