”It’s difficult to 〜”と同じ意味の言い回し4選とその使い方をご紹介

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”It’s difficult to 〜”と同じ意味の言い回し4選とその使い方をご紹介についてお話します。英語を話しているとどうしても自分が知っている単語を何度も繰り返し使ってしまう傾向があります。そんなときは同じ意味で使えるバリエーションを増やしましょう。この記事を読めば、語彙力がさらにアップします。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

1. It’s hard to 〜.

英語を勉強している友人から…

ウィル
It’s hard to speak English fluently.
英語を流暢に話すのは難しいよ。

 

まず一つ目が、形容詞hardです。肉体的にも精神的にも難しい、つまり簡単でない場合に使いますね。ただしhardは完全にdifficultと置き換え可能かというとそうではありません。肉が硬い場合の「硬い」はhardを使いますし、一生懸命勉強する場合の「一生懸命に」はhardを使い、さらに日本酒は強いの「強い」もhardを使い、いずれもdifficultにはない意味です。その辺りをしっかりと押さえながら使い分けましょう。hardに関しては以下2点、参考になる記事があるのでお時間があれば読んでみてください。

hardとhardlyの違いとその使い方【hardの副詞ではありません】

”It’s hard for me to 〜.”の意味とその使い方【不定詞】

 

ネイティブ発音については、hardのdをほとんど発音せずに「ハー(ド)」のようになり、ほのかに「ド」の音が残る感じです。詳しくはネイティブはこう発音する”good time”や”hard time”が聞き取れないのはなぜ?を参考にしてみてください。

 

 

2. It’s not easy to 〜

同僚がおしゃべりしていて…

マイク
Can you be quiet? It’s not easy to concentrate on my task.
静かにしてくれる?タスクになかなか集中できないんだ。

 

2つ目は、not easyです。「簡単でない」ということは「難しい」ということにあたるので、これも使わないわけにはいきません。ただしすでにご紹介したdifficultやhardと違い、遠回しな伝え方なので、丁寧な言い回しといってもよいでしょう。 not easyのネイティブ発音については、notのtを発音せず、「ノッ イージー」のようになります。

 

 

3. It’s tough to 〜

上司から…

リョウ
It’s tough to negotiate with the client.
あの顧客と交渉するのは難しいぞ。

 

3つ目はtoughです。toughもdifficultと同じ意味で使うことができますが、違いはtoughは「強い」という意味で使うことができるところです。例えば、日本語でも「タフなやつ」と言ったりしますが、英語でも同じです。”He is a difficult person.”は扱いにくい人ですが、”He is a tough person.”は困難な状況などにもうまく対応できる強い人のことを言います。その辺りの違いを把握して使い分けるようにしましょう。またhardと同じ「硬い」という意味もあります。This meat is too tough to eat.「この肉は硬すぎて食べられない」とhardと置き換えて使うことができます。

 

 

4. It’s challenging to 〜

最近ベンチャー企業に就職した友人が…

アイヴァン
It’s very challenging to work in that company.
あの会社で働くのはやりがいがあるね。

 

最後はchallengingです。意味は「やりがいのある」です。これも「難しい」というニュアンスがあるのですが、少し使い方が違います。hardやdifficultに比べてポジティブな意味合いで使われます。特に自分の能力が試されるような状況だったり、何か夢や目標に突き進んでいるときに困難に直面した際に使います。そのあたりを把握して使い分けるようにしましょう。

 

 

まとめ

毎回difficultを使うのではなくて、バリエーションを増やすという観点から今回ご紹介した4つの表現を使えるようにしておきましょう。またその方が話す上で楽しくないでしょうか。そのためにもレッスンや実践の場でアウトプットするようにしてくださいね。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップのアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に完全されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して添削することで、何が不自然で間違えているのかが一目瞭然となります。さらにその後、講師からフィードバックをもらうことで改善へと繋げることが可能です。だから実践でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることで効果が倍増しますね。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

hardに関連する記事

”give 人 a hard time”の意味とその2つの使い方【不快】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”It’s difficult to 〜”と同じ意味の言い回し4選とその使い方をご紹介でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出