まだ使い分けできてない?speakとtalkの違いとその使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日はまだ使い分けできない?speakとtalkの違いとその使い方についてお話します。speakもtalkもどちらも「話す」という意味ですが、明確な使い分けがあります。さらに自然な英語を話したい方は覚えて帰ってください。この記事を読めば文法力がさらにアップします。それではまいりましょう。

 

 

フォーマルかカジュアルかで決まる

友人へ…

ナオミ
Can we talk with you now?
今話せる?

 

A社に電話をかけていて…

マイク
May I speak to Mr. Yokota?
横田さんとお話できますか?

 

家族へ…

スタローン
Let’s talk about the plans this weekend.
今週末のプランについて話そう。

 

会議で…

ロバート
I’d like to speak about our new marketing strategy.
私たちの新しいマーケティング戦略についてお話します。

 

まず最初にspeakとtalkの大きな違いはフォーマルかカジュアルかです。例文を見ていただくとわかるかと思いますが、speakはフォーマルな場面で使い、talkはカジュアルな場面で使います。フォーマルでいうとビジネスや目上の人に対して、そしてカジュアルであれば友人やお互いのことを知っている人に対しての場面になりますね。

 

 

「言語」と「電話」はspeakを使う

他の言語も話せると言っていて…

スタローン
How many languages can you speak?
何言語話せるのですか?

 

電話がかかってきて誰かわからず…

スタローン
Who’s speaking?
どなたでしょうか。

 

言語を話す、または話せると言いたいときはtalkではなくてspeakを使います。だからI can talk English.と聞いたことはないはずです。もちろん自然な言い方はI can speak English.ですね。また電話の際もWho’s talking?とは言わず、Who’s speaking?が自然です。

 

 

意識の向け方でかわるspeakとtalk

先生の話をしていて…

ナオミ
He was speaking so fast I find it hard to listen to.
彼は話すのがとても早いので聞くのが大変だわ。

 

彼女と3時間ずっと話していて…

マイク
We love talking don’t we?
俺たちって話すの好きじゃない?

 

speakは誰か一人が話していることに意識が向けられますが、talkは2人以上で話しているときによく使われるのも特徴です。主語を見ていただくとわかりやすいと思いますが、speakの場合はHeが話していることに意識が向けられているのに対して、talkの場合はWeに意識が向けられています。

 

 

まとめ

フォーマルに言いたい場合はspeakを、カジュアルに言いたい場合はtalkを使います。さらに「言語を話す」と「電話で話す」というキーワードに対してはspeakのみ使います。さらにspeakは一人が話している内容に意識が向けられ、talkは2人以上で話すときによく使われます。覚えられましたか?次はレッスンや実践の場で是非どんどんアウトプットしていきましょう。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップのアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して添削することで、何が不自然で間違えているのかが一目瞭然となります。さらにその後、講師からフィードバックをもらうことで改善へと繋げることが可能です。だから実践でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることで効果が倍増しますね。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

talkに関連する記事

日常で重宝する”small talk”の意味とその使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上がまだ使い分けできない?speakとtalkの違いとその使い方でした。それではSee you around!

アウトプット専門オンラインスクール
無料トライアル実施中

99%の人が知らない「英会話の成功法則」で効率的に伸ばせます。お気軽に無料トライアルからお試しください

こんな方へ
・教材の読み合わせに飽きた
・他の英会話スクールでは成長感がない
・なんとなくの英語学習から抜け出したい
・抽象的なことしか言えない
・会議で瞬時に思ったことを言えない
・言いたいことがなかなか伝わらない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界ぶっちぎりのアウトプット
・発言内容の見える化x添削
・寄り添うパーソナルコーチング
・質の高い講師陣

今なら体験レッスンと合わせて無料コンサルテーションも(フィードバックメール付き)ご提供中!

最短で英語が話せる
スピーキング短期集中プラン

到達可能なレベルにフルコミットして最短50日〜最長6ヶ月で最も効率的に成長をフルサポートします

こんな方へ
・英語の伸び悩みを感じている
・TOEICは高得点でも話せない
・仕事でどうしても使う必要がある
・仕事で思うように英語が使えない
・独学の学習では限界を感じている

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・発言内容の見える化 X 添削
・専属の講師とコンサルタント
・レベルに合わせたカリキュラム作成
・課題と目標がわかるスピーキングテスト
・定期的なコンサルテーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクール
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出

/公式SNS/
 Youtube   Instagram   Twitter