3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「ゴナ」で楽々!Going toの発音マスター術

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。”Going to”(ゴーイング・トゥ)は、英語で未来の出来事を話す際によく使われる表現です。この表現を効果的に使いこなすためには、正しい発音とリエゾンの理解が不可欠です。それではまいりましょう。

 

 

動画チュートリアル

 

 

無料トライアル実施中

使い方

“Going to”の発音は、カジュアルな会話で頻繁に使われるため、正確な発音をマスターすることが重要です。以下に、よく使われる言い回しの例とともに発音を解説します。

  • I’m going to → アイム・ゴナ
  • You’re going to → ユーア・ゴナ
  • They’re going to → ゼア・ゴナ

これらの表現では、「going to」が 「gonna」”ゴナ” となり、スピーカー同士のスムーズなコミュニケーションを可能にします。

 

 

例文

まずは二人の会話を聞いてみましょう!Here we go!

友人へ…

マイク
What are you gonna do this weekend?
今週末は何をする予定?
リョウ
I’m gonna go visit my parents in Nagoya.
名古屋にいる両親に会いに行くんだ。

 

 

“going to”とは全く違って聞こえたかと思います。“gonna”という形を知らなかったら、何を言っているのか理解できないですよね。

 

 

“gonna”になるのはto不定詞がくるとき

本題に入る前に、この”going to”が”gonna”になるのは”to”がto以降が不定詞のときです。つまり動詞の原形が続くときであって、”I’m going to bed.”のようにtoの後に名詞が来た場合は、“I’m gonna bed.”とは言いませんので気を付けましょう。

 

 

“going to”を早口で

それでは本題ですが、ネイティブが発音する”going to”を聞き取るには、”ing to”の部分がまったく別の音に変わることを知る必要があります。ネイティブが早口になると“going to”“gonna”「ゴナ」のように発音します。詳しく言うと“going”“i”が消えて、“gong”となり、“g”“to”が弱く発音されてくっつくことで、「ナ」”na”のような音になり“gonna”となります。この形は会話ではくだけた言い回しとして頻繁に使われますよ。

 

 

もう少し遅くなると?

“gonna”がもう少し遅くなるバージョンもあり、こちらも会話ではよく使うので紹介しておきますね。個人的には“gonna”を使うことが圧倒的に多いですが、一般的に遅いバージョンも全然使う人はたくさんいます。まずは二人の会話を聞いてみましょう!Here we go!

ルームメイトへ…

リョウ
I’m going to sleep now.
もう寝るね。
マイク
All right. Good night.
はーい。おやすみ。

 

 

前者の発音の仕方を比べたら、まだ「ゴーイングトゥー」に近い発音だったのではないでしょうか。こちら、”going”の”g”の音の影響を受けて、”to”が「ヌ」のような音に変化します。つまり、「ゴーインヌ」のように発音します。

 

 

その他例文

それでは、例文を2つ用意したので音声を聞いて実際に声に出して練習してみましょう。その際音をできるだけマネて発音することを意識してください。

明日の会議について…

リョウ
What are you gonna talk about?
何について話しますか?

 

 

予定を聞かれて…

リョウ
I’m going to go to the movies.
映画に行くつもりです。

 

 

 

合わせて覚えておきたいリエゾン表現

Wanna(ワナ)

Want toの短縮形、「want to」が「wanna」と発音されます。

例: “I wanna watch a movie tonight.”(今夜、映画を見たい。)

Gimme(ギミー)

Give meの短縮形、「give me」が「gimme」と発音されます。

例: “Gimme a moment, please.”(ちょっと待ってくれ、お願い。)

 

 

押さえておくべきポイント

  • “going to” の発音に慣れることが、自然な英会話において重要です。
  • リエゾンを活かして、言葉のつながりをスムーズにする習慣をつけましょう。

 

 

 

 

going toに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。”Going to”の使い方と発音、そしてリエゾンのポイントを理解することで、より自然で流暢な英語会話が可能になります。積極的にこれらを取り入れて、会話スキルを向上させてみてください!それではSee you again!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム