”cut corners”の意味とその使い方

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。今日は、”cut corners”の意味とその使い方についてお話します。この記事を読めば、英語の表現力がさらにアップします。それでは、まいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

”cut corners”の意味とその使い方

質を求めるばかりタスクの期日が1週間以上遅れていて…

マイク
I could finish this project early If I cut corners
手を抜いたらこの企画早く終わらせれるだろうに。

 

子供の頃に話をしていて…

リョウ
When I cut corners cleaning the room, my mom used to yell at me.
部屋の掃除を雑にやったら、よく母さんに怒鳴られたな。

 

“cut corners”は、「手を抜く」や「いい加減にやる」という意味で、特に努力や時間をチケってもっとも簡単な方法に何かを行うときによく使われる表現です。なので結果的には質の低いものを生産してしまうということですね。

 

 

お金に対しても使えるよ

またお金に対しても使うことができて、お金をケチるというところから「出費を抑える」や「経費を削減する」という意味にもなります。

クレジットカードの支払いが溜まっていて…

マイク
I gotta cut corners this month. 
今月は出費を抑えないと。

 

会議で予算削減の話になって…

ロバート
Cutting corners in production will lead to a definite loss in product quality.
生産費用の削減は、製品の質を必ず落とすことになりますよ。

 

 

「いい加減」に関連する記事

表現力アップ!「大目に見る」の英語表現とその3つの意味

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”cut corners”の意味とその使い方でした。それでは、See you around!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出