海外渡航先や旅先の安全情報をいちはやく早く入手できる「たびレジ」がめちゃ便利

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は海外渡航先や旅先の情報をいち早く入手できる「たびレジ」がめちゃ便利についてお話します。この記事を読めば今日よりさらに海外事情についてよく詳しくなれるかと思います。それではまいりましょう。

 

 

はじめに

私自身、国際結婚をしていたり、また日本にも行き帰りするような形ではありますが海外ではもう10年以上生活しています。アメリカ、カナダ、オーストラリアを始め韓国、ベトナム、フィリピン、タイ、シンガポールなど先進国から途上国と様々な国行きましたが、現地の安全情報を渡航前からいちはやく入手して状況を把握しておくのはとても大事です。なぜなら、私の経験上日本人は本当に安全な国(変な事件は多いですが)に住んでいるので、他国に行ったときに日本の感覚や基準で過ごしてしまう傾向があり、それが事件や事故を引き起こす原因にもなりますちなみに日本は世界ランキングでシンガポールに続いて、安全な国としては9位です。

僕自身、長い海外生活をしたのがオーストラリアとフィリピンです。どちらの国でも日本ではまず体験しない事件に巻き込まれています。引くような話ですが、オーストラリアでは集団的リンチにあったり、またフィリピンでもスリに2回ほどあっています。今思えば自分はすごく無知だったと思います。なぜなら事前にどこが危ないか、また安全かなどまったく考えずにある種日本の基準で行動していたからだと思います。

さらに、現在2021年2月時点ですが去年と今年はとくにコロナの影響で渡航が急に航空会社からキャンセルされたり、空港での検疫や隔離など現地または世界の感染者数によって常にルールが変更される事態もありました。そんな中で渡航前にしっかりと情報がアップデートされていないと空港に行ってから大変困るということがあります。

例えば、最近でいうとフィリピンに空港到着後すぐにホテルで2週間自費で隔離しないといけなくなったり、またその期間が2週間から1週間に急に変更になったりと、常に状況は変化しています。失敗をできるだけ避けるためにもたびレジはとても便利です。お使いのメールアドレスを登録しておけばすぐに渡航先の安全情報をゲットすることができます。無料なので是非登録しておきましょう

 

 

サービス内容

「たびレジ」に登録すると現地の大使館・総領事館から、日本語で最新の安全情報がメールで届きます。また、大規模な事件・事故、テロ、自然災害等緊急事態が発生した場合、被害の状況によっては、現地の大使館・総領事館から、緊急連絡のメールが届き、安否の確認や必要な支援などを受けることができます。

渡航予定がない方も登録しておけば、海外の最新の安全情報を常に確認することができます。

 

 

あなたが受け取れる安心

たびレジは外務省管轄の無料配信サービスです。以下説明する内容はホームページにも記載されておりますが、私からも説明しておきます。

1

旅先の安全情報

2

日本にいても世界の最新情報を入手

3

旅行中にも最新情報

4

事件や事故に巻き込まれても支援

 

 

必ず在留届を提出しよう

海外に3ヶ月以上滞在される方(勤務、留学、永住)は必ず在留資格を提出しないといけません。これは法律で義務付けられていることです。提出のタイミングは海外で住居を定めてからです。提出するものはパスポートと日本と海外先の住所のみです。また帰国するときも帰国届を提出します。以下リンクより提出できます。

 

 

旅に関連する記事

海外生活で一番便利だと思う海外送金アプリ【銀行を使うより●倍得】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が海外渡航先や旅先の安全情報をいちはやく早く入手できる「たびレジ」がめちゃ便利でした。それではSee you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出