教科書では学べない”It’s okay”の意味と3つの使い方【OkayやThat’s okayとの違いもわかる】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は教科書では学べない”It’s okay”の意味と3つの使い方【使いこなせてない人多し】についてお話します。この記事を読めば今日より少し英語力がアプするかと思います。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

教科書では学べない”It’s okay”の意味と3つの使い方【使いこなせてない人多し】

ミスをした同僚から「ごめん」と言われて…

ウィル
It’s okay. It happens.
大丈夫。よくあることだよ。

 

同僚から手伝おうかと聞かれて…

アイヴァン
It’s okay. I can handle it.
大丈夫。まかせて。

 

食べている料理はどうか聞かれて…

ウィル
It’s okay. How about yours?
普通かな。君のは?

 

いかがでしたでしょうか。It’s okayは「大丈夫です」と「普通です」という2つの意味があります。「大丈夫」という意味の場合は、2つ使えるシーンがあり、1つは相手に謝られたときと、2つは相手から丁寧に断るときです。そして3つは、食べ物の感想を聞かれたときの返答として使うことができます。他にも同じ意味の表現があるので以下みてみましょう。

  • 謝られたときのIt’s okayはdon’t worryやIt’s fineと同じ
  • 丁寧に断るときのIt’s okayはNo thank youやI’m fineと同じ
  • 食べ物/飲み物の感想を聞かれたときのIt’s okayはIt’s average, It’s fineと同じ

 

 

”Okay”と同じ意味?

学習者はよくIt’s okayとOkayを混同してしまいがちです。Okayは「了解」や「はい」という意味です。以下よくある間違いの例です。

先生から…

スタローン
Let’s review what we did last time.
前回やったことを復習しましょう。
リョウ
It’s okay. (こちらはOkayであるべき)

 

「はい」という意味でIt’s okayを使っていますが、It’s okayにはそういう意味はないのでOkayと返答するべきです。It’s okayだと相手にNo thank youと言っているように聞こえてしまう可能性があります。このあたりちゃんと使い分けられるようにしておきましょう。

 

 

That’s okayは入れ替え可能?

That’s okayについては入れ替えて使える場合が限られます。It’s okayと同じく使えるシーンについては「相手に謝られたとき」のみです。

水をこぼして謝られて…

ウィル
That’s okay. Don’t worry.
大丈夫ですよ。気にしないでください。

 

そしてThat’s okayだけ使える場面としては、相手からの依頼に対してOKを出すときです。その場合That’s no problemと同じと考えてよいです。

友人から…

ナオミ
Can I borrow your phone for a minute?
少し電話を借りてもいいかな?
スタローン
That’s okay. Go head.
大丈夫ですよ。どうぞ。

 

 

Okayに関連する記事

ネイティブ愛用”Is it okay if 〜?”の意味と使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が教科書では学べない”It’s okay”の意味と3つの使い方【OkayやThat’s okayとの違いもわかる】でした。それではSee you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出