【完全版】待ち時間を聞くときに使える英語表現8選とその使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日はレストランで待ち時間を聞くときに、もっとも使えるフレーズを8つ紹介します。正直他にも言い方はありますが会話でもっともよく使われるフレーズを厳選しました。この記事を読めば、時間をムダにしないレストランやカフェ選びができます。それでは、まいりましょう。

 

 

1. 【定番フレーズ】待ち時間をきくとき

丁寧度

店員さんに…

スタローン
Excuse me, how long do I have to wait?
すみません、どれぐらい待たないといけませんか?

 

丁寧度

ウェイターさんに…

マイク
Excuse me, how long is the wait?
すみません、待ち時間はどのぐらいですか?

 

もう少し丁寧に尋ねるのであれば”will”を使います。直接的でなく時制を未来に移すことでソフトな響になります。1つ目に関しては”have to”は義務感を表すことから少し重い印象を与えます。なので待つことにイライラしているときには、ピッタリです。あえて”need to”を使って、ソフトに表現するのもいいでしょう。2つ目に関しては、”wait”は名詞として使われていて、「待ち時間」という意味です。

丁寧度

人気のカフェにきていて…

ナオミ
How long do I need to wait?

 

丁寧度

人気のレストランにきて…

マイク
Excuse me, do you know what time it will be ready for me?
すみません、何時に用意ができるかわかりますか?

 

お客さんを待たせてしまっているスタッフの人たちは、もしかしたら申し訳ないと思っているかもしれません。そこで”have to”のような少々きつい表現を避けて、限りなく丁寧に伝えたいなら、これ。”ready”を使いましょう。

 

 

2. 待ってるけどあとどのぐらいってとき

丁寧度

美容院にきていて…

マイク
Excuse me, how long do I still have to wait?
すみません、まだどれくらい待たないといけませんか。

 

さっき10分ほどって言ってたけど、もう過ぎてるけど、ときありますね。こういうときは、“still”「まだ」をいれましょう。または“how much longer”を使ってもいいですね。

人気の居酒屋にきていて…

ナオミ
Excuse me, how much longer do I have to wait?
あとどれぐらい待たないといけませんか?

 

 

3. 合わせて覚えておきたい関連表現2選

なかなか順番が来なくて…

アイヴァン
I’ve been waiting for 20 minutes. How long do I still need to wait?
20分も待っています。まだ待つ必要がありますか?

 

お店の人に…

マイク
Excuse me, how long is the wait?
すみません、待ち時間はどのくらいですか?
リョウ
It’ll probably be a 15 minute-wait.
15分ほどお待ちいただくと思います。

 

1つ目は現在完了形の継続です。そして2つ目はスタッフ側のフレーズですが、押さえておきましょう。そうすれば即座に理解できます。”15 minute-wait”で一つの待ち時間だと考えてください。だから直前に冠詞の”a”を入れるのです。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップのアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に完全されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して添削することで、何が不自然で間違えているのかが一目瞭然となります。さらにその後、講師からフィードバックをもらうことで改善へと繋げることが可能です。だから実践でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることで効果が倍増しますね。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

「待つ」に関する記事

”expect”と”wait”の違いとその簡単な使い方【待つはwaitだけじゃない】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が待ち時間を聞くときにもっとも使えるフレーズ8選でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出