学校英語が役に立たないと思った中学時代の経験

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は自分の中学時代の英語体験についてシェアしたいと思います。これも今後必要になってくる実践英語との出会いだったと思います。それでは少しだけお付き合いください。

 

 

実家がホームステイ

ブログで一度も紹介したことはありませんでしたが、実は僕の実家は、小学校の頃からずっとホームステイをしています。2017年の年末に日本に一時帰国したときも、以前実家でホームステイしていたイタリア人とタイ人の子たちが、両親に会いに実家に遊びに来ていました。

多くの人からするかなり非日常的に聞えるかと思いますが、僕たち家族にとってはごく自然なことだったし、今もそうです。なので、帰国したときに親からホームステイしていた人が来てるよ、と聞かされても、オッケーと言った感じです。日本を出るまでに実家には、たくさんの国籍の方が訪れました。そんな環境にいたからこそ、わかった日本の英語教育とリアルとのずれを中学時代に経験しました。

 

 

1年間アメリカ人と一緒に住んだ経験

僕が中学1年のとき、シャーリーさんという人が実家に1年ほど滞在することになりました。実家の近くにある大学の教授として働いていました。シャーリーさんとは、実は長い付き合いで、初めは数週間のホームステイで来て、それから両親と大変仲良くなり、大学の教育関係に日本に訪れるたびに、必ず家に遊びに来るようになりました。

それで、実家の最寄の大学で1年間教壇に立つことになり、両親の実家でまた一緒に住むことになったのです。不思議な縁です。シャーリーさんと一緒に住み始めて、本当に家が明るくなりました。音楽をかけながらリビングでダンスしたり、一緒にアメリカ料理を作ったり、とくかくおしゃべりが好きな方だったので、一日中英語に触れるという環境でした。

その当時、英語を話すことができず、雰囲気でなんとなく理解して、簡単な英会話フレーズでやり取りをするといった感じでした。今思えばそのときにもっと英会話の勉強しておけばよかったと後悔しています笑。そんなアメリカンな環境に1年ぐらいいたことで、中学生のときに、日本の英語教育に違和感を感じ始めました。

 

 

期末試験の時に感じた違和感

違和感を感じ始めたのは、英語の期末試験のときでした。試験の2週間前、いつものようにテストでいい点を取るための勉強を始めました。ひたすら机に向かって、学校で学んだ文法や文を覚える作業です。ふと気づきました。

リョウ
毎日英語の勉強して、期末前に必死にやってるのに、なんでシャーリーさんと全然話せないんだろう。

それから、僕はテストで良い点を取るための勉強に違和感を感じるようになりました。シャーリーさんともっと話したいという気持ちからこの気づきに至ったと思います。

 

 

途中からひたすら音読にフォーカス

それから、テストで良い点を取るための勉強をやめて、自分なりに考えて、直観的に音読しまくれば、話せるようなるかもと思い、テストにでるところや、授業でやったところをひたすら音読だけするようになりました。音読をやりまくって、シャーリーさん少しずつですが言える単語やフレーズが増えていくのを実感しました。やるたびに、確実に英語が口に定着していくのを日々感じました。

今だから言えることですが、実は科学的にも「音読」は、英語を流暢に話すために必要な言語野という部分を強化することができます。こんなことは、もちろん子供時代にはまったくわかりませんでしたが、感覚的にこのやり方のほうがいい、というのを理解していました。それも実践で英語を話す場面に1年間も触れることができたからです。それがなかったら、気付かずにいつものようにテストで良い点を取るためだけに勉強をしていたでしょう。

 

 

日本は教養英語にフォーカスし過ぎ

こういった経験から言えるのは、すでにお分かりかと思いますが、日本の英語教育は教養英語、つまり知識だけを暗記させる英語にフォーカスし過ぎていたんですね。無駄とはいいませんが、やり方が今後待ち受けている(グローバル社会)にまったくマッチしていなかったのです。今は大分実践英語に対して、日本も必要性を感じてきていると、ニュースや英会話業界を見ていて思いますが、それでもまだまだ実践英語教育にシフトし切れておらず、中途半端なところにいる様子です。

それを少しずつRYO英会話を通じて実践英語の大切さを伝えていきたいと思います。実践で英語を話す重要性、楽しさ、そこからの学び、可能性を現実にできることこういったことを小学生や中学生のころから学校で経験できる日が来るのを願っています。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップのアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して添削することで、何が不自然で間違えているのかが一目瞭然となります。さらにその後、講師からフィードバックをもらうことで改善へと繋げることが可能です。だから実践でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることで効果が倍増しますね。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

「中学」に関連する記事

中学英語で十分!ネイティブ英語を見本にしてもダメな理由を解説

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が中学のときに気付いた日本の英語教育への違和感とその振り返りでした。それではSee you around!

アウトプット専門オンラインスクール
無料トライアル実施中

99%の人が知らない「英会話の成功法則」で効率的に伸ばせます。お気軽に無料トライアルからお試しください

こんな方へ
・教材の読み合わせ授業に飽きた
・他の英会話スクールでは成長感がない
・なんとなくの英語学習から抜け出したい
・抽象的なことしか言えない
・会議で瞬時に思ったことを言えない
・言いたいことがなかなか伝わらない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界ぶっちぎりのアウトプット
・発言内容の見える化x添削
・寄り添うパーソナルコーチング
・豊富な48種類の実践トレーニング

今なら体験レッスンと合わせて無料コンサルテーションも(フィードバックメール付き)ご提供中!

最短で英語が話せる
スピーキング短期集中プラン

到達可能なレベルにフルコミットして最短50日〜最長6ヶ月で最も効率的に成長をフルサポートします

こんな方へ
・英語の伸び悩みを感じている
・TOEICは高得点でも話せない
・仕事でどうしても使う必要がある
・仕事で思うように英語が使えない
・独学の学習では限界を感じている

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・発言内容の見える化 X 添削
・専属の講師とコンサルタント
・レベルに合わせたカリキュラム作成
・課題と目標がわかるスピーキングテスト
・定期的なコンサルテーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクール
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出

/公式SNS/
 Youtube   Instagram   Twitter