確率でわかる!”maybe”や”perhaps”、”possibly”そして”probably”の違いとその使い分け

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”maybe”、”perhaps”、”possibly”や”probably”の使い分けについてお話します。

それぞれ意味が「たぶん」と同じなので、どう使い分けてよいのかわかりません。

ということで、そのあたりをわかりやすく説明していきたいと思います。

それでは、まいりましょう。

 

 

3段階ある「たぶん」の確率

“probably”からいきましょう。

“probably”は60%以上の確率で予期していることが起こる場合に使います。

それに対して、“possibly”は40%以下の確率です。

そして、“perhaps”と”maybe”は、五分五分の確率で起こる場合に使います。

 

 

“maybe”と”perhaps”はどう違うの?

ナオミ
Are you going to her birthday party?
彼女の誕生日会いく?
アイヴァン
Maybe.
たぶん。

 

マイク
Would it be possible to have an aisle seat?
通路側の席にしていただくことはできますか?
ナオミ
Perhaps. Please hold while I check.
おそらく。確認しますので少々お待ちください。

 

上の会話で気づいた人もいるかと思います。

この二つの違いは、カジュアルかフォーマルかです。

“maybe”はカジュアルな場面で使うのに対して、”perhaps”はファーマルな場面で使われます。

 

 

“maybe”と”perhaps”の使い方は?

“Yes”や”No.”と言えないときのシンプルな返事として重宝します。

相手の質問にたいして、はっきりと”yes”、”no”と言えないときありますよね。

そういうときに、今回ご紹介しているフレーズをそのまま使いましょう。

主観的でもいいので、自分が思う確率をベースにして答えてみましょう。

あなたなら、どれを使いますか?

 

マイク
Will you come to the party?
パーティーにはくる?
リョウ
Probably.
たぶん。

 

ロバート
Do you think you will get a chance to see your friends while you’re in France?
フランスに滞在する間、君の友人に会える機会はあるの?
スタローン
Possibly. It depends on how busy they will be.
たぶん。彼らがどれだけ忙しいか次第だね。

 

 

冠詞”a”や”an”、”the”の前でよく使う

マイク
That’s probably a bad idea.
それはおそらく良くない考えだね。

 

ロバート
That’s maybe an apple he brought.
それはおそらく彼が持ってきたりんごだよ。

 

リョウ
This was possibly the greatest meal I’ve ever had this year.
たぶんこれは今年で一番美味しい料理でした。

 

紹介している4つの「たぶん」はこのように、冠詞の前において使われることがあります。

 

 

“should”や”could”、”will”など助動詞と合わせて

スタローン
He won’t probably come in time.
彼はたぶん時間通りにこないよ。

 

マイク
This could possibly be the last time we ever see each other.
これはおそらくお互い会う最後の機会になるだろうね。

 

リョウ
Maybe you should quit your job now.
たぶんもうその仕事やめたほうがいいよ。

 

助動詞”could”や”will”、”should”などと合わせて使われることもよくあります。

その際、文頭や文中におきます。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、”maybe”、”perhaps”、”possibly”や”probably”の使い分けでした。

それでは、See you around!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。