3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

今すぐ使える!「外注」のためのビジネス英語表現と使い方完全ガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. レッスン内で発言内容の見える化&添削
3. 課題を分析して目標レベルまで伴走
4. 英語コーチング業界最安値、高品質

はじめに

こんにちは、皆さん。今回は「外注」というテーマについてお話しします。ビジネスの世界でよく使われるこの言葉、実際にはどんな意味があるのでしょうか?そして、なぜビジネスにおいて重要なのでしょうか?

「外注」って何?

「外注」とは、自社で行うべき業務を外部の専門業者やフリーランスの人々に依頼することを指します。例えば、ウェブサイトのデザインを自分たちで行うのではなく、デザイン会社に依頼する場合がこれに当たります。このように、外部の力を借りることで、自社のリソースを他の重要な業務に集中させることができるのです。

ビジネスでの重要性

ビジネスの現場では、外注は非常に重要な役割を果たします。以下にその理由をいくつか挙げてみましょう。

  1. コスト削減: 自社で全てを賄おうとすると、高額な設備や専門知識を持つスタッフを揃える必要があります。しかし、外注を利用することで、その都度必要な専門知識や技術を外部から取り入れることができ、コストを抑えることができます。
  2. 時間の節約: 専門的な業務を自社で行うには時間がかかります。その時間を節約し、本来の業務に集中できることは大きなメリットです。
  3. 専門知識の活用: 外部の専門業者は、その分野に特化した知識や技術を持っています。彼らの力を借りることで、より質の高い成果物を得ることができます。
  4. 柔軟な対応: 市場の変化に迅速に対応するためには、柔軟なリソースの活用が求められます。外注を活用することで、必要な時に必要なリソースを素早く確保することが可能です。

 

 

無料トライアル実施中

基本的な英語表現

「Outsource」とは?

「Outsource」という言葉は、「外部に委託する」という意味を持ちます。ビジネスの場面では、自社の業務の一部を外部の業者や専門家に依頼することを指します。例えば、以下のように使います。

アウトソーシングは、特に専門的な知識や技術が必要な業務に対して使われることが多いです。これにより、企業はコスト削減や効率向上を図ることができます。

「Subcontract」との違い

「Subcontract」も外注を意味しますが、少しニュアンスが異なります。「Subcontract」は、主にプロジェクトの一部を外部の下請け業者に任せることを指します。以下のように使われます。

アウトソーシング(Outsource)は、全体的な業務を外部に委託する広範な意味を持ちますが、サブコントラクト(Subcontract)は、特定のタスクやプロジェクトの一部分を外部に任せることに焦点を当てています。

 

 

外注に関する具体的な英語フレーズ

依頼する際の表現

外注を依頼する際には、明確で丁寧なコミュニケーションが重要です。以下に、依頼する際によく使われる英語表現を紹介します。

  1. 依頼の開始
    • “We are considering outsourcing this project. Could you provide us with a proposal?”
      (このプロジェクトの外注を検討しています。提案書をいただけますか?)
  2. 詳細の説明
    • “We need a detailed quote for the following tasks…”
      (次のタスクについての詳細な見積もりが必要です…)
  3. 依頼内容の確認
    • “Can you confirm if you can handle this within the given timeline?”
      (この期限内に対応可能か確認いただけますか?)
  4. 依頼の確定
    • “We would like to proceed with your services for this project.”
      (このプロジェクトに関して、御社のサービスを利用したいと思います。)

受け取る際の表現

外注した業務の成果物を受け取る際には、丁寧な対応と確認が必要です。以下に、受け取る際に使える英語表現を紹介します。

  1. 受け取りの確認
    • “We have received the deliverables. Thank you for your prompt work.”
      (納品物を受け取りました。迅速な対応ありがとうございます。)
  2. 確認とフィードバック
    • “We are reviewing the submitted work and will get back to you with any feedback shortly.”
      (提出された作業を確認しており、すぐにフィードバックをお伝えします。)
  3. 修正依頼
    • “Could you please make the following adjustments…”
      (次の修正をお願いできますか…)
  4. 最終確認
    • “Everything looks good. We appreciate your excellent work.”
      (全て問題ありません。素晴らしい仕事に感謝します。)

 

 

外注のメリットとデメリット

コスト削減の利点

外注の最大のメリットの一つは、コスト削減です。以下にその具体的な利点をいくつか挙げてみましょう。

  1. 設備投資の削減: 自社で新しいプロジェクトや業務を始める際には、専門的な設備やツールが必要になることがあります。外注を利用すれば、これらの設備を購入する必要がなくなり、初期投資を大幅に削減できます。
  2. 人件費の削減: 特定の業務のために専門スタッフを雇うと、給与や福利厚生などの人件費がかかります。外注を利用することで、その分のコストを抑えられます。
  3. 効率的なリソース活用: 外注先は既にその分野の専門知識や経験を持っているため、短期間で高品質な成果を提供できます。これにより、自社のリソースを他の重要な業務に集中させることができます。

コミュニケーションの課題

一方で、外注にはいくつかのデメリットもあります。その中でも大きな課題の一つがコミュニケーションです。

  1. 言語や文化の違い: 特に海外の外注先を利用する場合、言語や文化の違いがコミュニケーションの障害となることがあります。誤解やミスが生じやすくなるため、細かな指示や確認が必要です。
  2. タイムゾーンの違い: 外注先が異なるタイムゾーンにある場合、リアルタイムでのコミュニケーションが難しくなります。緊急の対応が遅れることもあるため、事前にスケジュールを調整しておくことが重要です。
  3. 情報共有の難しさ: 外部の業者に情報を共有する際、セキュリティや機密保持の観点から慎重な対応が求められます。また、必要な情報が正確に伝わらないと、期待する成果が得られないこともあります。
  4. プロジェクト管理の複雑化: 複数の外注先を利用する場合、それぞれの進捗状況を管理する必要があります。これにより、プロジェクト全体の管理が複雑化し、追加のコストや時間がかかることがあります。

 

 

外注に関連するよく使われる単語

便利な単語リスト

外注に関連する英語表現はたくさんあります。ここでは、よく使われる単語をリストアップしました。

  1. Outsource(アウトソース): 外注する
  2. Subcontract(サブコントラクト): 下請けに出す
  3. Vendor(ベンダー): 供給業者
  4. Freelancer(フリーランサー): 自由契約者
  5. Contract(コントラクト): 契約
  6. Deliverable(デリバラブル): 納品物
  7. Milestone(マイルストーン): 進捗の節目
  8. Proposal(プロポーザル): 提案書
  9. Quote(クオート): 見積もり
  10. Specification(スペシフィケーション): 仕様書
  11. Invoice(インボイス): 請求書
  12. Deadline(デッドライン): 締め切り
  13. Terms of Service(タームズ・オブ・サービス): サービス利用規約
  14. Scope of Work(スコープ・オブ・ワーク): 業務範囲
  15. Quality Assurance(クオリティ・アシュアランス): 品質保証

使い方の例

これらの単語を使った具体的な表現をいくつか紹介します。

  1. Outsource
    • “We plan to outsource our customer support services to a third-party vendor.”
      (顧客サポート業務を外部のベンダーに外注する予定です。)
  2. Subcontract
    • “The construction company decided to subcontract the painting work.”
      (建設会社は塗装作業を下請けに出すことにしました。)
  3. Vendor
    • “We are in the process of selecting a new vendor for our IT services.”
      (ITサービスの新しい供給業者を選定中です。)
  4. Freelancer
    • “We hired a freelancer to design our new website.”
      (新しいウェブサイトのデザインをフリーランサーに依頼しました。)
  5. Contract
    • “The contract with our outsourcing partner has been renewed.”
      (外注先との契約が更新されました。)
  6. Deliverable
    • “The deliverables for this project include a detailed report and a presentation.”
      (このプロジェクトの納品物には、詳細な報告書とプレゼンテーションが含まれます。)
  7. Milestone
    • “We have set several milestones to track the project’s progress.”
      (プロジェクトの進捗を追跡するためにいくつかのマイルストーンを設定しました。)
  8. Proposal
    • “Please review the proposal and provide your feedback.”
      (提案書を確認してフィードバックをお願いします。)
  9. Quote
    • “Can you provide us with a quote for the development work?”
      (開発作業の見積もりをいただけますか?)
  10. Specification
    • “The specifications for the project have been finalized.”
      (プロジェクトの仕様書が確定しました。)
  11. Invoice
    • “The invoice for the completed work has been sent to the finance department.”
      (完了した作業の請求書が財務部に送られました。)
  12. Deadline
    • “The deadline for this task is next Friday.”
      (このタスクの締め切りは来週の金曜日です。)
  13. Terms of Service
    • “Please review the terms of service before signing the contract.”
      (契約に署名する前にサービス利用規約を確認してください。)
  14. Scope of Work
    • “The scope of work includes both development and testing.”
      (業務範囲には開発とテストの両方が含まれます。)
  15. Quality Assurance
    • “Our quality assurance team will ensure that the deliverables meet the required standards.”
      (品質保証チームが納品物が必要な基準を満たしていることを確認します。)

 

 

実際の会話で使える例文

ミーティングでの会話例

外注を依頼する際や進捗を確認するためのミーティングで使える英語の例文を紹介します。

外注の依頼

Manager: “We are considering outsourcing our software development project. What are your thoughts on this?”

(ソフトウェア開発プロジェクトを外注することを検討しています。皆さんの意見はどうですか?)

Team Member: “I think outsourcing could be beneficial as it will allow us to focus on our core competencies.”

(外注は有益だと思います。私たちが自分たちのコア業務に集中できるようになります。)

進捗確認

Manager: “Can you provide an update on the work we outsourced to the design firm?”

(デザイン会社に外注した作業の進捗を教えてもらえますか?)

Team Member: “The design firm has completed the initial drafts, and we will review them in tomorrow’s meeting.”

(デザイン会社は初稿を完成させており、明日のミーティングでそれをレビューする予定です。)

問題の共有

Manager: “We’ve encountered some communication issues with the outsourcing partner. How should we address this?”

(外注先とのコミュニケーションに問題が発生しています。どう対処すべきでしょうか?)

Team Member: “We should schedule regular video calls to ensure clear communication and address any concerns promptly.”

(定期的なビデオ通話を予定して、明確なコミュニケーションを確保し、懸念事項に迅速に対処するべきです。)

メールでのやり取りの例

外注先とのメールでのやり取りで使える英語の例文を紹介します。

依頼のメール

  • Subject: Request for Proposal
  • Email:

Dear [Vendor’s Name],

We are interested in outsourcing our upcoming project related to [project description]. Could you please provide us with a detailed proposal and quote for the same?

Thank you,
[Your Name] [Your Position] [Your Company]


[ベンダーの名前] 様

私たちは、[プロジェクトの説明]に関連する今後のプロジェクトを外注することに興味があります。詳細な提案書と見積もりをいただけますでしょうか?

よろしくお願いいたします。

[あなたの名前] [あなたの役職] [あなたの会社]

見積もり依頼

  • Subject: Request for Quote
  • Email:

Hi [Vendor’s Name],

Could you please provide us with a quote for the following services: [service details]? We are looking to start this project by [start date].

Best regards,
[Your Name] [Your Position] [Your Company]


[ベンダーの名前] 様

以下のサービスに関する見積もりをいただけますでしょうか: [サービスの詳細]?このプロジェクトを[開始日]までに開始したいと考えています。

どうぞよろしくお願いします。

[あなたの名前] [あなたの役職] [あなたの会社]

進捗確認

  • Subject: Project Update Request
  • Email:

Hello [Vendor’s Name],

I hope this email finds you well. Could you please provide an update on the current status of the [project name] we outsourced to your team?

Thank you,
[Your Name] [Your Position] [Your Company]


[ベンダーの名前] 様

お元気でお過ごしのことと思います。私たちが御社に外注した[プロジェクト名]の現在の進捗状況を教えていただけますでしょうか?

よろしくお願いいたします。

[あなたの名前] [あなたの役職] [あなたの会社]

修正依頼

  • Subject: Request for Revisions
  • Email

Dear [Vendor’s Name],

Thank you for the deliverables. After reviewing the work, we have identified a few areas that need adjustments. Could you please make the following changes: [list of changes]?

We appreciate your prompt attention to this matter.

Best regards,
[Your Name] [Your Position] [Your Company]


[ベンダーの名前] 様

納品物をありがとうございます。作業内容を確認したところ、いくつかの修正が必要な箇所がありました。次の変更をお願いできますでしょうか: [変更内容のリスト]?

迅速な対応をお願い申し上げます。

よろしくお願いいたします。

[あなたの名前] [あなたの役職] [あなたの会社]

納品受け取り

  • Subject: Confirmation of Deliverables Received
  • Email:

Hi [Vendor’s Name],

We have received the deliverables for the [project name]. Thank you for your timely work. We will review the materials and get back to you with any feedback.

Best regards,
[Your Name] [Your Position] [Your Company]


[ベンダーの名前] 様

[プロジェクト名]の納品物を受け取りました。迅速な対応に感謝します。資料を確認し、フィードバックがあればお伝えします。

よろしくお願いいたします。

[あなたの名前] [あなたの役職] [あなたの会社]

 

 

外注業者との関係構築

良好な関係を築くためのポイント

  1. 明確なコミュニケーション:
    • 最初に期待する成果や目標をはっきりと伝えましょう。これには、詳細な仕様書やスコープオブワーク(業務範囲)を作成し、共有することが含まれます。定期的なミーティングや進捗報告も重要です。
  2. 信頼関係の構築:
    • お互いの信頼が大切です。信頼を築くためには、透明性を持ち、正直なコミュニケーションを心がけましょう。成果物の評価やフィードバックも積極的に行いましょう。
  3. 公平な契約:
    • 契約は双方が納得できる内容にしましょう。料金や納期、品質基準などの詳細を明確にし、双方が同意した上で契約を結びます。トラブル防止のためにも、契約内容はきちんと文書化しておくことが重要です。
  4. 柔軟性の確保:
    • プロジェクトが進行する中で、変更や調整が必要になることがあります。柔軟に対応できる体制を整えておくことが大切です。予期せぬ問題に対しても、冷静に対処できるよう準備しておきましょう。
  5. 感謝の意を示す:
    • 外注先の努力や成果に対して感謝の意を示すことで、良好な関係を築くことができます。良い仕事をしてくれた時には、感謝の言葉や報酬を適切に伝えましょう。

トラブル時の対応方法

  1. 早期対応:
    • 問題が発生した場合は、早期に対応することが重要です。問題を放置すると、後で大きなトラブルに発展する可能性があります。すぐに外注先に連絡し、問題の詳細を共有しましょう。
  2. 原因の特定:
    • トラブルの原因を正確に特定することが大切です。外注先と協力して、問題の根本原因を探りましょう。その上で、解決策を考え、実行に移します。
  3. 建設的なアプローチ:
    • 問題解決に向けては、建設的なアプローチを心がけましょう。責任の押し付け合いを避け、お互いに協力して解決策を見つけることが大切です。冷静で前向きな態度を保ちましょう。
  4. 再発防止策の実施:
    • 問題が解決した後は、再発防止策を講じることが重要です。同じ問題が再び発生しないように、手順やプロセスを見直し、必要な改善を行いましょう。
  5. ドキュメント化:
    • トラブルの経緯や解決策を文書化しておくことも大切です。これにより、将来同様の問題が発生した場合に迅速に対応できるようになります。また、プロジェクトの進行に関する透明性も確保できます。

 

 

外注を成功させるためのヒント

クリアな指示を出す

外注を成功させるためには、明確な指示を出すことが非常に重要です。以下のポイントを押さえて、外注先にクリアな指示を伝えましょう。

  1. 具体的な目標設定:
    • プロジェクトの目標や期待する成果を具体的に伝えます。例えば、「売上を10%増加させるためのマーケティングプランを作成してください」というように、具体的な数値や結果を示すことで、外注先が目標を理解しやすくなります。
  2. 詳細な仕様書:
    • プロジェクトの詳細を文書化した仕様書を提供します。これには、必要な機能やデザイン、納期、予算などの詳細を含めます。明確な仕様書があれば、外注先は作業をスムーズに進めやすくなります。
  3. コミュニケーションチャネルの確保:
    • 質問や確認事項が発生した際に迅速に対応できるよう、明確なコミュニケーションチャネルを確保します。例えば、定期的なミーティングやチャットツールを活用して、リアルタイムでのやり取りができるようにします。
  4. ステップバイステップの指示:
    • 作業を段階的に進めるためのステップバイステップの指示を提供します。大きなタスクを小さなタスクに分解し、それぞれのステップに対して具体的な指示を出します。
  5. 期待する品質基準の明示:
    • プロジェクトの品質基準を明確に伝えます。例えば、「デザインは高解像度で、レスポンシブ対応であること」というように、具体的な基準を示します。

定期的なフィードバック

定期的なフィードバックは、プロジェクトの進行をスムーズにし、外注先のパフォーマンスを最適化するために重要です。

  1. 定期的な進捗報告:
    • 外注先からの定期的な進捗報告を求めます。これにより、プロジェクトの状況を常に把握し、必要な調整を早期に行うことができます。
  2. 中間レビューの実施:
    • プロジェクトの中間段階でレビューを実施し、進捗状況や成果物を確認します。これにより、問題が発生している場合は早期に対応でき、プロジェクトの方向性を修正することができます。
  3. 具体的なフィードバック:
    • 提出された成果物に対して具体的なフィードバックを提供します。褒めるポイントと改善点を明確に伝えることで、外注先は自分のパフォーマンスを理解し、次の作業に活かすことができます。
  4. 建設的な意見交換:
    • フィードバックの際には建設的な意見交換を心がけます。批判だけでなく、改善のための具体的な提案やアドバイスを提供します。これにより、外注先はモチベーションを維持しやすくなります。
  5. 成果の評価と報奨:
    • 外注先の成果を評価し、必要に応じて報奨を提供します。良い仕事をした場合には感謝の意を示し、適切な報酬を提供することで、外注先との関係を強化できます。

 

 

まとめ

本記事のポイント

本記事では、「外注」に関するビジネス英語表現とその使い方について詳しく解説しました。以下に、本記事のポイントをまとめます。

  1. 外注の基本的な概念:
    • 「外注」とは、自社の業務の一部を外部の専門業者に依頼することを意味します。
  2. 基本的な英語表現:
    • 「Outsource」は外注を意味し、「Subcontract」は特定のタスクを下請けに出すことを指します。
  3. 具体的な英語フレーズ:
    • 依頼する際の表現や受け取る際の表現について具体例を紹介しました。
  4. 外注のメリットとデメリット:
    • コスト削減の利点として、設備投資や人件費の削減が挙げられます。一方、コミュニケーションの課題として、言語や文化の違い、タイムゾーンの違いなどが考えられます。
  5. よく使われる単語:
    • 外注に関連する単語リストとその使い方の例を紹介しました。
  6. 実際の会話で使える例文:
    • ミーティングやメールでのやり取りの具体例を提供しました。
  7. 外注業者との関係構築:
    • 良好な関係を築くためのポイントとトラブル時の対応方法を解説しました。
  8. 外注を成功させるためのヒント:
    • クリアな指示を出すことや定期的なフィードバックの重要性を強調しました。

読者への応援

この記事を読んでいただき、ありがとうございます。ビジネスにおける外注は、多くの利点をもたらす一方で、適切な管理とコミュニケーションが必要です。この記事が皆さんのビジネス活動に役立ち、外注を効果的に活用するための一助となれば幸いです。

外注を利用することで、自社のリソースを最適化し、効率的に業務を進めることができます。ぜひ、ここで紹介したポイントやフレーズを活用し、成功したプロジェクトを次々と生み出してください。

皆さんのビジネスがさらに成長し、成功することを心から応援しています。今後も頑張ってくださいね!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

スピーキングに伸び悩みを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム