意外と知らない”主語 + won’t 〜.”のニュアンスと3つの使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は意外と知らない”主語 + won’t 〜.”のニュアンスと3つの使い方についてお話します。この記事を読めば英語感覚がさらにアップします。それでは、まいりましょう。

 

 

まず”won’t”と”will not”の違いは?

“won’t”も”will not”もまったく同じように使われるのですが、違いは”won’t”は”will not”の省略形であることでカジュアルな言い回しになっています。だからエッセイやメールなどのでは”will not”を使い、会話やチャット、そして対話形式の文章では”won’t”を使いましょう。

 

 

1. 予想するとき

テスト前に…

ナオミ
I think he won’t pass the test. Because he didn’t study at all.
彼はテストに合格しないと思うよ。だって全然勉強してなかったから。

 

 

こちらは単純未来として使う”will”でよく”be going to”と比較されますが、否定形で未来に起こりうる出来事を伝えるときに使います

 

 

2. 約束をするとき

同棲中の彼氏に…

アイヴァン
I told you not to smoke here.
ここでタバコを吸わないでって言ったよね。
マイク
Okay okay. I won’t (smoke).
わかったわかった、吸わないよ。

 

 

2と3に関しては、単純未来ではなく”will”に「意志」が入ることで場面によって約束、提案や要求を断るときに使うことができます。初めのうちはなかなかつかめないかもしれませんが、相手が言った”won’t”が2なのか3なのかは文脈で判断することになります。

 

 

3. 要求や提案をこばむとき

友人と旅行を計画していて…

ナオミ
It’s useless persuading her. Because she won’t definitely come with us.
説得してもムダよ。彼女は絶対来ないから。

 

 

2で少し触れましたが、例文のように「主語」が誰かからの要求や提案を拒むときにも使われます。またこの場合の”won’t”は人だけでなく下記例文のように「物」があたかもこちらの要求を拒むかのように使うこともできます。

友人へ…

マイク
I’m starting the engine, but the car won’t move.
エンジンをかけてんだけど、車が動かないな。

 

 

 

ところで”won’t”と”don’t”の違いって何?

マイクが大学に行っているか聞かれて…

リョウ
He doesn’t go to college.
大学に行ってません。

 

 

マイクが大学へ意志はあるのか聞かれて…

ナオミ
He won’t go to college.
大学に行く予定はありません。

 

 

現在形と未来形のニュアンスの違いになりますが、現在形は「昨日も今日も明日も起こること」を表すとき(これ以外にも使い方はあるよ)に使われますので、1つ目の例文の場合昨日も今日も明日も大学に行かないということなので今は入学していないということになります。それに対して”won’t”は先ほど紹介したように「予測」か「意志」が入るので例文のように「行く予定がない」のかまたは状況によっては「行きたくない」ということになります。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップのアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に完全されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して添削することで、何が不自然で間違えているのかが一目瞭然となります。さらにその後、講師からフィードバックをもらうことで改善へと繋げることが可能です。だから実践でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることで効果が倍増しますね。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

won’tに関連する記事

もう大丈夫!”won’t”と”want”の発音の違いを簡単に聞き分ける方法

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が意外と知らない”主語 + won’t 〜.”のニュアンスと3つの使い方でした。それでは、See you around!

2 件のコメント

    • Tanaka様

      コメントありがとうございます。
      少々混乱を招く記事になっており申し訳ありませんでした。結論からお伝えすると、Tanaka様のおっしゃる通りWon’t you 〜?で相手に何かを進めるときにも使うことができます。今回の記事では修正させていただきましたが、主語 + won’t 〜.”の場合に限らせていただいておりました。

      その他にもご質問等あればいつでもコメントください。

      どうぞよろしくお願いします。
      RYO

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    /弊社のアピールポイント/
    1.コーチング型ジム系オンラインスクール
    2.月間30万アクセスの優良サイト
    3.海外で通用する英語力が身につく
    4.自信や自由を手に入れたい人を応援

    /代表RYOのプロフィール/
    セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
    株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出