ネイティブ発音の”told you”が聞こえないのはなぜ?今日からは「トールドユー」を卒業しよう!

ネイティブが発音する”told you”を聞き取るには、”d”と”you”の音のつながりの変化を知る必要があります。

 

まずは二人の会話を聞いてみましょう!

リョウ
Why didn’t you tell me about the change of the schedule?
何でスケジュール変更について教えてくれなかったの?
マイク
I told you yesterday though.
昨日君に伝えたけど。

 

 

 

“d”と”you”の音が繋がる

カタカナ発音だと、「トールド ユー」ですが、ネイティブが発音する”told you”は全然違います。

“told”の”d”と”you”の音が繋がって、「ジュ」になります。まるまる言うと、「トージュ」のようになります。ネイティブは普通に話して、こういう発音になります。

 

 

早口で「トージャ」

また、ネイティブが早口で”told you”と発音すると、また音が変わってきます。早口になることで、”you”の音が弱くなり、「ユー」から「ヤ」のような音になります。

そこで、”d”の音と繋がって、「ジャ」のように発音します。ただ、この発音の仕方は、くだけた言い方なので、親しい間柄以外の人には使わないほうが良いでしょう。

下の会話を聞いて、早口バージョンを確認してみましょう。

 

マイク
What time are we leaving for the party this Friday?
今週の金曜日、パーティーへは何時に出るの?
リョウ
Not again. I told you before. We’re leaving at 7 in the evening.
またかよ。前言ったじゃん。夕方の7時に出るよ。

 

 

 


 

いかがでしたか?発音は音読が鍵です。何度もネイティブの発音の練習をすることで、口がそれに馴染んでいきますよ。それでは、See you again!

 

 

ネイティブ発音のコツが分かる、RYO英会話教室のリエゾントップ記事6選!

2017.05.13

ネイティブ発音を身に着けるなら、必ず知っておきたいリエゾン3選!

2017.05.08
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

旅行英会話からビジネス英会話まで会話で役立つ情報はもちろん、海外に住んでいるからわかる旬な情報も配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

運営者:RYO。大阪出身。大学在学中に、フィリピン留学とオーストラリアのワーキングホリデーを2年間経験。その後フィリピンに渡り、KLab株式会社にて1年間翻訳兼通訳者として勤務。4年間hanasoオンライン英会話で教材開発、講師、カンセリング、カスタマーサポートを従事。 最後は、Alue株式会社にて大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修をコーディネート。海外滞在歴約9年。現在は、独立しRYO英会話教室を中心に個人事業を展開中。