3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

英会話がグンと自然に!「in an hour」のリエゾン発音法

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。英語の発音には、ネイティブスピーカーのような流暢さを出すための様々なテクニックがあります。「in an hour」のフレーズは、英会話でよく使われる表現の一つです。今回は、このフレーズのネイティブな発音方法と、そのコツについて詳しく見ていきましょう。それでは、まいりましょう。

 

 

“in an hour”の発音の仕方

「in an hour」のフレーズでは、リエゾン(単語と単語が滑らかにつながる現象)が重要な役割を果たします。「in」と「an」の間では特に、”n” の音を強調しながら次の “a” へと滑らかに移行します。この時、”in” の “n” と “an” の “a” をほぼ同時に発音するように心がけましょう。また、「hour」の “h” は発音せず、「our」の部分に重点を置いて発音します。結果として、「in an hour」は “in-n-n-hour” のように聞こえることが多いです。

注意点

ネイティブスピーカーの発音を聞き取る際は、各単語が独立して聞こえるというよりは、一つの流れとして聞こえることに注意しましょう。特に「in an hour」のようなフレーズでは、リエゾンによって単語の境界が曖昧になりがちです。スピーカーによっては、さらに速く発音される場合もあるため、全体の流れを捉えることが大切です。

 

 

無料トライアル実施中

例文

ネイティブが発音する”in an hour”を聞き取るには、それぞれ単語の音のつながりを認識する必要があります。まずは二人の会話を聞いてみましょう!Here we go!

同僚と…

マイク
I got a call from my client. Sorry, I have to go to the office now.
クライアントからの電話だったよ。ごめん、今から事務所にいかないといけないんだ。
ナオミ
All right. What time will you be back?
わかった。何時に戻ってくるの?
マイク
I’ll be back in an hour.
一時間ごに戻ってくるよ。

 

 

上司へ…

リョウ
I’ll finish my work in an hour.
一時間後に仕事を終わらせます。

 

 

チームメイトへ…

リョウ
I’ll go out in an hour.
一時間後に出かけます。

 

 

 

練習問題

「in an hour」を使った以下の文を読み、リエゾンの発音を意識して練習してみましょう。

  • Can you finish this in an hour?
  • We will start the meeting in an hour.
  • She said she’d call back in an hour.

 

 

押さえておくべきポイント

  • リエゾンの発音に慣れることで、ネイティブスピーカーのような自然な英語が話せるようになります。
  • 「in an hour」のようなフレーズでは、単語間のつながりに特に注意してください。
  • 練習を重ねることで、聞き取りやすくなり、自然な発音が身につきます。

 

 

合わせて覚えておきたいリエゾン表現

英語の流暢な会話では、リエゾン(単語と単語が滑らかにつながる発音)が非常に重要です。リエゾンをマスターすることで、ネイティブスピーカーのような自然な発音が可能になります。ここでは、「in an hour」の発音に加えて、日常会話でよく使われるリエゾンの例をいくつか紹介します。

“I’m going to eat.” → “I’m gonna eat.”

“I’m going to eat.”(アイム ゴーイング トゥ イート)→ “I’m gonna eat.”(アイムガナ イート) “Do

この表現では、”going to”が縮約されて”gonna”となります。これは非常に一般的なリエゾンの例で、特に口語英語で頻繁に見られます。”going to”を”gonna”と発音することで、言葉が滑らかになり、速い会話の中でも明瞭に聞き取れます。このリエゾンを使うことで、意図するアクションや未来の予定を自然に表現できます。

“Do you have a pen?” → “D’you have a pen?”

you have a pen?”(ドゥ ユー ハヴ ア ペン)→ “D’you have a pen?”(ドュハヴァ ペン)

この場合、”Do you”が縮まって”D’you”となり、これもまた日常英会話における典型的なリエゾンの一例です。”Do you”の発音を短縮することで、質問がより自然でカジュアルに聞こえ、話者間の親密さを表現できます。このような発音の変化は、特に友人や同僚との会話でよく用いられます。

 

 

時間に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。「in an hour」の発音をマスターすることは、英語の流暢さを格段に上げる一歩です。日常会話でこのフレーズを使う機会は多いので、今回紹介したポイントを活かして、練習を積んでみてください。以上が、”in an hour”のネイティブ発音についてでした。それでは、See you again!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム