グローバルで通用する英語を身につけるために必要な6つの要素

こんにちは、リョウです。

今日は、RYO英会話教室が提供している英会話力、つまりグローバルで通用する英語を身につけるために必要な6つの要素についてお話したいと思います。

この辺りを意識して英語学習をやるのとやらないので、長い目で見たときにあなたの実現できる人生の可能性は大きく変わってきます。

今の段階で、すでにそれぞれを意識しながら英語学習に取り組んでいきましょう。

それでは、参ります。

 

 

今後の日本の英語力の基準はどこに向かっていくのか?

早速結論からいうと、日本では、今後グローバルで通用するための英語力が指標になっていくと思っています。

なぜなら、将来的に日本経済は縮小していく傾向にある中で、海外に市場を拡大していく必要があったり、また少子高齢化の影響で、海外からの移民も受け入れていく必要が出てくるかもしれません。

また英語教育の面においても、昨今変化が見られます。小学校から英語が義務教育になったり、大学入試改革、そしてスピーキングテストの普及などがあげられます。

だから、ビジネスにしても日常においても、実用的に英語が使える人がどんどん求められていくのは間違いないです。

しかし、残念ながら今の英語教育は、グローバルで通用する英語ではまったくありません

証拠として、義務教育で英語を勉強しても話せるようになった人は皆無に等しいです。

事実、中学校から高校まで、長い人なら大学まで英語を学んできたのに、日常英会話やビジネス英会話はもちろん、プレゼンテーションなど、全く実践で使えない状態で卒業するのが現状です。(海外留学をする方を除いて)

現に僕も、大学まで英語を学びましたが、在学中に、海外に出たときに自分がいかに英語が話せないことに気づきました。そして、今までやってきた勉強はなんだったんだと。

 

現在、TOEICスコアが内定や昇進の基準になっていますが、TOEICは、義務教育で学んできた教養英語を試す為のテストです。

今後のニーズを考えると、義務教育も教養英語から実用英語に移行せざる追えなくなると思います。

そうなったときに、個人的な予想では、TOEICの重要度は今より落ちていくと見ています。

なぜなら、TOEIC(リスニングとリーディングのみの試験)で実用的な英語力は測れないからです。

勘違いしてほしくないのが、TOEICを批判する気は全くもってありません。

もちろん、現段階では、学校や会社で求められる範囲で自己啓発をしていくことは必要です。

言いたいのは、今の日本の英語教育にもっとも適した英語能力テストであるけれど、実践英語力を身につけたい人が、受ける英語力テストではなくなってきている、ということです。

このような背景から、今後は実用英語に特化したテスト、または教養英語と組み合わせたテストが個々の英語力の指標になっていくと考えいます。

 

 

英語は賢いから話せる言語ではない

多くの方が英語に関して、勘違いしていることがあります。

それは、「英語が話せる=頭が良い」と信じている方が恐ろしく多いことです。

これには理由があると思っています。

僕たちは偏差値で英語力が決められています。

義務教育でずっと偏差値で英語力を決められてきました。なので、英語が話せるとなると、偏差値が高くないとできないというイメージが先行し、頭がよくないと話せないものになってしまうのだと思います。

もう一度言いますが、英語が話せる=頭が良いではありません

なぜなら、学校でいい点をとるための英語と、実践で話す英語はまったく別物、つまり別の脳の部分を使っているからです。

事実、TOEICを高得点とっていたり、学校の英語の先生で話せないことが多いのは、学校でいい点をとるための勉強をしているのであって、話せるようになるための訓練はしていません。

実践英語というのは、TOEIC400点ぐらいであれば問題なくコミュニケーションができる英語まで持っていくことができます。

自分も含めて、いままでたくさんの方が400〜600点でスラスラ話せる様になるのをたくさん見てきました。

どちらにあなたがフォーカスしたいかあやふやなまま英語学習をしていると、かなりの時間ロスになりかねません。

正直、実用英語の訓練をすれば、1日にどれだけ話す時間をとるかにもよりますが、1年間、毎日1時間も訓練すれば、誰でも話せるようになります。

中卒でも高卒でも関係ありません。

必要なのは、自分をそういう環境に身を置ける覚悟があるか、ないかの話だけです。

ちなみに、実用英語を向上すると教養英語も比例して上がっていくので相乗効果もあります。

 

 

グローバルで通用する6つの要素

では、グローバルで通用する英語を身につけるために、一体何をやればよいのでしょうか。

グローバルで通用する英語を身につけるためには、6つの要素が必須になります。

これは実際に僕が、トータル9年かけて、オーストリアやフィリピンで、人と関わり働く中で、発見したものと、以前実用英語を提供する研修企業で勤務した経験を元に体系化しています。

 

  • 経験値
  • 積極性
  • 機転
  • 瞬発力
  • メンタル力
  • コミュニケーション力

 

では、簡単にそれぞれ説明してきます。

 

 

経験値

経験値は、言葉の通り、実際に日常やビジネスで起こりうるシーンやテーマでどれだけ英語と触れ合ってきたかです。

もちろん、経験値が多いほど、どういった場面でどの表現や単語を使えばいいのか徐々に定着していくので、自然な英語が身につきやすいですし、自信がどんどんついていきます。

だから経験値を積むことはとても大切な要素の一つなのです。

 

 

積極性

2つ目は、積極的な発話です。

海外の人は、日本人のように空気を読みながら話してくれません。

なので、わかってくれると思っていたり、自分に話をフッてくれるだろうというのは、あまり期待しないほうがいいです。

まずは自分がどういう風に会話を運んでいきたいのか、そこが重要になってきます

だから、消極的ではダメです。

自分の言いたいことや伝えるべき情報を待っているのではなく、どんどん積極的に会話していく必要があります。

そういった背景から、2つ目に必要なのは、会話においての積極性です。

 

 

機転

3つ目は機転、つまり臨機応変な対応です。

臨機応変な対応ができないと、スムーズな会話ができません。

第2言語として、英語を話すので自分が言いたいことをニュアンス通りに、いつも適切に言えるわけではありません。

また、この表現が正解というのはありません

そんな時に自分が知っている単語の中でうまく表現していかなければいけません。

考えこんでしまう人がよくいるのですが、先生以外、返答を待ってくれません。

そんな時に、とっさに機転をきかせて対応していかなければならないのです。

だから、機転を利かせることは重要になってきます。

 

 

瞬発力

4つ目は瞬発力です。

これは、機転の延長にあるものですが、瞬発力があることで、会話をスムーズにストレスなく進行することができます。

様々な場面で、積極的に発話していくにしても、会話をスムーズに進行するためには、どうしても瞬発力が必要になってきます。

自分の言いたいことや返答がゆっくりで、相手を待たせてばかりでは、スムーズな会話のキャッチボールはできません。

だから、グローバルで通用するには、瞬発力も必要となってきます。

瞬発力に関しては、経験の数だけで培えるものではなく、それと同時に自分の引き出しを多くするためにインプットとその音読練習を定期的にしていく必要があります。

 

 

メンタル力

次は、メンタル力です。

もう少しわかりやすく言うと、会話をする中で「間違い」や「不自然な表現」、そして「会話の不成立」に対して感じる「恐れ」や「不安」、「緊張」などありますよね。

僕は、英会話を本格的に始めたとき、これらを感じ続けてきました。

メンタル力で何が大事かというと、「感情と向き合える力」です。

正直言うと、この向き合える力がないと、モチベーションを保てなかったり、挫折してしまう可能性が大変高くなってしまいます。

もしくは、諦めです。「自分はこの程度だ」と線引きをし始めたりします。

 

冒頭でも述べたように、英会話は経験を積めばどんどんうまくなっていきます。

でも、経験値をあげればいいという簡単なことではありません。

英語を話すことで、必ず自分と向き合う必要が出てきます。

これは英語を教材中心で学ぶレッスンでは、まず身につけることができません。

だから、なかなか話せるようにはならないのですが、実践の英会話では、先ほどお伝えした、不安や恐れ、緊張などのネガティブな感情とうまく付き合いながら英語を話し、学んでいけるかが、メンタル力において、非常に重要になってきます。

 

 

コミュニケーション力

最後になります。

最後は、コミュニケーション力です。

このコミュニケーション力も、教養英語または教材中心の英語レッスンでは、まず訓練できないところです。

RYO英会話教室のレッスンでは、メインな部分となっています。

では、本題ですが、コミュニケーション力とは、英語という言語を超えたところにあるものです。

もう少し具体的に言うと、ロジカルに話す力だったり、相手を不快にさせずに自己主張をすることだったり、聞く姿勢だったり、そしてスムーズな関係構築だったりします。

これも教材中心のレッスンでは身につけられないところです。

しかし、実践英語では、このコミュニケーション力というのも、メンタル力と同じく非常に重要な位置にいます。

グローバルに使っていくことを考えたとき、結局英語を話せても、それが人間関係の中でうまく使えないと、自己満足にしかならないのです。

人と人とを心地よくつなぎ、そして何かを一緒に実現していくツールこそが、英語のコミュニケーション力です。

そういった背景から、このコミュニケーション力も必要な要素となります。

 

 

最後に

締めの部分になりましたが、いかがでしたか?

使える英語と教養英語というのは、別物だということをおわかりいただけたでしょうか。

正直、中学英語の知識をマスターしていれば、まったく問題なくグローバルで通用する英語を使いこなすことができます。

事実、僕は海外にトータルで9年いましたが、自分より英語の知識が低い外国人をたくさん見てきました。知識は本当に中学レベルだけど、まったく問題なくコミュニケーションができていました。

そして、彼らは自分の持っている英語力を最大限生かして、海外で仕事をし、生活ができるレベルでした。

こういった背景から、これらの6つの要素をグローバルで通用する英語だと、RYO英会話では掲げています。

さらに、最近では英語の書籍で、中学英語をマスターしていれば、ペラペラに話せるレベルであるということをネイティブの著者ニック・ウィリアムソンさんも言っています。

僕もこの書籍はなんども読み返して、たくさん実践で使わせてもらっています。

 

実践で使いこなすための要素を、あとは訓練で落とし込んでいけば、あなたの英語力は必ずグローバルで通用するものへと変わっていきます。

 

 


 

少し長くなりましたが、以上がRYO英会話教室で掲げるグローバルで通用する英語の6つの要素でした。

最後まで、読んでいただき本当にありがとうございます。

あなたが英語を使って活動の幅を広げ、可能性を実現していくことを心より祈っております。

それでは、See you around!

 

 

今日から活用できる!英語を流暢に話すために知っておくべき8つのコツ

2017.09.30

英語のスピーキング力を飛躍的にアップさせるために知っておきたい3つのこと

2016.06.24

英会話学習を成功させる7つのマインドセット!

2016.04.28
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中