3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

キャリアアップの鍵は英語力!企業が注目する英語人材とその育成方法

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. レッスン内で発言内容の見える化&添削
3. 課題を分析して目標レベルまで伴走
4. 英語コーチング業界最安値、高品質

はじめに

英語人材とは?

英語人材とは、ビジネスや日常の場面で英語を使ってコミュニケーションができる人のことを指します。具体的には、英語でメールを書いたり、会議に参加したり、外国人のお客様と話をしたりと、幅広い場面で英語を使うことが求められます。特にグローバルな企業では、英語は共通言語として使用されることが多いため、英語力があることで仕事の幅が広がります。

なぜ今、英語力が重要なのか?

  1. グローバル化の進展
    企業のグローバル化が進む中、海外の取引先やパートナーとのコミュニケーションは日常的なものとなっています。そのため、英語はビジネスの共通言語として重要視されています。
  2. 海外取引の増加
    日本企業の多くが海外市場に進出しており、海外の顧客やパートナーとのやり取りが増えています。英語力があることで、円滑に取引を進めることができ、信頼関係を築くことができます。
  3. 外国人社員とのコミュニケーション
    外国人社員を採用する企業も増えており、職場内でのコミュニケーションにおいても英語が必要となります。英語でスムーズにコミュニケーションが取れることで、チームワークが向上し、生産性が上がります。
  4. キャリアチャンスの拡大
    英語力があると、海外勤務のチャンスや国際的なプロジェクトに参加する機会が増えます。また、昇進や給与アップの可能性も高まります。英語を話せることで、自分の市場価値を高めることができるのです。

これらの理由から、今、英語力が非常に重要視されています。英語を学ぶことは、自分のキャリアや企業の成長にとっても大きなプラスとなります。これからの時代、英語力を磨くことは、必須のスキルと言えるでしょう。

 

 

無料トライアル実施中

企業で英語人材が求められる4つの理由

グローバル化の進展

近年、世界はますますつながりを深めています。企業もその例外ではなく、多くの日本企業が海外市場への進出を図り、グローバルなネットワークを築いています。

このような環境では、英語が共通言語として必要不可欠です。英語ができることで、国際的なビジネスの場でスムーズにコミュニケーションを取り、ビジネスチャンスを最大限に活用することができます。例えば、海外のクライアントやパートナーと円滑にやり取りするためには、英語でのやり取りが求められます。

海外取引の増加

多くの日本企業が海外取引を行うようになっています。これは、企業の成長や市場の多様化を図るための戦略の一環です。海外取引を円滑に進めるためには、英語でのコミュニケーション能力が欠かせません。

英語ができることで、現地のビジネスパートナーとの信頼関係を築きやすくなり、トラブルの予防や迅速な対応が可能になります。また、英語での契約書や取引文書の理解も必要となります。

外国人社員とのコミュニケーション

企業のグローバル化が進む中で、外国人社員を採用する企業も増えています。異なる文化や背景を持つ社員同士が協力し合うためには、共通言語である英語が重要な役割を果たします。英語ができることで、外国人社員との日常的なコミュニケーションが円滑になり、チームとしての一体感が生まれます。これにより、職場の雰囲気が良くなり、生産性の向上につながります。

英語ができるとキャリアチャンスが広がる

英語力があると、キャリアの幅が大きく広がります。国際的なプロジェクトに参加する機会や海外勤務のチャンスが増え、昇進や給与アップの可能性も高まります。また、グローバルなビジネス環境での経験は、自己成長やスキルの向上にもつながります。英語を話せることで、自分自身の市場価値が高まり、企業内外でのキャリアチャンスが増えるのです。

これらの理由から、企業は英語人材を求めています。英語力を身につけることで、企業の成長に貢献し、自分自身のキャリアも大きく発展させることができるでしょう。

 

 

英語力があると得られる4つのメリット

仕事の幅が広がる

英語力があると、仕事の幅が大きく広がります。例えば、英語での資料作成やプレゼンテーションが可能になるため、国内外のクライアントやパートナーとのやり取りがスムーズに進みます。また、英語でのコミュニケーションが必要な部署やプロジェクトにも参加できるようになります。これにより、自分の専門分野だけでなく、さまざまな分野での業務に携わることができ、スキルの幅も広がります。

国際プロジェクトへの参加

英語力があると、国際プロジェクトへの参加が可能になります。多国籍のチームと一緒に働くことで、異なる文化や視点に触れ、グローバルな視野を養うことができます。

国際プロジェクトでは、英語でのコミュニケーションが基本となるため、英語力があることでチームの一員として積極的に貢献できます。これにより、自分の経験や知識を広げ、国際的なビジネスの流れを理解することができます。

昇進や給与アップのチャンス

英語力があることで、昇進や給与アップのチャンスが増えます。特にグローバル企業では、英語ができることが重要なスキルとして評価されます。

英語力を活かして成果を上げることで、上司や経営陣からの評価が高まり、キャリアアップの機会が広がります。また、海外勤務のチャンスが増えることで、国際的な経験を積みながらキャリアを築くことができ、結果として給与アップにもつながります。

自信と信頼感の向上

英語力があると、自信と信頼感が向上します。外国人と英語でスムーズにコミュニケーションが取れることで、自分の能力に対する自信が深まります。

また、英語での会議やプレゼンテーションを成功させることで、同僚や上司からの信頼も高まります。これにより、職場での存在感が増し、リーダーシップを発揮する機会も増えます。自信と信頼感が向上することで、さらに積極的に新しいチャレンジに取り組む意欲が湧き、自己成長につながります。

これらのメリットから、英語力を磨くことは個人のキャリアにとって非常に重要です。英語を学ぶことで得られるさまざまなチャンスや成長の可能性を最大限に活かし、より充実した職業生活を送りましょう。

 

 

グローバル人材を目指すための4つのステップ

英語学習の基本:何から始めるべきか

グローバル人材を目指すための第一歩は、英語学習の基本を押さえることです。初心者の方は、以下のステップから始めると良いでしょう:

  1. 目標設定
    具体的な目標を設定しましょう。例えば、「3ヶ月で日常会話ができるようになる」や「半年でTOEICのスコアを100点上げる」など、明確な目標があるとモチベーションが持続します。
  2. 基礎単語と文法の習得
    英語の基本的な単語や文法を学ぶことが重要です。単語帳や文法書を活用し、毎日少しずつ学習することで基礎力を固めましょう。
  3. リスニングと発音練習
    英語のリスニング力と発音を強化するために、英語の音声教材や動画を利用しましょう。特にネイティブスピーカーの発音を真似することで、自然な発音が身につきます。
  4. 毎日の学習習慣をつける
    毎日少しずつでも英語に触れることが大切です。通勤時間や休憩時間を利用して、英語のポッドキャストを聴いたり、英語の記事を読んだりすることで、学習習慣を身につけましょう。

実践的な英語力を磨く4つの方法

英語の基礎を固めたら、次は実践的な英語力を磨くことが重要です。以下の方法を試してみましょう:

  1. 英会話レッスンを受ける
    オンラインやオフラインで英会話レッスンを受けることで、実際に英語を使う機会を増やします。ネイティブスピーカーとの会話は、実践的な英語力を磨くために非常に効果的です。
  2. 英語での日記を書く
    毎日英語で日記を書くことで、表現力や文法の理解を深めることができます。自分の考えを英語で表現する練習にもなります。
  3. 英語の映画やドラマを観る
    英語の映画やドラマを観ることで、自然な英語の表現や日常会話の流れを学ぶことができます。字幕を使わずに観ることで、リスニング力も向上します。
  4. 英語のニュースや記事を読む
    英語のニュースサイトやブログを定期的に読むことで、ビジネスや時事問題に関する英語表現を学ぶことができます。

企業での英語トレーニングプログラム3選

企業によっては、社員の英語力向上を目的としたトレーニングプログラムを提供しています。これらのプログラムを活用することで、効率的に英語力を伸ばすことができます。

  1. 社内英語研修
    企業が提供する英語研修に参加しましょう。専門の講師によるレッスンや、同僚とのグループワークを通じて、実践的な英語力を磨くことができます。
  2. オンライン学習プラットフォームの利用
    企業が提携しているオンライン学習プラットフォームを利用することで、自分のペースで英語を学ぶことができます。ビジネス英語コースや専門分野に特化したコースなど、多様な学習内容が用意されています。
  3. 英語を使った業務の経験
    日常業務の中で英語を使う機会を増やすことも重要です。英語でのメールや会議に参加することで、実際のビジネスシーンでの英語力を高めることができます。

ネイティブとの交流や海外留学の重要性

ネイティブスピーカーとの交流や海外留学は、英語力を飛躍的に向上させる絶好の機会です。

  1. ネイティブスピーカーとの交流
    国際交流イベントや言語交換プログラムを活用して、ネイティブスピーカーとの会話を楽しみましょう。日常的な会話を通じて、生きた英語を学ぶことができます。
  2. 海外留学の経験
    海外留学は、英語力を集中的に向上させる絶好のチャンスです。現地の大学や語学学校に通うことで、実践的な英語力を身につけることができます。また、異文化理解や国際的な人脈作りにも役立ちます。
  3. ビジネス英語の特化プログラム
    海外でのビジネス英語特化プログラムに参加することで、ビジネスシーンで使われる英語表現やマナーを学ぶことができます。実践的なスキルを身につけることで、自信を持って国際的な舞台で活躍できるようになります。

これらのステップを踏むことで、英語力を向上させ、グローバル人材としてのスキルを磨くことができます。継続的に学習を続け、自分の目標に向かって努力することが重要です。

 

 

具体的な学習方法とリソース

おすすめの英語学習アプリやオンラインコース

英語学習を効率的に進めるためには、効果的なアプリやオンラインコースを活用することが重要です。以下のリソースを活用して、自分のペースで学習を進めましょう。

  1. Duolingo
    初心者から中級者向けのアプリで、ゲーム感覚で英語の基礎を学べます。毎日の短時間の学習で、単語や文法の知識を身につけることができます。
  2. Rosetta Stone
    実践的な会話スキルを重視したプログラムで、ネイティブの発音を真似することでリスニング力や発音が向上します。多様なシチュエーションに対応したレッスンが用意されています。
  3. Coursera
    世界の名門大学や企業が提供するオンラインコースが多数あります。ビジネス英語や専門的な英語スキルを学ぶコースも充実しています。
  4. Babbel
    実生活で使えるフレーズや表現を学ぶことができるアプリです。インタラクティブなレッスンで、実践的な会話力を養うことができます。

英語を使う環境を作る4つの方法

英語を学ぶためには、日常的に英語を使う環境を作ることが重要です。以下の方法を取り入れてみましょう。

  1. 英語のニュースやポッドキャストを聴く
    朝の通勤時間や家事をしている時間に、英語のニュースやポッドキャストを聴くことで、リスニング力を高めることができます。例えば、BBCやNPRのニュースポッドキャストがおすすめです。
  2. 英語の書籍や雑誌を読む
    自分の興味に合わせた英語の書籍や雑誌を読むことで、読解力を高めることができます。簡単な絵本から始めて、徐々に難易度を上げていくと良いでしょう。
  3. 英語で日記を書く
    毎日英語で日記を書くことで、ライティングスキルを向上させることができます。自分の考えを英語で表現する練習にもなります。
  4. オンライン英会話に参加する
    オンライン英会話サービスを利用して、定期的に英語を話す機会を作りましょう。ネイティブスピーカーとの会話は、実践的な英語力を磨くために非常に効果的です。

英語での会話練習の4つのポイント

英語での会話練習を効果的に進めるためには、以下のポイントを意識しましょう。

  1. 積極的に話す
    間違いを恐れずに、積極的に話すことが大切です。自信を持って発言することで、コミュニケーション力が向上します。
  2. リスニングとスピーキングのバランスを取る
    会話練習では、相手の話をしっかりと聞くことも重要です。リスニング力を高めることで、自然な会話の流れを掴むことができます。
  3. フィードバックをもらう
    会話の後には、ネイティブスピーカーや英語の先生からフィードバックをもらいましょう。自分の弱点を知り、改善点を意識することで、効果的にスキルを向上させることができます。
  4. 実際のシチュエーションを想定した練習
    ビジネスシーンや日常会話など、具体的なシチュエーションを想定して練習することで、実践的なスキルを身につけることができます。

ビジネス英語の習得に役立つ教材2選

ビジネス英語を習得するためには、専用の教材を活用することが効果的です。以下の教材を参考にしてみてください。

  • “Business Result” (Oxford University Press)
    実践的なビジネスシーンに対応した教材で、コミュニケーションスキルを磨くためのレッスンが豊富です。
created by Rinker
¥4,598 (2024/07/14 01:54:01時点 楽天市場調べ-詳細)
  • “Market Leader” (Pearson)
    ビジネス英語に特化した教材で、現実のビジネスシナリオを使って学ぶことができます。語彙やフレーズを効率的に習得できます。
created by Rinker
¥3,949 (2024/07/14 01:54:01時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

まとめ

英語人材としての成長の鍵

英語人材として成長するためには、継続的な努力と具体的な目標設定が欠かせません。まず、自分の英語力を正確に評価し、改善点を見つけることが重要です。

次に、効果的な学習方法とリソースを活用し、基礎から実践的なスキルまでをバランスよく身につけていきましょう。また、日常的に英語を使う環境を作り、実際のビジネスシーンで役立つ表現や知識を習得することが大切です。

挑戦し続けることの重要性

英語学習は一朝一夕で習得できるものではありません。挫折しそうになることもあるかもしれませんが、挑戦し続けることが成功への鍵です。

目標を細かく設定し、達成感を味わうことでモチベーションを維持しましょう。失敗や間違いを恐れずに、積極的に英語を使うことが大切です。英語力の向上は長期的なプロジェクトと捉え、コツコツと努力を積み重ねていきましょう。

今すぐ始められる小さなステップ

英語学習を始めるために大きな準備や投資は必要ありません。今すぐにでも始められる小さなステップをいくつか紹介します。

  1. 毎日の単語学習
    通勤時間や休憩時間を利用して、英単語を一日10個覚えることから始めましょう。
  2. 英語での日記
    簡単な内容で構いませんので、毎日英語で日記を書いてみましょう。自分の考えを英語で表現する練習になります。
  3. 英語のポッドキャストを聴く
    英語のニュースやポッドキャストを日常的に聴くことで、リスニング力を自然と高めることができます。
  4. オンライン英会話レッスンを受ける
    オンライン英会話サービスを利用して、ネイティブスピーカーと週に1回でも話す機会を作りましょう。
  5. 英語の映画やドラマを観る
    字幕なしで英語の映画やドラマを観ることで、実践的な表現やリスニング力を向上させることができます。

これらの小さなステップを積み重ねることで、着実に英語力を向上させ、グローバル人材としての成長を遂げることができるでしょう。自分に合った学習方法を見つけ、楽しみながら英語を学び続けてください。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

スピーキングに伸び悩みを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム