短期集中:パーソナル指導+高品質フィードバック

「Choose」「Chose」「Choice」の使い分け完全ガイド!

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。みなさん、こんにちは!今日は英語学習者にとって少し混乱しやすい「choose」、「chose」、「choice」という単語について解説します。これらはすべて「選択」に関連する言葉ですが、使い方には大きな違いがあります。この記事を読めば、これらの単語の正しい使用方法が理解できるようになりますよ!それではまいりましょう。

 

 

chooseは動詞「決める」

チョコレートの入った箱を見せて…

ウィル
Choose what you like.
好きなの選んで。

 

 

今日外食に行こうと誘われて…

アイヴァン
Sure. Let me choose a restaurant.
いいよ。レストラン選ばせてよ。

 

 

chooseは「選択する」という動詞です。例文のように命令形で使ったり、また普通文で使ったり、また未来形で”I will choose what to wear before I go out.”「出かける前に何を着るか決めるよ。」のように未来の話に対してもよく使いますね。また少し上級になると仮定法過去で”If I were you, I would choose this one.”「僕だったら、これを選ぶな」のように使うことができ、様々なシーンで役に立つ英単語です。

 

Chose

よくあるのは過去形なのに現在形chooseを使ってしまったり、またその逆パターンも頻繁にありますね。現在形や未来形、命令形であれば、choose(チューズ)でよいのですが、過去形になると形が変わります。choseで発音も「チョウズ」のようになります。また現在完了形や過去完了形、受け身になるとchosenで「チョウズン」のように発音します。

友人から昨日は出かけたか聞かれて…

マイク
Since it was cloudy, I chose not to go out.
曇ってたから、出かけるのをやめたよ。

 

 

日本語だとchose not to 〜で「〜するのをやめた」のような意味になります。この場合、自分の意思で決めて行動に移したということが明確ですね。

 

Selectとの違い

「select」はよりフォーマルな場面で特定の、重要な選択を示すのに対して、「choose」は日常的な選択や個人的な好みを表す際に使われることが多いです。

 

 

choiceは名詞

しかし、学習者の方がよく間違えてしまうのはchooseをchoiceと入れ替えて使ってしまうことです。理由は日本でも「チョイスする」と表現することからおそらくそれに影響されて間違えてしまうパターンが多いのかと思います。

アイヴァン
I will choice what to wear before I go out.
出かける前に何を着るか決めるよ。

 

このように表現することはありません。なぜならchoiceは名詞だからです。名詞で「選択」や「チョイス」という意味になります。

上からの命令が理不尽だったが…

スタローン
I have no choice but to obey.
従う(ことしか選択にない)しかないよ。

 

 

上司が着飾っているジュエリーを見て…

ナオミ
I really don’t like her choice of jewelry.
私、彼女のジュエリーのチョイスが好きじゃないな。

 

 

 

似たような表現

Select

「選ぶ」の意味で、よりフォーマルな状況や具体的な選択を強調する時に使います。

Pick

よりカジュアルな「選ぶ」。「Pick a color.」(色を選んで)

Opt for

一つの選択肢を他の選択肢よりも選ぶこと。「He opted for an early flight.」(彼は早い便を選んだ)

 

 

関連する語彙と例文

Decide

決める

  • 「She decided to go to bed early.」
  • (彼女は早く寝ることにした)

Preference

好み

  • 「My preference is tea over coffee.」
  • (私の好みはコーヒーよりもお茶です)

Option

選択肢

  • 「There are several options available.」
  • (いくつかの選択肢があります)

 

 

押さえておきたいポイント

  • 「choose」は現在形、「chose」は過去形。
  • 「choice」は名詞で、「選択」を意味します。
  • 似た意味の単語でも文脈によって使い分けが重要。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。「choose」、「chose」、「choice」の違いを理解し、正しく使い分けることは英語学習において非常に重要です。今回の記事が、これらの単語の使い方をマスターするための一助となれば幸いです。次回もお楽しみに!以上がよく間違えるchooseとchose、choiceの違いとその使い方でした。それではSee you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

人気NO.1
スピーキング短期集中プラン

無料トライアル実施中

こんな方へ
・なかなか英語が伸びず焦っている
・TOEICは高得点でも話せない
・緊急で英語力を上げないとヤバい
・課題と目標が全く見えず放浪してる
・なんとなくの英語学習から抜け出したい

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・確実に伸びるレッスンフロー
・信頼の専属講師とコンサルタント
・今のレベルに合ったカリキュラム設計
・課題が明確になるスピーキングテスト
・目標レベルまで伴走するコーチング

到達可能なレベルにコミットして最も効率的に成長をフルサポートします。今ならダブル保障制度付!まずはお気軽にどうぞご相談ください。

確認メッセージはメールでお送りいたします。メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックいただくことで、配信を開始できます。もしメッセージが受信トレイに届かない場合、迷惑メールフォルダに入っている可能性があるため、そちらもご確認ください。また、配信停止はいつでも可能ですので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
短期集中コース