3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「retrieve」の意味と使い方:ビジネスシーンで使える英単語

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. レッスン内で発言内容の見える化&添削
3. 課題を分析して目標レベルまで伴走
4. 英語コーチング業界最安値、高品質

はじめに

【ビジネス英単語】retrieve(動)とは?

皆さん、こんにちは!RYO英会話ジムです。今日はビジネスシーンや日常会話で役立つ英単語「retrieve」についてお話しします。この単語は、日本語で「取り戻す」や「回収する」といった意味を持ち、特にビジネスの場面で頻繁に使われます。

例えば、ビジネスメールで「データを取り戻す必要があります」と言いたいときや、会議で「失われた情報を回収する」と言いたいときに使えます。

日常会話やビジネスシーンでの重要性

「retrieve」という単語は、ただの単語以上に、あなたの英語力を高める鍵となります。日常会話では、失くした物を見つける場面で使われることが多いです。例えば、「昨日なくした鍵を見つけたよ!」という時に、「I managed to retrieve my keys yesterday!」と言えます。

一方、ビジネスシーンでは、データや情報を取り戻す、回収するという意味で使われます。例えば、プロジェクトの進捗状況を報告する際に、「データを回収して報告書を作成しました」と言いたい場合、「I retrieved the data and compiled the report」と表現できます。

このように、「retrieve」はビジネスや日常の両方で非常に便利な単語です。次のセクションでは、具体的な使い方や例文を紹介していきますので、お楽しみに!

 

 

無料トライアル実施中

retrieveの基本的な意味

retrieveの基本的な意味

「retrieve」という単語は、「取り戻す」や「回収する」という意味を持つ動詞です。英語の文脈では、失ったものや情報を再び手に入れることを指します。この単語は、さまざまな状況で使うことができます。

例1:
  • 物理的な物を取り戻す場合
    • 「I need to retrieve my wallet from the car.」
      (車から財布を取り戻さなければなりません。)
例2:
  • 情報やデータを回収する場合
    • 「The system can quickly retrieve the requested data.」
      (システムは要求されたデータを迅速に回収することができます。)
例3:
  • 思い出や記憶を呼び戻す場合
    • 「She tried to retrieve the happy memories of her childhood.」
      (彼女は子供時代の楽しい思い出を思い出そうとしました。)

retrieveの発音方法

「retrieve」の発音は [rɪˈtriːv] です。日本語の発音に近い表現としては「リトリーブ」となります。

発音のポイント:
  1. 「rɪ」は、舌を口の奥に引いて、「リ」と発音します。
  2. 「triːv」は、「トリー」と発音しますが、「ト」の部分は軽く、すぐに「リー」と続ける感じです。

発音練習のために、以下のような手順を試してみてください。

  1. ゆっくりと「rɪ」を発音します。
  2. 次に、「triːv」を繋げて発音します。
  3. 最後に、一息で「rɪˈtriːv」と言います。

少しずつ練習を重ねることで、自然に発音できるようになりますので、ぜひ試してみてください!

次のセクションでは、retrieveを使った具体的な例文を見ていきましょう。

 

 

retrieveを使った例文

retrieveを使った日常会話の例

日常生活で「retrieve」を使う場面は意外と多いです。以下にいくつかの例を挙げます。

例1:
  • A: “I can’t find my phone. I think I left it in the living room.”
    (携帯電話が見つからない。リビングに置いてきたかも。)
  • B: “I’ll go retrieve it for you.”
    (取ってきてあげるよ。)
例2:
  • A: “Where are the car keys?”
    (車の鍵はどこ?)
  • B: “I need to retrieve them from my bag.”
    (バッグから取り出さないと。)
例3:
  • A: “My dog loves to retrieve the ball when we play fetch.”
    (うちの犬はボールを取ってくるのが大好きなんだ。)
  • B: “That’s great! It’s a good exercise for both of you.”
    (それはいいね!二人ともいい運動になるね。)

これらの例では、日常の中で物を取り戻す、回収する場面が描かれています。

retrieveを使ったビジネスシーンの例

ビジネスシーンでは、「retrieve」はデータや情報を回収する意味でよく使われます。以下にいくつかの例を挙げます。

例1:
  • “We need to retrieve the sales data for the last quarter to prepare the report.”
    (報告書を作成するために、前四半期の売上データを回収する必要があります。)
例2:
  • “The IT department is working to retrieve the lost files from the server.”
    (IT部門がサーバーから失われたファイルを回収するために作業しています。)
例3:
  • “Can you retrieve the client’s contact information from the database?”
    (データベースからクライアントの連絡先情報を回収してもらえますか?)

これらの例では、仕事の中で重要な情報やデータを回収する場面が描かれています。「retrieve」を使うことで、状況を具体的に伝えることができます。

次のセクションでは、「retrieve」の同義語と対義語を紹介し、その違いについて説明します。

 

 

retrieveの同義語と対義語

同義語:recover, regain, get back

「retrieve」と同じような意味を持つ単語をいくつか紹介します。それぞれの違いも簡単に説明します。

1. recover(リカバー)
  • 意味: 取り戻す、回復する
  • 例文: “She managed to recover her lost files from the backup.”
    (彼女はバックアップから失ったファイルを取り戻すことができました。)
2. regain(リゲイン)
  • 意味: 取り戻す、再び手に入れる
  • 例文: “He worked hard to regain his strength after the illness.”
    (彼は病気の後、体力を取り戻すために一生懸命働きました。)
3. get back(ゲット・バック)
  • 意味: 取り戻す、返ってくる
  • 例文: “I need to get back my book from him.”
    (彼から私の本を取り戻さなければなりません。)

これらの同義語は、基本的に「失ったものを再び手に入れる」という意味を持っていますが、状況によって使い分けられます。

対義語:lose, miss

「retrieve」の反対の意味を持つ単語もいくつか紹介します。

1. lose(ルーズ)
  • 意味: 失う、なくす
  • 例文: “I lost my keys somewhere in the house.”
    (家の中で鍵をなくしました。)
2. miss(ミス)
  • 意味: 失う、逃す、見落とす
  • 例文: “I missed the opportunity to speak with the CEO.”
    (CEOと話す機会を逃しました。)

これらの対義語は、「持っていたものを失う」という意味を持っています。特にビジネスシーンでは、これらの単語を使うことで状況を正確に伝えることができます。

次のセクションでは、retrieveを使いこなすためのポイントについて説明します。

 

 

retrieveを使いこなすためのポイント

実際に使ってみよう!練習方法の提案

「retrieve」を自然に使いこなすためには、実際に使ってみることが大切です。以下の練習方法を試してみてください。

  1. 日常の中で使ってみる
    • 友達や家族との会話の中で「retrieve」を使ってみましょう。
    • 例: 「I need to retrieve my phone from the living room.」
      (リビングルームから携帯電話を取ってこないと。)
  2. シャドーイング練習
    • ネイティブスピーカーの会話や映画、ドラマのセリフを真似してみましょう。
    • 例: 映画の中で「retrieve」という単語が出てきたら、そのセリフを何度も繰り返し言ってみる。
  3. 英作文練習
    • 日記やメモに「retrieve」を使った文章を書いてみましょう。
    • 例: 「Today, I retrieved my old photos from the attic.」
      (今日は屋根裏から古い写真を取り戻した。)
  4. オンラインの英語練習サイトを利用する
    • 英語学習アプリやオンラインの英語練習サイトで「retrieve」を使った練習問題を解いてみましょう。

よくある間違いとその対策

「retrieve」を使う際に、いくつかのよくある間違いがあります。それらの間違いとその対策を見てみましょう。

  1. 動詞の形を間違える
    • 間違い: 「He retrieve the files.」
    • 対策: 動詞の形を正しく使うように気をつけましょう。
    • 正解: 「He retrieved the files.」
  2. 文脈に合わない使い方
    • 間違い: 「I need to retrieve my appointment.」(「retrieve」は具体的な物や情報に対して使われることが多いので、アポイントメントにはあまり使われません。)
    • 対策: 使う場面を正しく理解することが重要です。
    • 正解: 「I need to reschedule my appointment.」(「アポイントメントを変更する」)
  3. 前置詞の使い方
    • 間違い: 「I retrieved back the book.」(「retrieve」は「back」を伴わないため、冗長になります。)
    • 対策: 単語の使い方を覚えて、余分な言葉を省く。
    • 正解: 「I retrieved the book.」

これらのポイントを押さえることで、「retrieve」を正しく使いこなせるようになります。練習を重ねて、自信を持って使えるようにしましょう。

次のセクションでは、retrieveの重要性を再確認し、今後の学習のアドバイスを紹介します。

 

 

まとめ

retrieveの重要性を再確認

「retrieve」は、日常生活やビジネスシーンで非常に重要な動詞です。「取り戻す」や「回収する」という意味を持ち、物理的な物からデータや情報まで幅広い場面で使うことができます。正しい使い方を理解することで、コミュニケーションの精度が上がり、相手に正確な意図を伝えることができます。

ビジネスシーンでは、特に重要な情報やデータを扱う際に使われることが多いため、確実に覚えておくと便利です。また、日常会話でも、失くした物を見つけたり、思い出を呼び戻したりする場面で役立ちます。

今後の学習のアドバイス

  1. 継続的な練習
    • 日常会話やビジネスの場で実際に「retrieve」を使ってみることが大切です。実際に使うことで、自然と身についていきます。
  2. 関連する単語を学ぶ
    • 「retrieve」と同じような意味を持つ単語(recover, regain, get back)や、反対の意味を持つ単語(lose, miss)も一緒に学ぶと、語彙力が広がります。
  3. リスニングとシャドーイング
    • 英語の音声素材(映画、ドラマ、ニュースなど)を聞いて、「retrieve」が使われている場面を探してみましょう。その場面をシャドーイングすることで、発音や使い方が身につきます。
  4. オンラインリソースを活用
    • 英語学習アプリやオンラインの学習サイトを利用して、定期的に復習と練習を行いましょう。クイズやフラッシュカードを使うと効果的です。
  5. 実践の場を増やす
    • 英会話教室やオンライン英会話、言語交換パートナーとの会話で実践する機会を増やしましょう。実際に会話の中で使うことで、使い方が身についていきます。

「retrieve」という単語をマスターすることで、あなたの英語力は確実に向上します。これからも練習を続けて、自信を持って使えるようになってください。頑張りましょう!

 

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

スピーキングに伸び悩みを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム