3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「no more than」と「no less than」の使い方:5つの簡単なポイントで完全マスター!

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. レッスン内で発言内容の見える化&添削
3. 課題を分析して目標レベルまで伴走
4. 英語コーチング業界最安値、高品質

はじめに

こんにちは!今日は英語の便利な表現、「no more than」と「no less than」についてお話しします。どちらも日常会話やビジネスシーンでよく使われる表現ですが、意味や使い方にちょっとした違いがあります。

「no more than」と「no less than」の概要

まず、「no more than」は「~以上ではない」という意味で、数量や程度が限られていることを強調します。一方、「no less than」は「~に劣らず」「~と同じくらい」という意味で、ある基準や期待に達していることを強調します。

たとえば、「no more than 5 dollars」と言えば「5ドル以上はしない」、逆に「no less than 5 dollars」と言えば「少なくとも5ドルはする」となります。このように、似ているようで実際にはかなり異なるニュアンスを持っています。

この記事で学べること

この記事では、「no more than」と「no less than」の具体的な使い方を詳しく解説します。まず、それぞれの基本的な意味を理解し、次に例文を使って実際の使い方を確認しましょう。そして、最後にこれらの表現を使い分けるためのポイントや、間違いやすい点についても触れていきます。

このブログを読み終える頃には、「no more than」と「no less than」の違いをしっかり理解し、自信を持って使えるようになっていることでしょう。それでは、さっそく始めましょう!

 

 

無料トライアル実施中

「no more than」の意味と使い方

基本的な意味

「no more than」は「~以上ではない」「せいぜい~」という意味で、数量や程度が上限に達していないことを強調する表現です。これは、ある数値やレベルが予想より低いことを示したいときによく使われます。

例文とその解説

例文を使って具体的に見ていきましょう。

  1. “The book costs no more than 10 dollars.”
    • この文は「その本は10ドル以上しない」という意味です。つまり、10ドルが上限で、それ以上の金額ではないことを強調しています。
  2. “She spent no more than 30 minutes on the project.”
    • これは「彼女はそのプロジェクトに30分以上かけなかった」という意味です。30分が最大の時間で、それ以上はかけていないことを示しています。
  3. “There were no more than 50 people at the party.”
    • この文は「パーティーにはせいぜい50人しかいなかった」という意味で、50人が上限で、それ以上の人数はいなかったことを表しています。

日常会話での使い方

「no more than」は日常会話でもよく使われる表現です。特に何かの数や量を強調したいときや、予想よりも少ないことを伝えたいときに便利です。

たとえば、友達とランチの予定を立てているときに、「I can spend no more than 1 hour for lunch.(ランチに1時間以上はかけられない)」と言えば、時間の制約があることを相手に伝えることができます。

また、ショッピングの際に、「I want to buy a gift that costs no more than 20 dollars.(20ドル以上しないプレゼントを買いたい)」と言えば、予算をはっきりと示すことができます。

このように、「no more than」は日常のさまざまな場面で使える便利な表現です。次に、「no less than」の意味と使い方を見ていきましょう。

 

 

「no less than」の意味と使い方

基本的な意味

「no less than」は「~に劣らない」「少なくとも~」「~ほども」という意味で、ある数値やレベルが期待通り、またはそれ以上であることを強調する表現です。つまり、最低でもその値や基準に達していることを示します。

例文とその解説

具体的な例文を見てみましょう。

  1. “The project will take no less than 6 months to complete.”
    • この文は「そのプロジェクトを完了するのに少なくとも6ヶ月はかかる」という意味です。6ヶ月は最低限かかる時間で、それ以上の可能性もあることを示しています。
  2. “He has no less than three dogs.”
    • これは「彼は少なくとも3匹の犬を飼っている」という意味です。3匹以上飼っている可能性もありますが、最低でも3匹は確実にいることを強調しています。
  3. “The damage caused by the storm was no less than a million dollars.”
    • この文は「嵐による被害は少なくとも100万ドルに達した」という意味です。被害額が100万ドル以上であることを示しています。

日常会話での使い方

「no less than」は、何かの価値や量を強調したいときに便利な表現です。特に期待通りであることや、重要な数値やレベルに達していることを伝えたいときに使われます。

たとえば、友達にイベントの参加人数を伝える際に、「There were no less than 200 people at the concert.(コンサートには少なくとも200人はいた)」と言えば、大勢の人が参加したことを強調できます。

また、子どもが新しいゲームを買うときに、「I have saved no less than 50 dollars for this game.(このゲームのために少なくとも50ドル貯めた)」と言えば、十分なお金を貯めたことをアピールできます。

このように、「no less than」は日常の様々な場面で使える表現です。しっかりと理解して、実際の会話で使ってみてください。それでは、次に「no more than」と「no less than」の違いについて見ていきましょう。

 

 

「no more than」と「no less than」の違い

意味の違い

「no more than」と「no less than」はどちらも数量や程度を強調する表現ですが、その意味には大きな違いがあります。

  • 「no more than」
    • 意味: 「~以上ではない」「せいぜい~」
    • 強調: 数量や程度が限られていることを強調
    • 例: “The book costs no more than 10 dollars.”
      (その本は10ドル以上しない)
  • 「no less than」
    • 意味: 「~に劣らない」「少なくとも~」
    • 強調: 数量や程度が期待通り、またはそれ以上であることを強調
    • 例: “The project will take no less than 6 months to complete.”
      (そのプロジェクトを完了するのに少なくとも6ヶ月はかかる)

使い分けのポイント

使い分けのポイントは、強調したい数量や程度が上限か下限かによります。

  • 上限を強調したいとき(せいぜいこれくらい):
    • 「no more than」を使います。例えば、「彼女はせいぜい20歳です」と言いたいときは “She is no more than 20 years old.” と表現します。
  • 下限を強調したいとき(少なくともこれくらい):
    • 「no less than」を使います。例えば、「彼は少なくとも3冊の本を書いています」と言いたいときは “He has written no less than three books.” と表現します。

間違えやすい点と注意点

「no more than」と「no less than」は見た目が似ているため、混同しやすい表現です。以下の点に注意して正しく使い分けましょう。

  1. 強調したいポイントを確認する:
    • 上限を示したいのか、下限を示したいのかを明確にしましょう。これによって「no more than」か「no less than」を使い分けることができます。
  2. 意味の違いを意識する:
    • 「no more than」は制限を強調し、「no less than」は基準を強調します。この違いをしっかり理解して使うことが大切です。
  3. 例文で練習する:
    • 具体的な例文をたくさん読んで、実際に使うことで自然に使い分けができるようになります。

例えば、「彼は10分以上かかるだろう」と言いたいときは “It will take him no less than 10 minutes.” となりますが、「彼は10分以上はかからない」と言いたいときは “It will take him no more than 10 minutes.” となります。このように、強調したい部分に注意して正しく使い分けましょう。

次に、具体的なシチュエーション別の例文を見て、さらに理解を深めていきましょう。

 

 

具体例で理解しよう!

具体的なシチュエーション別例文

以下の例文を使って、「no more than」と「no less than」の使い方を具体的に見てみましょう。

  1. シチュエーション: レストランでの会話
    • 英語: “I can spend no more than 20 dollars on dinner.”
    • 和訳: 「夕食に20ドル以上は使えません。」
    • 説明: ここでは、ディナーの予算が20ドル以下であることを強調しています。
  2. シチュエーション: 旅行の計画
    • 英語: “We will need no less than three days to explore the city.”
    • 和訳: 「この都市を探索するには少なくとも3日間は必要です。」
    • 説明: 旅行に最低でも3日かかることを強調しています。
  3. シチュエーション: 勉強時間についての会話
    • 英語: “He studied for no more than an hour last night.”
    • 和訳: 「彼は昨晩、1時間以上は勉強しませんでした。」
    • 説明: 勉強時間が1時間以下であることを強調しています。
  4. シチュエーション: 仕事の締め切り
    • 英語: “This task will take no less than two weeks to complete.”
    • 和訳: 「このタスクを完了するには少なくとも2週間かかります。」
    • 説明: タスクに最低でも2週間かかることを強調しています。

会話形式の例

実際の会話の中での使い方を見てみましょう。

シチュエーション: 友達との会話
  • 英語:
    • A: “Do you think we can finish this project by next week?”
    • B: “Well, considering the amount of work left, I think it will take no less than two weeks.”
    • A: “Oh, really? I thought it would take no more than a week.”
  • 和訳:
    • A: 「来週までにこのプロジェクトを終えられると思う?」
    • B: 「そうだね、残っている仕事量を考えると、少なくとも2週間はかかると思うよ。」
    • A: 「本当に?1週間以上はかからないと思ってたんだけど。」
シチュエーション: 買い物中の会話
  • 英語:
    • A: “How much are you willing to spend on this jacket?”
    • B: “I’m willing to spend no more than 50 dollars.”
    • A: “That’s reasonable. I think it should cost no less than 45 dollars.”
  • 和訳:
    • A: 「このジャケットにいくらまで使うつもり?」
    • B: 「50ドル以上は使いたくないね。」
    • A: 「それは妥当だと思うよ。45ドル以上はするだろうね。」

これらの例を通じて、「no more than」と「no less than」の実際の使い方を理解しやすくなります。次に、これまでのポイントをまとめて復習しましょう。

 

 

まとめ

「no more than」と「no less than」の復習

ここまでで、「no more than」と「no less than」の使い方について学んできました。もう一度簡単に復習しましょう。

  • 「no more than」: 「~以上ではない」「せいぜい~」
    • 数量や程度が限られていることを強調します。
    • 例: “The book costs no more than 10 dollars.”
      (その本は10ドル以上しない)
  • 「no less than」: 「~に劣らない」「少なくとも~」
    • 数量や程度が期待通り、またはそれ以上であることを強調します。
    • 例: “The project will take no less than 6 months to complete.”
      (そのプロジェクトを完了するのに少なくとも6ヶ月はかかる)

覚えておくべきポイント

  1. 意味の違いを理解する:
    • 「no more than」は上限を示し、「no less than」は下限を示します。これらの違いをしっかり理解することが大切です。
  2. 使い分けを練習する:
    • 具体的な例文を使って、「no more than」と「no less than」を適切に使い分ける練習をしましょう。例文をたくさん読むことで、自然に使いこなせるようになります。
  3. 文脈に注意する:
    • これらの表現は文脈によって意味が変わることがあります。使う場面や相手に注意しながら、適切な表現を選びましょう。

英会話の上達のためのヒント

  1. 実際の会話で使ってみる:
    • 学んだ表現を実際の会話で使うことが大切です。友達や同僚との会話で積極的に使ってみましょう。
  2. リスニング力を鍛える:
    • ネイティブスピーカーの会話を聞くことで、自然な使い方やニュアンスを学びましょう。映画やドラマ、ポッドキャストなどを活用すると良いです。
  3. 自分の文章をチェックする:
    • 日記やエッセイを書くときに、「no more than」と「no less than」を使ってみましょう。その後、自分の文章を見直して、適切に使えているか確認しましょう。
  4. フィードバックをもらう:
    • 英語のネイティブスピーカーや英語の先生に、自分の英語をチェックしてもらうことも効果的です。フィードバックを受けて、改善点を意識しましょう。

以上が、「no more than」と「no less than」の使い方についてのまとめです。これらの表現をマスターして、英会話をもっと楽しんでくださいね!

 

 

練習問題

簡単なクイズや練習問題

以下の問題を解いて、「no more than」と「no less than」の使い方を確認しましょう。

問題1: 以下の文を完成させてください。
  1. The ticket costs __________ 15 dollars.
    (チケットは15ドル以上しない)
  2. She needs __________ two hours to finish the report.
    (彼女はその報告書を仕上げるのに少なくとも2時間は必要だ)
  3. There were __________ 20 people at the meeting.
    (その会議にはせいぜい20人しかいなかった)
  4. He ate __________ three slices of pizza.
    (彼は少なくともピザを3枚は食べた)
問題2: 以下の文が正しいかどうか判断し、間違っている場合は正しい文に直してください。
  1. “The project will take no more than six months to complete.”
  2. “I can spend no less than 10 dollars on this gift.”
  3. “She has no more than five books in her collection.”
  4. “The event was attended by no less than 50 people.”

答えと解説

問題1の答えと解説

  1. The ticket costs no more than 15 dollars.
    • 解説: ここでは、チケットの価格が15ドル以上ではないことを強調しています。
  2. She needs no less than two hours to finish the report.
    • 解説: 彼女が報告書を仕上げるのに最低でも2時間は必要だという意味です。
  3. There were no more than 20 people at the meeting.
    • 解説: その会議にせいぜい20人しかいなかったことを示しています。
  4. He ate no less than three slices of pizza.
    • 解説: 彼が少なくともピザを3枚食べたことを強調しています。

問題2の答えと解説

  1. 正しい
    • “The project will take no more than six months to complete.”
    • 解説: この文は正しく、プロジェクトが6ヶ月以上はかからないことを示しています。
  2. 間違い
    • 正しい文: “I can spend no more than 10 dollars on this gift.”
    • 解説: プレゼントに10ドル以上は使えないことを強調する場合、「no more than」を使います。
  3. 正しい
    • “She has no more than five books in her collection.”
    • 解説: 彼女のコレクションに5冊以上の本はないことを示しています。
  4. 正しい
    • “The event was attended by no less than 50 people.”
    • 解説: イベントには少なくとも50人が参加したことを強調しています。

これらの練習問題を通じて、「no more than」と「no less than」の使い方がしっかり理解できるようになります。ぜひ、実際の会話でも使ってみてくださいね。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

スピーキングに伸び悩みを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム