3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「delegate」の意味と使い方をマスターしよう!ビジネスで役立つ英単語ガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. レッスン内で発言内容の見える化&添削
3. 課題を分析して目標レベルまで伴走
4. 英語コーチング業界最安値、高品質

はじめに

こんにちは、皆さん!今日はビジネスシーンでとても役立つ英単語「delegate(デリゲイト)」についてお話しします。英語を使う仕事をしている方や、これから英語力を高めたい方にとって、この単語を知っておくことはとても重要です。

「delegate」という単語は、会議やプロジェクトの進行、日常の業務など、さまざまな場面で使われます。適切に使うことで、チームの効率を高めることができるので、ぜひ覚えておきたいですね。

この記事では、「delegate」の意味や使い方、実際の例文、そして関連する英単語についてわかりやすく解説します。この記事を読んで、「delegate」を上手に使えるようになりましょう!

それでは、早速始めましょう!

 

 

無料トライアル実施中

「delegate」の意味と使い方

基本的な意味

「delegate(デリゲイト)」は動詞として使われ、「(仕事や任務を)委任する、任せる」という意味です。例えば、上司が部下に仕事を任せるときに使います。また、名詞としても使われ、「代表者」や「代理人」を指します。

発音とアクセント

「delegate」の発音は「デリゲイト」です。アクセントは最初の「デ」に置きます。はっきりと発音することで、相手に正確に伝わりますので、練習してみましょう。

文法的な使い方

動詞として使う場合は、以下のような形になります。

  1. 主語 + 動詞(delegate)+ 目的語(仕事や任務)+ to + 人
  2. 主語 + 動詞(delegate)+ 目的語(人)+ to + 行動

名詞として使う場合は、以下のようになります。

  1. 代表者や代理人として使う

「delegate」という単語は、特にビジネスシーンで頻繁に使われます。正確に使うことで、業務の効率が上がり、コミュニケーションもスムーズになりますので、ぜひ覚えておいてくださいね。

 

 

例文で学ぶ「delegate」

ビジネスシーンでの使い方

「delegate」はビジネスシーンでよく使われる重要な単語です。実際の例文を通して、その使い方を見てみましょう。

例文1

I need to delegate this task to someone else because I have too much on my plate.
(私は手が回らないので、この仕事を他の人に任せる必要があります。)

例文2

Our manager delegated the project to the most experienced team member.
(私たちのマネージャーはプロジェクトを最も経験のあるチームメンバーに任せました。)

例文3

It’s important to delegate responsibilities to ensure efficiency.
(効率を確保するためには、責任を分担することが重要です。)

会話での具体的な例

会話の中で「delegate」を使う具体的な例を見てみましょう。

例文1

A: I’m feeling overwhelmed with all these tasks.
(A: これらの仕事で圧倒されています。)

B: Why don’t you delegate some of them to your team members?
(B: チームメンバーにいくつかの仕事を任せてみたらどうですか?)

例文2

A: Who will handle the client presentation next week?
(A: 来週のクライアントプレゼンテーションは誰が担当しますか?)

B: I’ve decided to delegate that responsibility to Jane.
(B: その責任はジェーンに任せることにしました。)

例文3

A: Can you manage this report by yourself?
(A: このレポートを一人で管理できますか?)

B: I think I’ll need to delegate some parts of it to make sure it’s done on time.
(B: 時間内に終わらせるために、いくつかの部分を他の人に任せる必要があると思います。)

これらの例文を通して、「delegate」の使い方が具体的に理解できたのではないでしょうか。日常の業務や会話の中で積極的に使ってみてください。

 

 

「delegate」を使う時のポイント

注意すべき点

  1. 適切な人を選ぶ
    • 任せる相手がそのタスクをこなす能力や経験を持っているか確認しましょう。適切な人に任せることで、タスクが効率的に進行します。
  2. 明確な指示を与える
    • 具体的な指示や期待する結果をはっきり伝えることが大切です。曖昧な指示だと、誤解が生じて期待通りの結果が得られないことがあります。
  3. 信頼関係を築く
    • 任せることは、相手を信頼することが前提です。信頼関係があると、相手も責任を持って取り組んでくれます。
  4. フィードバックを提供する
    • タスクが完了したら、成果についてのフィードバックを提供しましょう。良かった点や改善点を伝えることで、次回以降の業務がさらにスムーズになります。

よくある間違い

「delegate」を使う上でのよくある間違いは、特に英語を学んでいる人やビジネスで英語を使う人によく見られます。以下は、そのいくつかの例と改善方法です。

1. 不適切な文法の使用

間違い:I delegate him the task.
改善:I delegate the task to him.

説明:動詞「delegate」を使うとき、正しい構造は「delegate + 物 + to + 人」です。「delegate」は「任せる」という意味で使われ、何を任せるのか(物)、誰に任せるのか(人)を明確にする必要があります。

2. 目的語の欠如

間違い:I need to delegate.
改善:I need to delegate tasks to my team.

説明:「delegate」は「任せる」という意味を持つ動詞ですが、具体的に何を任せるのか(tasks、responsibilitiesなど)を明示する必要があります。目的語を欠くと意味が不明瞭になります。

3. 不適切な使い方(役職や地位を「delegate」する)

間違い:The manager delegated the new role to her.
改善:The manager assigned the new role to her.

説明:「delegate」は「権限」や「タスク」を任せる際に使われますが、「役職」や「地位」を任せる場合は「assign」などの動詞を使います。「delegate」は一般的に一時的なタスクや責任の移譲を意味します。

4. 受け身の形の間違い

間違い:The task was delegated by him.
改善:The task was delegated to him by the manager.

説明:受け身の形を使う場合、「誰にタスクが任されたのか」を明示する必要があります。この例では、「誰に」が明確でないため、正確に伝わりません。「to」を使って任せる対象を示すことで、文の意味が明確になります。

5. 自己任命に使う

間違い:I delegate myself to handle this task.
改善:I will take on this task myself.

説明:「delegate」は他人にタスクを任せる場合に使います。自己任命する場合は「take on」や「undertake」などの表現が適切です。

 

 

 

関連する英単語

類義語とその違い

  1. Assign(アサイン)
    • 意味:仕事や任務を割り当てる
    • 違い:「delegate」は責任を持たせるニュアンスが強いのに対し、「assign」は単に仕事を分ける意味です。
    • 例文:The manager assigned the tasks to each team member.
      (マネージャーはそれぞれのチームメンバーにタスクを割り当てました。)
  2. Allocate(アロケイト)
    • 意味:資源や時間を割り当てる
    • 違い「allocate」は物理的な資源や時間を分配する際に使います。「delegate」は人に責任や任務を分ける意味です。
    • 例文:The company allocated funds for the new project.
      (会社は新しいプロジェクトのために資金を割り当てました。)
  3. Entrust(エントラスト)
    • 意味:信頼して任せる
    • 違い「entrust」は信頼を前提に何かを任せる意味があります。「delegate」も同様に任せる意味ですが、ビジネスでの役割や責任の委譲に特化しています。
    • 例文:She entrusted her assistant with the important documents.
      (彼女は重要な書類を助手に任せました。)

反意語

  1. Retain(リテイン)
    • 意味:保持する、維持する
    • 違い:「retain」は仕事や任務を自分で持ち続ける意味で、「delegate」とは対照的です。
    • 例文:He decided to retain control over the project.
      (彼はプロジェクトの管理を続けることにしました。)
  2. Withhold(ウィズホールド)
    • 意味:保留する、与えない
    • 違い:「withhold」は何かを渡さずに自分の手元に留める意味で、「delegate」とは逆の行動です。
    • 例文:The manager decided to withhold the information from the team.
      (マネージャーはチームにその情報を与えないことにしました。)
  3. Keep(キープ)
    • 意味:持ち続ける、保持する
    • 違い:「keep」は何かを自分の手元に留める意味で、「delegate」とは反対に自分で管理することを指します。
    • 例文:She prefers to keep the responsibilities herself.
      (彼女は責任を自分で持つことを好みます。)

これらの関連単語を知ることで、「delegate」の使い方がさらに深く理解でき、さまざまなビジネスシーンでの表現力が向上します。

 

 

まとめ

記事の振り返り

今日はビジネスでよく使われる英単語「delegate(デリゲイト)」について学びました。この単語の基本的な意味から、発音や文法的な使い方、ビジネスシーンでの具体的な例まで、幅広くカバーしました。また、「delegate」を使う際の注意点やよくある間違い、さらに関連する英単語についても詳しく解説しました。

「delegate」は、業務の効率化やチームのパフォーマンス向上に欠かせない重要なスキルです。適切に使いこなすことで、自分の負担を軽減し、他のメンバーの成長にもつながります。

読者への応援メッセージ

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!「delegate」を上手に使いこなすことは、ビジネスシーンでの成功に大きく貢献します。最初は難しく感じるかもしれませんが、練習を重ねることで自然に使えるようになります。

ぜひ、今日学んだことを実際の仕事や日常の会話に取り入れてみてください。あなたの英語力がさらに向上し、ビジネスの場で自信を持ってコミュニケーションできるよう応援しています!

次回もお楽しみに。それでは、またお会いしましょう!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

スピーキングに伸び悩みを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム