「〜だと思う」や「~でないと思う」の英語とその関連表現

こんにちは、リョウです。

今日は、「〜だと思う」や「~でないと思う」の英語とその関連表現についてお話します。

この記事を読めば、自分の意見をスムーズに伝えられるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

「私は~だと思う」を英語で言うと?

まずは二人の会話を見てみましょう。

リョウ
I think it will rain tomorrow.
明日雨が降ると思うな。
アイヴァン
Yeah, I think so, too.
うん、私もそう思うわ。

「私は~だと思う。」と英語で伝えたいときは、”I think + 文.”と言います。

相手に自分の意見を伝えたいときに使える便利な英会話フレーズです。

“think”は動詞で「考える」という意味です。

日常会話では聞かないことがないくらい頻繁にこの単語が出てきます。

会話では通常”I think”の後に接続詞の”that”が省略されますが、文書やメールなどでは”that”を入れるのが普通です。

 

 

「~でないと思う」を英語で言うと?

ナオミ
I don’t think he will come to the party.
彼はパーティーにこないと思うな。

 

“I think ~.”の否定文の場合は、日本語だと「〜でないと思う。」と「思う」は肯定のままですが、英語では逆の発想になります。

“I don’t think it will rain tomorrow.”「明日は雨が降らないと思う。」のように、英語では「思う」の部分を否定形”I don’t think ~.”にして、その後を肯定文にします。

 

 

アメリカ南部、イギリスやオーストラリアでは”reckon”

基本的に、「~だと思う」は動詞”think”で表現されますが、アメリカ南部、イギリスやオーストラリアでは、”think”の代わりに”reckon”を使うこともよくあります。

こちらも同じく「~を考える」という意味です。

実際に僕がオーストラリアにいたころ、彼らが”think”の代わりに”reckon”を使っていました。

 

マイク
Do you reckon that he will quit this job?
彼がこの仕事を辞めると思う?
リョウ
I don’t reckon so. He told me he’s coming to like it.
そうは思わないな。彼がこの仕事を好きになってきてるって言ってたよ。

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、「〜だと思う」や「~でないと思う」の英語とその関連表現についてでした。

機会があれば使ってみてくださいね。

それでは、また会いましょう。

 

 

【初級から中級】超効率的に英会話フレーズを暗記するならhanaso英会話スクールがオススメ

2019.01.08

【初級〜中級対象】おすすめしたい無料で使える英語学習アプリ3選

2018.07.31

【厳選】英会話中級者が必ず読んでおきたいフレーズ本3選

2018.07.10

「いいね!」で
最新情報を受け取る

他の人に教えてあげる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中