「気が乗らないな」の英語表現とその使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は「気が乗らないな」の英語表現についてお話します。この記事を読めば、さらに感情を伝えるのが上手になります。それでは、まいりましょう。

 

 

まずは会話を聞いてみよう

まずは二人の会話を見てみましょう。

リョウ
Hey, let’s go for beers, Mike.
ねぇ、マイク。飲みに行こう。
マイク
Sorry, I don’t feel like it. Why don’t we do it next weekend?
ごめん、気が乗らないな。来週末にしない?

 

 

 

「気が乗らないな」を英語で言うと?

「気が乗らないな。」を英語で伝えたいときは、”I don’t feel like it.”と言います。友人や同僚から誘われて断りたいときに使える便利な英会話フレーズです。”feel”は状態を表す動詞で「感じる」という意味です。日常会話では、感情や気持ちを相手に伝えるときによく使う動詞です。例えば”feel 形容詞”を使って、”I feel sad.”「悲しいです。」や”I feel happy.”「幸せです。」のように使います。

 

 

この”like”は動詞なの?

“feel”の後ろには動詞の”like”がきているのではなく、前置詞”like”「〜のような」がきています。直訳すると「それのような感じがしない。」となり、意訳して「気が乗らないな。」となります。前置詞”like”の後ろには、代名詞や名詞、そして動名詞がきます。

 

 

“like”の後ろに文も置けるよ

“like”は動詞にもなり、前置詞にもなり、そして文と文をつなぐ接続詞にもあります。”feel like ~”の”like”の直後に文を置くこともできるんです。ただ、意味は「~のような気がする」となります。

ナオミ
I feel like he doesn’t like me anymore.
彼は私のこともう好きじゃない気がする。
マイク
I don’t think so. He talks about you a lot.
そうは思わないよ。彼はよく君のことを話すよ。

 

 

“it”が指す内容とは?

ちなみに”it”はすでに話題に上っている内容を指しますが、この場合、”it”が指している内容は、”drinking”「飲みに行くこと」です。すでにお互い分かって内容は、”it”で置き換えてシンプルに伝えましょう。また動名詞を置くパターン、”I feel like -ing.”も会話ではしょっちゅう使われます。「~したい気分です。」という意味になりますので合わせて下の記事も読んでおくといいですよ。

「何を食べたい気分?」の英語表現2選とその使い方【feel使います】

2016年8月17日

 

 

似たようなフレーズ2選!

また同じ意味で使えるフレーズをご紹介します。

ナオミ
I’m not in the mood for it.
ナオミ
I’m not up for it.

 

ここ注意!

“mood”は日本語だと「いいムードだね。」のように雰囲気に対して使うことが多いかと思いますが、英語では気分に対して使います。

 

 

feelに関連する記事

“feel like 〜”の意味とその3つの使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。いかがでしたか?機会があれば使ってみてくださいね。それでは、また会いましょう!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出