3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

英語で「ゼロから始める」をマスターしよう!使い方と例文集

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

簡単な紹介

こんにちは!今日は、「ゼロから始める」という英語表現について学びましょう。このフレーズは、何かを完全に新しい状態から始める時に使われる、とても便利な表現です。新しいプロジェクトに取り組む時や、新しいスキルを学び始める時など、様々なシチュエーションで役立ちます。

「ゼロから始める」は英語で「Starting from scratch」や「From the ground up」といった表現で言い表されます。それぞれの表現の使い方やニュアンスの違いを詳しく見ていきましょう。

この記事で学べること

この記事では、以下のことを学ぶことができます:

  1. 「ゼロから始める」の英語表現
    • 「Starting from scratch」の意味と使い方
    • その他の関連表現(例:「From the ground up」、「Begin at zero」)
  2. ビジネスシーンでの使い方
    • プロジェクトの立ち上げ
    • 新しいスキルを学ぶ時の表現
  3. 日常会話での使い方
    • 趣味を始める時の表現
    • 新しいチャレンジをする時の表現
  4. よくある間違いと注意点
    • 各表現の使い分け
    • 間違いやすい例とその訂正

これらを学ぶことで、英語の表現力がさらに豊かになり、様々なシチュエーションで自信を持って英語を使うことができるようになります。では、一緒に学んでいきましょう!

 

 

無料トライアル実施中

英語表現の紹介

「Starting from scratch」の意味と使い方

「Starting from scratch」は、「ゼロから始める」ことを意味します。この表現は、何かを全く新しい状態からスタートする時に使われます。例えば、新しいプロジェクトや、新しいスキルを学ぶ時に使うことが多いです。

例文とその日本語訳

  1. 例文: “We had to start from scratch after the company was restructured.”
    • 日本語訳: 「会社が再編成された後、私たちはゼロから始めなければならなかった。」
  2. 例文: “She decided to start from scratch and learn how to code.”
    • 日本語訳: 「彼女はゼロから始めてコーディングを学ぶことに決めた。」
  3. 例文: “After losing all the data, they had no choice but to start from scratch.”
    • 日本語訳: 「データを全て失った後、彼らはゼロから始めるしかなかった。」
  4. 例文: “When we moved to the new city, we had to start from scratch to build our network.”
    • 日本語訳: 「新しい都市に引っ越した時、私たちはネットワークをゼロから構築しなければならなかった。」

「Starting from scratch」は、何かを新しく始める時に非常に便利な表現です。特に、全く新しい環境や状況でのスタートを強調したい時に使うことができます。この表現を覚えておくと、ビジネスシーンでも日常会話でも役立つでしょう。次は、その他の関連表現について見ていきましょう。

 

 

その他の関連表現

「From the ground up」

「From the ground up」は、「基礎から全てを構築する」という意味を持ちます。こちらも、何かを新しい状態から始めることを表現する際に使われますが、特に基礎からしっかりと作り上げるニュアンスが強いです。

例文とその日本語訳

  1. 例文: “She built her business from the ground up with just a small loan.”
    • 日本語訳: 「彼女は小さなローンだけでビジネスをゼロから築き上げた。」
  2. 例文: “The new software was developed from the ground up to meet user needs.”
    • 日本語訳: 「新しいソフトウェアはユーザーのニーズを満たすためにゼロから開発された。」
  3. 例文: “We need to design the new project from the ground up.”
    • 日本語訳: 「新しいプロジェクトを基礎から設計する必要がある。」

「Begin at zero」

「Begin at zero」は、「全く新しい状態から始める」という意味です。「Starting from scratch」と似ていますが、シンプルに何もない状態から始めることを強調します。

例文とその日本語訳

  1. 例文: “The team had to begin at zero after losing all their previous work.”
    • 日本語訳: 「チームは以前の全ての作業を失った後、ゼロから始めなければならなかった。」
  2. 例文: “Learning a new language often means beginning at zero.”
    • 日本語訳: 「新しい言語を学ぶことは、しばしばゼロから始めることを意味する。」
  3. 例文: “After the setback, we decided to begin at zero and rebuild our strategy.”
    • 日本語訳: 「挫折の後、私たちはゼロから始めて戦略を再構築することに決めた。」

「From the ground up」と「Begin at zero」は、それぞれ異なるニュアンスで「ゼロから始める」ことを表現します。これらの表現を使い分けることで、英語での表現力がさらに豊かになるでしょう。次は、ビジネスシーンでの使い方を見ていきましょう。

 

 

会話例

from zero

数字は世界共通なのでありがたいですね。英語圏でもゼロからという時”from zero”と言います。

スタローン
What’s your question?
君の質問はなんだい?
マイク
How do I begin a business at zero with no money?
お金をかけずにビジネスをどうやってゼロから始めればいいの?

 

from scratch

2つ目は、”scratch”を使います。”scratch”ってそれがゼロからっていう意味になんの?って思いませんでしたか?僕は”scratch”と聞くと「傷」や「〜をひっかく」という意味が浮かんできたのですが、あなたはいかがでしょうか。それ以外に“scratch”は「スタートライン」という意味があります。スポーツの世界で使われています。あの白のラインです。その白のラインが言ってみれば、ゼロの段階なので、「スタートラインから」が「ゼロから」になったということですね。

ナオミ
I like your house! It is very unique.
あなたの家気に入ったわ!とても独特だね。
リョウ
I actually built it on my own. I started from scratch 3 years ago.
実は自分で建てたんだ。3年前にゼロから始めたよ。

 

 

動詞を置き換えて、使おう!

最後になりますが、動詞は必ずしも”start”でなきゃいけないわけではありません。他によく使う動詞は、”make”と”do”です。これらと”start”の3つを覚えておけば、十分でしょう。では、スタッフに例文を紹介してもらいましょう。

マイク
Where did you buy those cookies?
このクッキーはどこで買ったの?
アイヴァン
I didn’t buy them. I made them from scratch.
買ってないよ。ゼロから作ったの。

 

 

  • 使っていたパソコンがフリーズして
リョウ
I forgot to save the data. Oh my, I have to do everything from scratch.
データを保存し忘れたよ。あー、全部ゼロからやり直しだ。

 

 

 

ビジネスシーンでの使い方

プロジェクトの立ち上げ

  1. 例文: “The new project requires us to start from scratch.”
    • 日本語訳: 「新しいプロジェクトはゼロから始める必要がある。」
  2. 例文: “Our team will build the new software from the ground up.”
    • 日本語訳: 「私たちのチームは新しいソフトウェアをゼロから構築します。」
  3. 例文: “After the merger, we had to start our marketing strategy from scratch.”
    • 日本語訳: 「合併後、マーケティング戦略をゼロから始めなければならなかった。」
  4. 例文: “The development of this product will begin at zero, with no previous models to follow.”
    • 日本語訳: 「この製品の開発は、従来のモデルがない状態でゼロから始まります。」

新しいスキルを学ぶ

  1. 例文: “Learning coding means starting from scratch for most people.”
    • 日本語訳: 「コーディングを学ぶことは、多くの人にとってゼロから始めることを意味します。」
  2. 例文: “She decided to learn data analysis from the ground up.”
    • 日本語訳: 「彼女はデータ分析を基礎から学ぶことに決めた。」
  3. 例文: “Our training program will help you begin at zero and become proficient in digital marketing.”
    • 日本語訳: 「私たちのトレーニングプログラムは、ゼロから始めてデジタルマーケティングに精通するまでサポートします。」
  4. 例文: “He took on the challenge of learning graphic design from scratch.”
    • 日本語訳: 「彼はグラフィックデザインをゼロから学ぶ挑戦を受け入れた。」

これらの表現をビジネスシーンで使うことで、新しいプロジェクトやスキルの学習に対する意欲と決意を強調することができます。次は、日常会話での使い方について見ていきましょう。

 

 

日常会話での使い方

趣味を始める時

  1. 例文: “I decided to start painting from scratch.”
    • 日本語訳: 「ゼロから絵を描き始めることに決めた。」
  2. 例文: “She started learning to play the guitar from the ground up.”
    • 日本語訳: 「彼女はゼロからギターを学び始めた。」
  3. 例文: “When I took up gardening, I had to begin at zero with no prior knowledge.”
    • 日本語訳: 「ガーデニングを始めた時、全く知識がない状態から始めなければならなかった。」
  4. 例文: “He started cooking from scratch, experimenting with simple recipes first.”
    • 日本語訳: 「彼はゼロから料理を始め、まずは簡単なレシピを試してみた。」

新しいチャレンジをする時

  1. 例文: “He started his fitness journey from scratch.”
    • 日本語訳: 「彼はゼロからフィットネスの旅を始めた。」
  2. 例文: “After moving to a new city, she had to build her social circle from the ground up.”
    • 日本語訳: 「新しい都市に引っ越した後、彼女はゼロから社交の輪を築き上げなければならなかった。」
  3. 例文: “Starting my own business meant beginning at zero, but I was ready for the challenge.”
    • 日本語訳: 「自分のビジネスを始めることはゼロからのスタートを意味したが、私はその挑戦に準備ができていた。」
  4. 例文: “He took on the challenge of running a marathon, starting from scratch with his training.”
    • 日本語訳: 「彼はゼロからのトレーニングでマラソンに挑戦することにした。」

これらの表現を日常会話で使うことで、新しい趣味やチャレンジに対する意欲や取り組みを表現することができます。次は、よくある間違いと注意点について見ていきましょう。

 

 

よくある間違いと注意点

表現の使い分け

「ゼロから始める」という表現にはいくつかのバリエーションがありますが、状況に応じて使い分けることが重要です。以下に、それぞれの表現の使い分け方を説明します。

  1. 「Starting from scratch」
    • 何もない状態から完全に新しく始める時に使います。
    • 例: 新しいプロジェクトやスキルの習得など、何も基礎がない場合。
  2. 「From the ground up」
    • 基礎から全てを一から作り上げる場合に使います。
    • 例: ビジネスの立ち上げや、完全な再構築が必要な場合。
  3. 「Begin at zero」
    • シンプルに何もない状態から始めることを強調したい時に使います。
    • 例: 知識や経験が全くない状態からのスタート。

間違いやすい例とその訂正

間違いやすい例

  1. 間違い: “I need to start from the ground up with my new hobby.”
    • 訂正: “I need to start from scratch with my new hobby.”
    • 理由: 趣味を始める場合、「from scratch」の方が適しています。「from the ground up」はより構築的なプロジェクトに使われます。
  2. 間違い: “She is learning coding from the ground up.”
    • 訂正: “She is learning coding from scratch.”
    • 理由: 新しいスキルの習得には、「from scratch」の方が自然です。「from the ground up」はより物理的な構築を意味します。
  3. 間違い: “We will begin at zero and build the new software.”
    • 訂正: “We will start from scratch and build the new software.”
    • 理由: 新しいソフトウェアの開発には、「start from scratch」の方が適しています。「begin at zero」は少し不自然に聞こえます。

使い分けの注意点

  • 文脈に注意: 各表現は似ていますが、文脈に応じて使い分けることでより自然な英語になります。
  • ニュアンスの違い: 「from scratch」は完全に新しいスタートを意味し、「from the ground up」は構築的なプロセスを強調し、「begin at zero」は何もない状態からのスタートを強調します。

これらのポイントに注意しながら、「ゼロから始める」という表現を使いこなしましょう。次は、この記事のまとめに進みます。

 

 

まとめ

重要なポイントの振り返り

この記事では、「ゼロから始める」という表現の英語での言い方とその使い方について学びました。以下のポイントを振り返りましょう:

  1. 主要な表現
    • Starting from scratch: 何もない状態から完全に新しく始める時に使います。
    • From the ground up: 基礎から全てを一から作り上げる場合に使います。
    • Begin at zero: シンプルに何もない状態から始めることを強調したい時に使います。
  2. ビジネスシーンでの使い方
    • プロジェクトの立ち上げや新しいスキルの習得時に使う具体的な例文を見てきました。
  3. 日常会話での使い方
    • 趣味を始める時や新しいチャレンジをする時の具体的な表現例を学びました。
  4. よくある間違いと注意点
    • 各表現の使い分け方と、間違いやすい例とその訂正方法について解説しました。

読者への感謝

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!この記事が、「ゼロから始める」という表現を正しく理解し、使いこなすための助けになれば嬉しいです。

英語学習は時に大変ですが、一歩一歩進んでいくことで確実に上達します。この記事を通じて、皆さんが新しい挑戦に自信を持って取り組めるようになればと思います。今後も引き続き、英語の学習を応援しています!

それでは、また次回の記事でお会いしましょう!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム