気遣い力アップ!「くつろいで」って英語で何て言うの?

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は気遣い力アップ「くつろいで」の英語表現とその使い方についてお話します。この記事を読めば英語力が今日より少しアップします。それではまいりましょう。

 

 

気遣い力アップ「くつろいで」の英語表現とその使い方

「くつろいで。」と英語で伝えたいときは、”Make yourself at home.”と言います。友人や同僚などを家に招いたときに使える便利な英会話フレーズです。まずは二人の会話を見てみましょう。

ナオミ
Hi, Ivan. Thank you for coming. Come on in.
やぁ、アイヴァン。来てくれてありがとうね。入って。
アイヴァン
Thank you for inviting me. You have a nice place!
招待してくれてありがとう。いい家だね!
ナオミ
Thank you. Make yourself at home.
ありがとう。くつろいでね。

 

 

“Make yourself at home.”で「くつろいで。」という意味になります。その他にも、同じ意味として“Make yourself comfortable.”ということができます。”Make yourself at home.”で、なぜ「くつろいでね。」となるか分かりづらくないでしょうか。僕は、こういうとき、とりあえず文法を理解して、直訳から頭にしみこませます。

 

 

“make + 目的語 + 補語”の文型をおさらい

このフレーズでは、”make + 目的語 + 補語”という文型が使われています。意味は「~(目的語)を…(補語)にする」となります。補語がどんな役割か覚えていますか?補語には目的語や主語を補足する役割があります。下の例文を見てみましょう。これは”happy”「幸せ」(補語)が”me”「私」の状態を補足しています。これが補語の役割です。ちなみに補語には形容詞や名詞が来たりします。

リョウ
She makes me happy.
彼女は私を幸せにする。

 

 

 

“at home”は形容詞の意味もある

“at home”と聞くと、副詞的な意味で「家で、家に」という意味を思い浮かべます。でも、実はそれ以外に形容詞的に使って「くつろいだ」という意味もあるんです。このフレーズの場合、直訳すると「自分自身をくつろいだ状態にして。」となりますが、意訳して「くつろいで。」となります。

その他の例文も見てみましょう。

  • 副詞の場合
リョウ
I’m at home.
家にいるよ。

 

 

 

  • 形容詞の場合
リョウ
I feel at home.
心休まるね。(くつろいだ気分だね。)

 

 

 

「くつろぐ」に関連する記事

”holiday”と”holidays”、”vacation”、”day off”、”break”の違いと使い分け

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。いかがでしたか?それでは、また会いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出