3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

誘いを断れる「いや、やめておこう」の英語表現とその使い方

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は「いや、やめておこう」の英語表現についてお話します。この記事を読めばスムーズに誘いを断れるようになります。それではまいりましょう。

 

 

“Let’s not.”の意味

まずは二人の会話を見てみましょう。

友人へ…

アイヴァン
Let’s go to the mall later.
後でモールに行こう。
リョウ
No, let’s not. I want to study English a little.
いや、やめとこう。少し英語の勉強をしたいんだ。

 

 

「いや、やめとこう。」と英語で伝えたいときは、”No, let’s not.”と言います。同僚や友人に誘われたときに使える便利な英会話フレーズです。ほとんどの皆さんが知っている、誘うときに使う”Let’s ~.”「~しよう。」の否定形です。動詞の前に否定を表す”not”を入れてあげれば、“Let’s not ~.”「~しないでおこう。」となります。会話では”not”以降は文脈上明確なので、省略することが多いです。

 

 

“Let’s”は何の短縮形?

“Let’s”は”Let us”の短縮形で提案や誘いたいときに使います。元々の文は“Let us not go to the mall.”となりますが、繰り返しを避けるために、明確である部分は省略して、“Let’s not.”となります。

 

 

 

 

無料トライアル実施中

誘いに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が「いや、やめておこう」の英語表現についてでした。機会があればぜひ使ってみてくださいね。それではまた会いましょう!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム