誘いを断れる「いや、やめておこう」の英語表現とその使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は「いや、やめておこう」の英語表現についてお話します。この記事を読めばスムーズに誘いを断れるようになります。それではまいりましょう。

 

 

“Let’s not.”の意味

まずは二人の会話を見てみましょう。

友人へ…

アイヴァン
Let’s go to the mall later.
後でモールに行こう。
リョウ
No, let’s not. I want to study English a little.
いや、やめとこう。少し英語の勉強をしたいんだ。

 

 

「いや、やめとこう。」と英語で伝えたいときは、”No, let’s not.”と言います。同僚や友人に誘われたときに使える便利な英会話フレーズです。ほとんどの皆さんが知っている、誘うときに使う”Let’s ~.”「~しよう。」の否定形です。動詞の前に否定を表す”not”を入れてあげれば、“Let’s not ~.”「~しないでおこう。」となります。会話では”not”以降は文脈上明確なので、省略することが多いです。

 

 

“Let’s”は何の短縮形?

“Let’s”は”Let us”の短縮形で提案や誘いたいときに使います。元々の文は“Let us not go to the mall.”となりますが、繰り返しを避けるために、明確である部分は省略して、“Let’s not.”となります。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップのアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に完全されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して添削することで、何が不自然で間違えているのかが一目瞭然となります。さらにその後、講師からフィードバックをもらうことで改善へと繋げることが可能です。だから実践でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることで効果が倍増しますね。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

誘いに関連する記事

”Are we still on for 〜?”の意味とその使い方【約束に使える】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が「いや、やめておこう」の英語表現についてでした。機会があればぜひ使ってみてくださいね。それではまた会いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出