3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

遅刻を伝える英語表現: 〜分/時間遅れる時の使えるフレーズ6選

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

こんにちは、みなさん。RYO英会話ジムです。この記事では、英会話において「〜分/時間遅れる」という表現の使い方を学びます。遅刻を伝える際、適切な英語表現を使うことで、相手に対する配慮やプロフェッショナリズムを示すことができます。ビジネスシーンや日常生活で役立つ具体的なフレーズを例文とともに紹介し、それぞれの場面での使い方を解説します。

英語で遅刻を伝える方法は、思ったよりも簡単です。このガイドを通じて、さまざまなシチュエーションで使える表現を身につけてください。ビジネスや日常生活で、きっと役立つはずです。それでは、楽しく学んでいきましょう!

 

 

無料トライアル実施中

よく使われるフレーズ

“I’ll be 〜 minutes/hours late.”

このフレーズは、遅れる時間を具体的に伝える際によく使われます。例えば、10分遅れる場合は「I’ll be 10 minutes late.」と言います。

例文と日本語訳
  • 英文: I’ll be 15 minutes late.
  • 日本語訳: 15分遅れます。
  • 英文: Sorry, I’ll be an hour late.
  • 日本語訳: すみません、1時間遅れます。
使用例
  • 友人との待ち合わせに遅れる時:
    • “Hey, I’m really sorry, but I’ll be 20 minutes late. Can we meet at 3:20 instead?”
    • 「ねえ、ごめんね、20分遅れるから。3時20分に会える?」
  • ビジネスミーティングに遅れる時:
    • “I apologize, but I’ll be 30 minutes late to the meeting due to traffic. I’ll join as soon as possible.”
    • 「申し訳ありませんが、交通の関係でミーティングに30分遅れます。できるだけ早く参加します。」

“I’m running 〜 minutes/hours behind.”

このフレーズは、予定より遅れていることを伝える際に使います。例えば、5分遅れている場合は「I’m running 5 minutes behind.」と言います。

例文と日本語訳
  • 英文: I’m running 10 minutes behind.
  • 日本語訳: 10分遅れています。
  • 英文: I’m running an hour behind schedule.
  • 日本語訳: 予定より1時間遅れています。
使用例
  • 医者の予約に遅れる時:
    • “Hello, this is [Your Name]. I’m running about 15 minutes behind for my appointment. Is it still okay to come?”
    • 「こんにちは、[あなたの名前]です。予約に15分ほど遅れていますが、まだ伺っても大丈夫ですか?」
  • 仕事の会議に遅れる時:
    • “I’m running 20 minutes behind due to a previous meeting. I’ll join the conference call as soon as I’m done.”
    • 「前の会議で20分遅れています。終わり次第、すぐに電話会議に参加します。」

 

 

フォーマルな場面で使える表現

“I apologize for being 〜 minutes/hours late.”

このフレーズは、遅刻したことに対して丁寧に謝罪する際に使います。特にビジネスや公式な場面で有効です。

例文と日本語訳
  • 英文: I apologize for being 15 minutes late.
  • 日本語訳: 15分遅れて申し訳ありません。
  • 英文: I apologize for being an hour late to the meeting.
  • 日本語訳: 会議に1時間遅れて申し訳ありません。
使用シチュエーションの説明
  • ビジネスミーティングに遅れた時:
    • “I apologize for being 20 minutes late to the meeting. I encountered unexpected traffic on the way.”
    • 「会議に20分遅れて申し訳ありません。途中で予期せぬ交通渋滞に遭いました。」
  • クライアントとのアポイントに遅れた時:
    • “I apologize for being late for our appointment. There was an unexpected delay with my previous meeting.”
    • 「アポイントに遅れて申し訳ありません。前の会議が予期せぬ遅れを生じました。」

“I regret to inform you that I will be 〜 minutes/hours late.”

このフレーズは、事前に遅刻を知らせる際に使います。丁寧でフォーマルな表現です。

例文と日本語訳
  • 英文: I regret to inform you that I will be 30 minutes late.
  • 日本語訳: 30分遅れることをお知らせしなければならないことを遺憾に思います。
  • 英文: I regret to inform you that I will be an hour late to our meeting.
  • 日本語訳: ミーティングに1時間遅れることをお知らせしなければならないことを遺憾に思います。
使用シチュエーションの説明
  • 重要な会議の前に遅刻を知らせる時:
    • “I regret to inform you that I will be 45 minutes late to the board meeting due to an unexpected delay with my flight.”
    • 「飛行機の予期せぬ遅れにより、取締役会に45分遅れることをお知らせしなければならないことを遺憾に思います。」
  • クライアントとの重要なアポイントの前に遅刻を知らせる時:
    • “I regret to inform you that I will be 20 minutes late for our scheduled meeting. I am currently stuck in traffic.”
    • 「交通渋滞に巻き込まれており、予定していたミーティングに20分遅れることをお知らせしなければならないことを遺憾に思います。」

 

 

カジュアルな場面で使える表現

“I’ll be a few minutes late.”

このフレーズは、友人やカジュアルな場面で遅れることを伝える際に使います。数分の遅れを伝えるための軽い表現です。

例文と日本語訳
  • 英文: I’ll be a few minutes late.
  • 日本語訳: 数分遅れます。
  • 英文: I’ll be a few minutes late. Please wait for me.
  • 日本語訳: 数分遅れます。待っていてください。
使用例
  • 友人との待ち合わせに遅れる時:
    • “Hey, I’ll be a few minutes late. Can you wait for me at the café?”
    • 「ねえ、数分遅れるからカフェで待っててくれる?」
  • 同僚とのランチに遅れる時:
    • “I’ll be a few minutes late to lunch. Save me a seat!”
    • 「ランチに数分遅れるから、席を取っておいて!」

“Sorry, I’m going to be a bit late.”

このフレーズは、少し遅れることを伝えるカジュアルな表現です。友人や同僚との会話でよく使われます。

例文と日本語訳
  • 英文: Sorry, I’m going to be a bit late.
  • 日本語訳: ごめん、少し遅れるよ。
  • 英文: Sorry, I’m going to be a bit late. I’ll be there in 10 minutes.
  • 日本語訳: ごめん、少し遅れるよ。10分で着くよ。
使用例
  • 友人との映画鑑賞に遅れる時:
    • “Sorry, I’m going to be a bit late. Can you buy the tickets for us?”
    • 「ごめん、少し遅れるからチケット買っておいてくれる?」
  • 家族とのディナーに遅れる時:
    • “Sorry, I’m going to be a bit late for dinner. Please start without me.”
    • 「ごめん、ディナーに少し遅れるから先に始めてて。」

 

 

具体的なシチュエーションでの使い方

友人との約束の場合

友人との約束で遅れることを伝える場合、カジュアルな表現が適しています。友人にはリラックスしたトーンで伝えることが重要です。

例文と日本語訳
  • 英文: Hey, I’m really sorry, but I’ll be about 15 minutes late. Can you wait for me at the café?
  • 日本語訳: ねえ、本当にごめんだけど、15分くらい遅れるよ。カフェで待っててくれる?
  • 英文: Sorry, I’m running a bit behind. I’ll be there in about 10 minutes.
  • 日本語訳: ごめん、ちょっと遅れてる。10分くらいで着くよ。

ビジネスシーンの場合

ビジネスシーンでは、丁寧でフォーマルな表現が必要です。相手に対する敬意を示しつつ、遅れる理由を簡潔に伝えます。

例文と日本語訳
  • 英文: I apologize for being 20 minutes late to the meeting. There was an unexpected delay with my previous appointment.
  • 日本語訳: 会議に20分遅れて申し訳ありません。前のアポイントが予期せぬ遅れを生じました。
  • 英文: I regret to inform you that I will be 30 minutes late to our scheduled meeting due to heavy traffic. I appreciate your understanding.
  • 日本語訳: 交通渋滞のため、予定していたミーティングに30分遅れることをお知らせしなければならないことを遺憾に思います。ご理解いただけると幸いです。

まとめ

友人とのカジュアルな場面やビジネスシーンで遅れることを伝える際の英語表現は、それぞれの状況に応じた適切なフレーズを使うことが重要です。友人にはリラックスしたトーンで、ビジネスシーンではフォーマルなトーンで伝えましょう。これらの表現を使い分けることで、英語でのコミュニケーションがよりスムーズになります。

 

 

まとめ

記事のポイントの再確認

この記事では、「〜分/時間遅れる」という表現を英語で伝える方法を紹介しました。以下のポイントを覚えておきましょう:

  1. カジュアルな場面で使える表現:
    • “I’ll be a few minutes late.”
    • “Sorry, I’m going to be a bit late.”
  2. フォーマルな場面で使える表現:
    • “I apologize for being 〜 minutes/hours late.”
    • “I regret to inform you that I will be 〜 minutes/hours late.”
  3. 具体的なシチュエーションでの使い方:
    • 友人との約束の場合:リラックスしたトーンで伝える。
    • ビジネスシーンの場合:丁寧でフォーマルな表現を使う。

最後のアドバイス

遅れることを事前に伝えるのは、相手に対するマナーの一つです。特にビジネスシーンでは、信頼関係を築く上で重要な要素となります。英語で遅れることを伝える際は、シチュエーションに応じた適切な表現を使い、相手に配慮することを心がけましょう。また、正確な時間を伝えることで、相手が予定を調整しやすくなります。

読者への感謝の言葉

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。この記事が皆さんの英語学習に役立つことを願っています。遅刻を伝える際に、ぜひ今日学んだフレーズを使ってみてください。今後も皆さんの英語力向上に役立つ情報をお届けしていきますので、どうぞお楽しみに。これからも一緒に頑張りましょう!

また次回の記事でお会いしましょう。ありがとうございます!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム