3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「You should 〜」で始まる提案: 英会話に役立つ使い方ガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウと申します。本日は、「You should 〜」という表現の意味及び適切な使用方法に焦点を当ててご紹介します。この内容を通じて、皆さんの英語表現力を一段と向上させることが目標です。それでは、さっそく始めていきましょう。

 

 

意味

「You should 〜」という表現は、「〜することをお勧めします」という意味合いで用いられます。これは、相手に対して最も適した行動や、ある状況における理想的な選択肢をアドバイスする際に活用されるフレーズです。この表現において、助動詞「should」の使用は重要で、その直後には常に動詞の基本形が続きます。これにより、聞き手に対して積極的かつ建設的な提案を行うことができます。

 

 

無料トライアル実施中

使う場面

「You should…」は、受け取る側が感じる圧力を軽減しつつ、ポジティブな改善を促す柔軟な方法でアドバイスを提供する際に特に有効です。

アドバイスや提案をするとき

聞き手に対して何かをするべきだと思うとき、特により良い結果を得るための方法や選択肢について助言する場合です。

  • You should drink more water to stay hydrated.
  • (水分を取るべきですよ、脱水状態を防ぐために。)

意見や推薦を表現するとき

個人的な見解や経験に基づいた推薦をする場合。

  • You should check out that new cafe, it’s great.
  • (その新しいカフェを試してみるべきですよ、素晴らしいですから。)

注意喚起するとき

聞き手が注意すべき点や、避けるべき行動について警告する場合。

  • You should look both ways before crossing the street.
  • (道を渡る前には両側を見るべきです。)

健康や安全に関する指導をするとき

健康を維持したり、安全を確保するための行動について助言する場合。

  • You should wear sunscreen to protect your skin.
  • (肌を守るために日焼け止めを塗るべきです。)

勉強やキャリアのガイダンスを提供するとき

学業や職業選択に関するアドバイスをする際。

  • You should consider taking an internship to gain more experience.
  • (より多くの経験を積むために、インターンシップを検討するべきです。)

 

 

例文

子供が夜遅くまで起きていて…

マイク
You should go to bed now.
そろそろ寝たほうがいいよ。

 

 

チェーンスモーカーの友人に…

リョウ
You should stop smoking.
タバコやめたほうがええで。

 

 

そこへ行く一番簡単な方法はないか聞かれて…

ナオミ
You should take subway.
地下鉄に乗るといいよ。

 

 

歯が汚い友人へ…

アイヴァン
You should brush your teeth everyday.
歯は毎日洗ったほうがいいよ。

 

 

相手にアドバイスを尋ねる

パーティーに行くルームメイトが…

ナオミ
What should I wear tomorrow?
明日何を着ればいいかな?

 

 

“What should I”は、アドバイスや提案を求める際に用いる表現で、疑問文の形を取り、主語として「I」を使用します。このフレーズの意味は、「〜するべきでしょうか?」と自分が取るべき行動について相手の意見や助言を求めるものです。この表現を使うことで、柔軟かつ敬意を持って、対話の中で指導や推薦を請求することができます。

 

 

似た英語表現

これらの表現は、”You should”と同様に、相手に何かを勧めたり、アドバイスを与えたりする際に有用ですが、それぞれが異なる文脈や話し手の意図に応じて使い分けられます。

You ought to

例文: “You ought to check the weather forecast before you leave.”

和訳: 出かける前に天気予報を確認した方がいいですよ。

解説: “You ought to”は”You should”とほぼ同じ意味を持ちますが、少し古風な響きがあり、義務や正しさを強調する際に用います。

I recommend that you

例文: “I recommend that you try this new restaurant.”

和訳: この新しいレストランを試してみることをお勧めします。

解説: “I recommend that you”は、直接的な助言よりも提案や推薦の意味合いが強く、話し手の個人的な意見や経験に基づく提案を伝えます。

It might be a good idea to

例文: “It might be a good idea to bring an umbrella today.”

和訳: 今日は傘を持っていくといいかもしれません。

解説: “It might be a good idea to”は、より柔らかい提案をする際に使われ、聞き手に選択肢を与えつつ軽い勧めを表します。

It would be wise to

例文: “It would be wise to save some money for emergencies.”

和訳: 緊急事態のために少しはお金を貯めておくと賢明です。

解説: “It would be wise to”は、特定の行動の賢明さを強調する際に使用します。これは、理性的な判断や長期的な視点を促す助言を伝える際に適しています。

 

 

 

 

shouldに関連した記事をご紹介

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が”You should 〜”の意味とその使い方でした。それでは、See you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム