3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

ビジネスと日常で使う”Made It”の意味と使い方全て:表現ガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。成功への旅は簡単ではありませんが、「Made it」の瞬間は全ての努力を報われるものです。このフレーズは、到着、達成、そして困難の克服を象徴しています。本ブログでは、成功への道のり、その甘美な瞬間を迎えるためのヒントと戦略を掘り下げていきます。夢を現実に変える旅において、「Made it」を自分のものにしましょう。それではまいりましょう。

 

 

意味

「Made it」は英語でよく使われる表現で、いくつかの異なる意味や文脈で用いられます。基本的な意味としては、「成功した」「到着した」「何かを成し遂げた」ということを示します。文脈によっては以下のように解釈されることがあります:

到着することを示す時

何かの場所に予定通り、または無事に到着したことを表します。

  • 「I made it to the meeting on time.」
  • (定時に会議に到着した。)

何かを成し遂げる

特定の目標や課題を達成したことを意味します。この場合、「made it」は努力の末に成功を収めたことを示します。

  • 「After years of hard work, she finally made it as a lawyer.」
  • (長年の努力の末、彼女はついに弁護士として成功した。)

困難を乗り越える

何らかの障害や困難を乗り越えて目標を達成したり、特定の状況を切り抜けたりしたことを示します。

  • 「Despite the challenges, we made it.」
  • (困難にもかかわらず、私たちはそれを乗り越えた。)

出席する

「Make it」には「出席する」という意味も含まれており、特定のイベントや会議、約束などに時間通りに、または予定どおりに参加できるかどうかを表す際に使用されます。この表現は、自分が予定されている場所に行けるかどうか、あるいは何らかの約束や会合に間に合うかどうかを伝えるのに便利です。

  • “I’ll do my best to make it to the meeting tomorrow.”
  • (明日の会議に参加できるよう最善を尽くします。)

この例文では、話者が明日の会議に出席しようとする意志を表していますが、何らかの不確実性があることを示唆しています。

 

 

無料トライアル実施中

例文

成功する

プロジェクトが成功に終わって…

ナオミ
I can’t believe you made it. That was a difficult task.
結果を出すなんてすごいね。あれは難しい仕事だったわ。

 

 

ある俳優について話していて…

リョウ
He made it in the movies when he was still a teenager.
彼がまだ10代のときに映画で成功したんだよ。

 

 

友人が起業して…

マイク
I will definitely make it.
絶対成功するぜ。

 

乗り越える

1週間禁煙に成功した友人へ…

リョウ
You made it for a week without smoking
タバコを吸わずに1週間よく耐えたね。

 

 

“make it”を覚えたら”make it big”もぜひ知っておきたいですね。これについては別記事“make it big”の意味とその使い方で紹介しているのでどうぞご覧ください。

間に合う

部下が時間ギリギリに現れて…

スタローン
You made it. I thought you were not going to show up. 
間に合ったな。もう来ないのかと思ったよ。

 

 

いつもより遅く出勤した夫に…

ナオミ
Did you make it in time?
間に合った?

 

 

「間に合う」という表現に関しては、まだまだお伝えしたいことがあるのでそれに関しては以下の関連記事よりどうぞご覧ください。

「出席する」

最後になりますが、それぞれ意味がまったく違うのでややこしいですが「出席する」という意味でも使われることがあります。いくつか例文をご紹介します。

金曜日のパーテイーに出席できるか聞かれて…

ナオミ
I don’t think I can make it on Friday.
金曜日のパーティーには出席できないと思う。

 

 

会議に出席できそうにないと言っていた友人が…

リョウ
I made it to the meeting.
ミーティングに出席できたよ。

 

 

 

返答のバリエーション

「Made it.」への返答は、そのニュースを受けたあなたの感情や反応を示す良い機会です。以下は、「Made it.」に対して使えるさまざまな返答の例です。

肯定的な返答

  1. “That’s great to hear! Congratulations!”
    • 「それは素晴らしいニュースですね!おめでとうございます!」
  2. “Well done! I knew you could do it.”
    • 「よくやった!君ならできると思っていたよ。」
  3. “I’m so happy for you! Let’s celebrate soon.”
    • 「本当に嬉しいです!近いうちにお祝いしましょう。」

感謝を示す返答

  1. “Thank you for letting me know. I’m relieved you made it safely.”
    • 「知らせてくれてありがとう。無事に着いたと聞いて安心しました。」

励ましやサポートを示す返答

  1. “Fantastic! What’s the next step for you?”
    • 「素晴らしい!次は何を計画しているの?」
  2. “You’ve worked hard for this. What’s your next goal?”
    • 「これのために一生懸命働いたね。次の目標は何?」

お礼や謙虚な返答

  1. “I appreciate your support. Couldn’t have made it without you.”
    • 「あなたのサポートに感謝します。あなたがいなければここまで来れませんでした。」

これらの返答は、相手が達成したことを祝福し、その喜びを共有するためのものです。どの返答を選ぶかは、あなたと相手の関係性や、達成されたことの性質によって異なります。いずれにしても、ポジティブでサポートする姿勢を示すことが大切です。

 

 

使用上の注意点

「Made it」を使用する際には、いくつかの注意点を考慮することが重要です。この表現は非常に便利で柔軟性がありますが、正確な文脈やニュアンスを理解しておく必要があります。

文脈の明確さ

「Made it」が指し示す具体的な意味(到着、成功、困難の克服など)は、周囲の文脈に大きく依存します。そのため、受け手が正確に理解できるように、十分な情報を提供することが大切です。

過去形の使用

「Made it」は過去形であるため、過去の出来事や経験に対して使用します。将来の予定や意図について話す場合は、「will make it」や「can make it」など、適切な時制を選ぶ必要があります。

非公式性

「Made it」は非公式な表現であり、カジュアルな会話やフレンドリーな文脈での使用が適しています。公式なビジネス文書やフォーマルな場では、より正式な表現を選ぶことをお勧めします。

感情の伝達

成功や達成を伝える際に「Made it」を使用することで、喜びや安堵の感情を相手に伝えることができます。しかし、その感情が適切に伝わるよう、追加の文言や表現を加えることが有効です。

明確な対象

「何に対して成功したのか」「どこに到着したのか」など、話している対象が何であるかを明確にすることが重要です。これにより、誤解を避け、コミュニケーションをより効果的にします。

「Made it」を使用する際にこれらの点を念頭に置くことで、意図したメッセージをより明確に、そして適切に伝えることができます。

 

 

似た表現

1. Pulled it off

  • 例文: “We had many challenges, but we pulled it off in the end.”
  • 和訳: 多くの課題がありましたが、最終的には成功しました。
  • 解説: 「Pulled it off」は、特に困難や挑戦のある状況で、何かを成功させることを表します。この表現は、「Made it」よりも苦労や努力を乗り越えた達成感を強調します。

2. Achieved our goal

  • 例文: “After months of hard work, we finally achieved our goal.”
  • 和訳: 数ヶ月の激しい努力の後、ついに私たちは目標を達成しました。
  • 解説: 「Achieved our goal」は、設定された具体的な目標や目的を達成したことを直接的に表します。このフレーズは、ビジネスやプロジェクトの文脈でよく使われ、計画や目標に対する明確な成功を示します。

3. Got there in the end

  • 例文: “It took longer than expected, but we got there in the end.”
  • 和訳: 予想より時間がかかりましたが、最終的には目的地に到達しました。
  • 解説: 「Got there in the end」は、何かが予定よりも時間がかかったり、途中で障害があったりしても、最終的には目標や目的地に到達したことを表します。この表現は、過程に焦点を当て、結果的に成功したことを伝えます。

 

 

関連語彙

成功に関連する単語

  1. Achievement (達成)
    • 何か重要な目標を達成した時の成果や功績。
  2. Triumph (勝利)
    • 大きな成功や勝利、特に困難や挑戦を乗り越えた後のもの。
  3. Prosperity (繁栄)
    • 経済的な成功や繁栄、物事が順調に進んでいる状態。
  4. Breakthrough (飛躍)
    • 重要な発見や進歩、困難を打破することによる大きな進展。
  5. Accomplishment (成就)
    • 目標や課題を完成させたこと、成し遂げた業績。

困難に関連する単語

  1. Obstacle (障害)
    • 目標達成の道のりを妨げるものや事柄。
  2. Adversity (逆境)
    • 困難や不運な状況、逆境を乗り越えることで強さが試される。
  3. Challenge (挑戦)
    • 困難な課題や試練、それに立ち向かうことで成長や進歩が見込まれる。
  4. Setback (挫折)
    • 進行中のプロジェクトや計画において、一時的な逆流や失敗。
  5. Hardship (困難)
    • 生活や仕事で直面する厳しい状況や苦労。

 

 

 

 

「間に合う」に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が”made it”の3つの意味とその使い方でした。それではSee you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム