3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

英語での「When」と「If」の使い分け: ネイティブが知る3つのポイント

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。本日は英語を学ぶ上で避けて通れない二つの単語、”when”と”if”に焦点を当てます。これらは一見似ているようでいて、実は使用する場面や意味合いに微妙な違いがあります。

“when”は時間や確定的な事象を示すのに対し、”if”は条件や可能性を伴う状況を表します。この記事を通じて、これらの違いを明確にし、どのように使い分ければ自然な英語表現ができるのかを解説していきます。それでは、まいりましょう。

 

 

IfとWhenの違い

夫に…

ナオミ
When you go to town tomorrow, buy me some sugar.
明日スーパーに行く時砂糖買ってきて。

 

 

日本に住む友人へ…

マイク
I’ll see you in July if I come to Thailand.
もしタイに来たら7月に会おうね。

 

 

解説

英語において、「when」と「if」の使い分けは、話されている事柄の起こる可能性や確実性に基づいています。「when」は、何かが起こることが既に確定している、または非常に確実である場合に使われます。一方、「if」は、何かが起こるかどうか不確かで、条件付きである場合に使われます。

例えば、相手が明日スーパーに行くことがすでに計画されており、その計画に変更がないことが分かっている場合、「when」を使用します。これは、その事象が確実に起こると見なされるからです。この文脈で、「when」を使用すると、「相手が明日スーパーに行く時」という意味になり、その事象が起こることが前提となります。

Whenの例

  • 「When you go to the supermarket tomorrow, can you buy some milk?」
  • (明日スーパーに行ったら、牛乳を買ってきてくれる?)

この例では、「when」を使うことで、相手が明日スーパーに行くことが確定しているという前提の下、何かを頼んでいます。

一方で、「if」を使う場合は、その事象が起こるかどうかまだ不確かである場合です。例えば、相手が明日スーパーに行くかどうかまだ決めていない場合、「if」を使って条件を設定します。

Ifの例

  • 「If you go to the supermarket tomorrow, can you buy some milk?」
  • (もし明日スーパーに行くなら、牛乳を買ってきてくれる?)

ここでの「if」は、相手がスーパーに行くかどうかはまだ未定であり、その条件が満たされた場合にのみ、何かをしてほしいと頼んでいることを示しています。

このように、「when」と「if」の使い分けは、話している事象の確実性に基づいており、それぞれが異なる文脈やニュアンスを持っています。

 

 

無料トライアル実施中

“if”と”when”が同じ使い方をするときがある

大阪にいるときはどうしているのか聞かれて…

マイク
When/If I’m in Osaka, I usually stay with my friend.
大阪にいるなら/ときはたいてい友達と一緒に滞在するんだ。

 

 

 

 

生徒に…

リョウ
When/If you heat ice, it melts.
氷を温めると溶けるよね。

 

 

“if”と”when”は英語で条件や時間を示すために使われますが、状況によってはほぼ同じ意味で使われることがあります。これは主に習慣的な行動や予測可能な結果を述べる場合に該当します。

習慣的なこと

例えば、「大阪にいるなら/ときはたいてい友達と一緒に滞在するんだ」という文は、話者が大阪にいる時の通常の行動を述べています。この場合、”if”も”when”も使えますが、意味するところはほぼ同じです。

  • “When I’m in Osaka, I usually stay with my friend.”

この文は、「大阪にいる時は」という確定した状況を指し、その時には必ず友達と滞在する習慣があることを示します。

  • “If I’m in Osaka, I usually stay with my friend.”

この文もほぼ同じ状況を指しますが、”if”を使うことで、その状況が実際に発生した場合の通常の行動を示しています。

予測可能なこと

「氷を温めると溶けるよね」という文は、予測可能な結果を述べています。ここでも”if”と”when”は同様に使用できます。

  • “When you heat ice, it melts.”

氷を温めるという行為とそれによって氷が溶けるという結果の間の確実な関連を示しています。つまり、この行為が行われる時、結果は必ず起こります。

  • “If you heat ice, it melts.”

同じ結果を指しますが、”if”を使うことでその行為が起こった場合にのみ、結果が生じるという条件付きの意味合いを強調しています。

このように、習慣的な行動や予測可能な結果を述べる際には、”if”と”when”は互換性を持って使うことができます。しかし、”when”はその事象が確実に起こるという前提で使われることが多く、”if”はその事象が起こるかもしれないという可能性を含んでいます。この微妙な違いは、話者の意図や文脈によって選択されます。

 

 

 

クイズ

では最後に理解できているか確認しておきましょう。

結果発表

#1. 友人から東京に行く予定だと聞いて

結果を見る

 

 

関連英単語

“when”と”if”に関連する英単語を考えるとき、それぞれの用途や意味合いを反映する単語を挙げることができます。これらの単語は、時間や条件を示す際によく使われます。

“When”に関連する単語

  1. While: 同時に起こる事象を示す。
  2. As soon as: ある事象が起こった直後に別の事象が起こることを示す。
  3. Until: ある時点まで事象が続くことを示す。
  4. Whenever: いつでも、どの時も、特定の事象が起こるたびに。

“If”に関連する単語

  1. Unless: ~でない限り、という条件を除いて。
  2. Provided that: ~を条件として、もし~ならば。
  3. In case: ~の場合に備えて。
  4. Assuming that: ~と仮定すると、もし~ならば。

 

 

 

 

ifに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が”when”と”if”の違いとその使い方でした。それでは、See you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム