“under the weather”の意味とその2つの使い方

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。

今日は、”under the weather”の意味とその2つの使い方についてお話します。

この記事を読めば、英語の表現力がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

“under the weather”の意味とその2つの使い方

ナオミ
I’ve been feeling under the weather for a couple of weeks.
ここ数週間体調が悪いんだ。
リョウ
I’m a little under the weather today.
今日少し体調が悪いんや。
ロバート
You seem under the weather
体調悪そうだね。

 

“under the weather”は、「体調がわるい」という意味で、風邪を引いていて歩くのもしんどいという状態よりも、風邪など体調がひどくなる前の状態によく使われる英語表現です。他の英語表現だと”feel sick”や”not well”が適切ですね。

ちなみに”under the weather”は、例文でも感じ取られるように形容詞(形容詞句)として使われています。なので”sick”と置き換えられるのです。

そもそもなぜ”under the weather”なのかというと、一説には船乗りが体調が悪くなった際に体調を整えるためにデッキの下(天気に影響されない空間)へいく習慣があったことからきていると言われています。

 

 

誘いを断るときの表現としてもよいよ

リョウ
I’m sorry, but I can’t. I’m feeling under the weather today.
ごめんいけへんわ。今日体調悪いんや。

 

このように、相手の誘いをできるだけ傷つけないようにソフトに断るときにも使われます。

 

 

酔ったときや二日酔いにも使える

マイク
Do you remember last night? You were under the weather.
昨晩のこと覚えてる?君酔ってたよ。

 

母から昨日の飲み会はどうだったか聞かれて…

アイヴァン
It was a lot of fun, but I’m under the weather today.
とても楽しかったけど、今日は二日酔いだわ。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”under the weather”の意味とその2つの使い方でした。

それでは、See you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。