“sit back”の意味とその3つの使い方【使えるとかっこいい】

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”sit back”の意味とその3つの使い方【使えるとかっこいい】についてお話します。

この記事を読めば、さらにかっこよく英語を話すことができるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

“sit back”の意味とその3つの使い方

椅子にもたれる

マイク
Sit back, relax and enjoy the show.
椅子に背中を預けてリラックスしてショーを楽しんで。

 

一つ目はそのままの意味になりますが、「椅子に持たれる」という意味で使えます。大抵は例文のように”relax”と一緒に使われ、映画館で映画が始まる前のアナウンスとしてよく聞くフレーズでもあります。

 

リラックスする

マイク
Sit back. I’ll bring you a beer.
くつろいで。ビール持ってくるよ。

 

2つ目は、”relax”と同じ意味で使われます。ここでは椅子に座っているかは関係ありません。

 

干渉しない、放任する

リョウ
Why don’t you sit back and let them do all their work?
干渉しないで彼らに仕事を任せてみたら?

 

3つ目の最後は、口出ししたり自分の考えを押し付けずただ見守るときに「干渉しない」や「放任する」という意味で使われます。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、”sit back”の意味とその3つの使い方【使えるとかっこいい】でした。

それでは、See you around!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。