”on sale”と”for sale”の違いとその使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。

今日は前置詞で変わる”on sale”と”for sale”の違いとその使い方についてお話します。

この記事を読めば英語力がさらにアップします。

それではまいりましょう。

 

 

”on sale”と”for sale”の違いとその使い方

ある服を見ていると店員さんから…

ナオミ
It’s on sale.
それはセール中ですよ。

 

友人から…

マイク
Shoes are on sale at SM mart this week. They are 30% off.
今週SMマートで靴がセール中だよ。30%オフです。

 

店員さんに…

スタローン
Can I buy that one?
あれは買えますか?
リョウ
I’m afraid it’s not for sale.
恐れ入りますが売り物ではございません。

 

売り物商品かききたくて….

ナオミ
Are these for sale?
これらは売り物ですか?

 

いかがでしたでしょうか。前置詞onかforで意味が実はまったく変わるんです。”on sale”の場合は「セール中の」という意味で、通常価格より安い値段で売られている場合に使われて”for sale”は「売り物対象の」という意味で、お客さんに購買可能な状態である場合に使われる英語表現です。この表現はアメリカ英語になりますが、イギリス英語だと”on offer”でどちらの意味も表現することができるんです。

 

「セールになる」と言いたいときは?

では「セールになる」と言いたいときは”be on sale”から”go on sale”にすればよいだけです。動詞goで変化を表現します。

友人と服屋で…

アイヴァン
I’m sure they will go on sale next month.
来月それらはセールにきっとなるよ。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が”on sale”と”for sale”の違いとその使い方でした。

それではSee you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出