確実な成果を出すならRYO英会話ジム

情報共有はキーポイント!「Keep me in the loop」の使い方をマスターしよう

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。今日は”keep me in the loop”の意味とその使い方についてお話します。この記事を読めば英語の表現力がさらにアップします。それでは、まいりましょう。

 

 

「Keep me in the loop」の意味とは?

「Keep me in the loop」というフレーズは、「私を情報の輪の中に入れておいてください」という意味です。ここで言う「loop」とは、情報の流れやコミュニケーションの輪を指し、このフレーズを使う人は、重要な更新や変更について随時知らされたいと願っています。

フレーズの意味

この表現は、特にビジネスコミュニケーションで頻繁に使用されます。自分が関与しているプロジェクトやタスクについて、常に最新の情報を得たいときに用いられることが多いです。また、情報共有を求めることで、意思決定過程において自分が外されないようにする意図もあります。

どのような状況で使われるか

  1. プロジェクトの進行中に:プロジェクトチームが大きい場合や、多くの部署が関与している状況では、重要な進捗や変更をすべての関係者が把握している必要があります。このフレーズを使うことで、自分も情報の共有リストに含まれ、重要なアップデートを逃さずに受け取ることができます。
  2. 重要な決定が行われるときに:経営層やリーダーが重要な戦略や決定をする際に、関連するスタッフ全員が最新の情報にアクセスできるようにするために使われます。これにより、全員が同じページにいることを確認し、意思決定過程での誤解を防ぎます。
  3. 緊急時の対応において:何か緊急の問題が発生した場合、関連するチームメンバーやリーダーに迅速に情報を提供する必要があります。このフレーズを使っておくことで、緊急時にもスムーズな情報の流れを保証し、迅速な対応が可能となります。

このように、「Keep me in the loop」は、情報の共有を確実にし、チームや組織全体の連携を強化するためのキーとなるフレーズです。

 

 

無料トライアル実施中

実際の使い方と例文

「Keep me in the loop」はビジネスシーンで非常に有用なフレーズです。ここでは、この表現がどのように実際に使用されるか、そしてその具体的な例をいくつか紹介します。

例文1

“I won’t be able to attend tomorrow’s meeting, so please keep me in the loop with any decisions made.”

日本語訳: 「明日の会議には出席できませんので、決定事項について情報共有をお願いします。」

例文2

“As I am working remotely, it’s important that you keep me in the loop about the project updates.”

日本語訳: 「リモートワークをしているため、プロジェクトのアップデートについては常に情報を共有してください。」

例文3

“While I am on vacation, I trust you to keep me in the loop in case of any emergencies.”

日本語訳: 「休暇中ですが、何か緊急事態があれば、情報を共有してくださいね。」

これらの例文は、日常的なビジネスコミュニケーションで「Keep me in the loop」を活用する具体的な方法を示しています。この表現を使うことで、どこにいても重要な情報から取り残されることがなく、効率的に業務を進めることができます。

 

 

会話例

出張当日、上司から…

ロバート
Keep me in the loop if any problems or changes occur during the trip.
出張中に何か問題や変更でも起きたら知らせてね。

 

 

上司から企画の担当を任され…

ナオミ
You can take charge of the project. Just keep me in the loop.
その企画の担当お願いね。報告は欠かさないで。

 

 

報告したあとに上司から…

リョウ
Thanks for the update. Kindly keep me in the loop on further emails.
報告ありがとう。今後のメールについても逐次報告をお願いする。

 

 

 

類似表現との比較

「Keep me in the loop」は、情報を共有してほしいときに使う便利なフレーズですが、類似する表現として「keep me posted」や「stay in touch」もよく使われます。これらの表現は似ていますが、使われる文脈やニュアンスに違いがあります。

「keep me posted」との比較

このフレーズは「最新の情報を教えてください」という意味で、特定の事項やプロジェクトの進捗状況を定期的に知りたいときに使用します。これは「keep me in the loop」と非常に似ていますが、「keep me posted」は通常、もっとカジュアルな状況や特定のイベントや状況のアップデートを求める際に使われることが多いです。

「stay in touch」との比較

こちらは「連絡を取り合いましょう」という意味で、主に個人的な関係を維持するために使われます。ビジネスの文脈では、プロジェクトが終了した後や会社を去る際などに、今後も連絡を続けたいという希望を表現するために使用されます。

「Keep me posted」の例文

例文: “I know you have a meeting with the client next week. Keep me posted on how it goes.”

和訳: 「来週、クライアントとの会議があるのは知っています。進行状況を教えてくださいね。」

この例文では、特定のイベント(クライアントとの会議)に関する更新を求めており、その進捗を知りたいという意向が表現されています。

「Stay in touch」の例文

例文: “It was great working with you on this project. Let’s stay in touch and hopefully collaborate again in the future.”

和訳: 「このプロジェクトで一緒に働けて良かったです。これからも連絡を取り合いましょう。将来また一緒に仕事ができるといいですね。」

この例文では、プロジェクトの終了後も関係を維持し、将来的に再び一緒に働く可能性を開けておく意向が示されています。ここでの「Stay in touch」は、長期的な関係の維持を望んでいることを表しています。

各表現の使い分け

  • 「Keep me in the loop」: プロジェクトやタスクの関連情報を定期的に受け取りたい場合、またはチームや組織内で進行中の活動について更新され続けたいときに使います。この表現は、関係者が情報を共有することの重要性を強調しています。
  • 「Keep me posted」: 特定の事象や短期的なプロジェクトの更新を求めるときに使います。カジュアルな文脈や友人間での会話でも使用されることがあります。
  • 「Stay in touch」: 関係を維持することを目的としており、ビジネスではプロジェクト終了後や転職時に今後も連絡を取り合う意志があることを示すために使われます。

これらのフレーズを適切に使い分けることで、コミュニケーションがより明確になり、相手に対する敬意も示すことができます。それぞれのフレーズが持つニュアンスを理解し、状況に応じて最適な表現を選ぶことが大切です。

 

 

「Keep me in the loop」を使いこなそう

「Keep me in the loop」というフレーズを上手に使うことは、職場でのコミュニケーションを効果的に改善する手段です。ここでは、このフレーズを使うことの利点と、それを職場でどのように活用すれば良いかについて説明します。

このフレーズを使うことの利点

  1. 情報共有の促進: このフレーズを使うことで、プロジェクトやタスクに関連する重要な情報が適切に共有されることを確実にします。これにより、誤解が減り、よりスムーズな意思決定が可能になります。
  2. 参加と責任感の向上: チームメンバーが情報共有のプロセスに積極的に参加することで、プロジェクトへの関与感や責任感が増します。これはチームのモチベーションと生産性向上に寄与します。
  3. 透明性の確保: 定期的なアップデートを求めることで、プロジェクトや業務の進行が透明になり、信頼関係が築かれやすくなります。

職場でのコミュニケーションを改善する方法

  1. 定期的なミーティングの設定: 週次や月次で定期的なミーティングを設け、プロジェクトの進捗や問題点を共有する場を作ります。「Keep me in the loop」は、これらのミーティングで情報が遺漏なく伝えられるよう、関係者にリマインダーとして機能します。
  2. デジタルツールの活用: SlackやMicrosoft Teamsなどのコミュニケーションツールを利用して、情報をリアルタイムで共有します。これにより、リモートワーク中のメンバーも常に最新の情報を得ることができます。
  3. フィードバックの奨励: チームメンバーに対して、プロジェクトに関するフィードバックや提案を積極的に求めることで、コミュニケーションが活性化します。「Keep me in the loop」と頻繁に言うことで、オープンな対話の文化を促進します。

「Keep me in the loop」を職場で効果的に使うことで、チーム全体のコミュニケーションが向上し、プロジェクトの成功率が高まります。明確で包括的な情報共有は、効率的な業務遂行とチームの結束力強化に不可欠です。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が、”keep me in the loop”の意味とその使い方でした。それでは、See you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム